キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

新卒とは企業研究の深さが違う!転職の企業研究のやり方とは

転職を成功させるためには企業研究をしっかりと行うのが重要。企業研究の深さは、新卒での就職活動よりもさらに深く企業について分析をする必要があります。この記事では転職における企業研究のやり方について紹介します。

転職こそ企業研究が必要!転職での企業研究目的(1)企業・仕事内容理解

転職では企業研究をしている前提で面接が行われるので、企業理解は必要不可欠。面接が企業研究をしている前提で行われる理由としては、転職活動では新卒とは異なり社会人が行うため、社会人としてのビジネススキルのひとつとして企業研究を行えているかどうかも選考基準として判断されるためです。

また、中途採用の場合、新卒と異なり入社後に研修を経て配属先が決まるのではなく、あらかじめ職種などが決まったうえで求人を募集していることが多いため、その仕事内容がどのような仕事内容なのか、その会社が募集している職種や事業所についても調べておくことが大切です。

企業研究においては、応募した企業が業界の中でどのような位置にいる企業なのか、業界そのものは伸びているのか、競合企業はどの企業なのかなどをしっかりと分析、把握をする必要があります。また、企業の分析だけでなく、仕事内容についてもしっかりと理解をしておくことも重要です。

何を行う仕事なのか、そこではどのような役割や技術・ノウハウなどが求められるのか、この仕事のやりがいや大変なところはどのようなところなのかを求人票だけでなく、業界地図や四季報、そして有価証券報告書などの資料をしっかりと読み込みましょう。

新卒での就職活動であれば求人ページを読み込むだけでも問題はありませんでしたが、転職活動になると企業・仕事内容を理解するために、さまざまな情報にあたることが求められます。

f:id:epb0804:20180403105041j:plain

出典:写真AC

転職こそ企業研究が必要!転職での企業研究目的(2)転職後のミスマッチ防止

企業分析を行うことは転職後のミスマッチの防止にも役立ちます。転職活動の際に最も気になるのが、「応募先の企業が自分の希望にマッチしているのか」という点です。特に転職の場合には、今の会社に対して「やりたい仕事と違う」や「方針や社風が自分の考え方と違った」などの何かしらの不満があり、今の会社を辞めて次の会社に転職を行いたいと考えている人が多数ですが、転職してからも同じように転職先に対して不満が出てきてしまっては転職した意味がありません。そのような転職後のミスマッチを防ぐためにも、企業研究は欠かせないのです。

具体的な企業研究の流れとしては、例えば仕事内容に不満があって転職を行う場合には、まず今の仕事内容のどのような点に不満があったのかという自分自身の考えを整理しましょう。そのうえで、応募先の企業の仕事内容がどのような仕事内容なのか、今の仕事内容と比べて何が違うのか、扱う商材(サービス)の価格帯や対象とする相手は誰なのか、などをしっかりと分析を行い、今の仕事内容との違いなどを明確にすることで転職後のミスマッチを防ぐことができます。

また、転職後のミスマッチが気になるのは、転職者だけでなく採用する企業側も同じ。というのも、せっかく内定を出した転職者が入社後にすぐに辞められてしまっては元も子もないからです。そのような点でも、転職後のミスマッチを防ぎ、退職しないようにするためにも転職では企業研究をしっかり行うのが重要です。

転職こそ企業研究が必要!転職での企業研究目的(3)志望動機に生かす

企業研究では、転職後のミスマッチを防ぐだけでなく転職の志望動機に活かすことが重要です。自分の今までの経験が応募先の企業でどのように活かせるのかなどを説得力を持って面接で伝え、面接官に納得してもらうためには、企業研究は必要不可欠です。

例えば、営業職の人が転職を行う場合を考えてみましょう。
今まで経験をしてきた仕事でのノウハウや営業力などを次の企業でも活かしたいと考えている場合は、扱う商品やサービスの共通点(有形商材・無形商材など)、営業先の業界、商品やサービスの価格帯、提案の幅などを、今までの自分の経験と志望先の企業の仕事内容や企業を分析したうえで志望動機に活かすことができれば、応募先の企業からも高く評価されます。

一方で、単に所属している企業での営業としての実績だけを話したとしても、面接官は別会社の人のため、その実績の凄さがなかなか伝わりません。志望動機でアピールをする場合には、自分の経験と応募先の企業がどのくらい親和性があり、なぜ活躍できるのかを企業分析の内容をもとに根拠を持って論理的に説明を行うことで、面接官に納得してもらえます。

また、面接官が気になるのは、転職者がどのくらい自社の仕事の内容を理解したうえで、応募してきているかどうか。そのため、企業研究をしっかりとしている転職者の人であれば、面接官も安心して面接を進めることができるようになり、転職者に対して面接時の印象もとても良くなります。

また、転職の場合は面接に出てくる面接官は入社後の上司になる人のケースも多いため、面接でいい印象を与えることによって、その会社に入社後の面接官である上司とのコミュニケーションも円滑に取れるなどのメリットもあります。

転職における企業研究の情報収集方法

それでは、次に実際に企業研究を行う際の情報収集の方法についてを解説します。
まず、最も基本的な内容は求人票をしっかりと読み込み、分からない文面やキーワードなどをその都度、検索をしていきましょう。求人票には貴重な情報が溢れていますが、意外と「条件」や「年収」などの箇所を重視して読んでおり、仕事内容などが読み込めていない人が多いので注意しましょう。また、同じ会社でもほかの求人サイトに掲載されている求人広告や公式ホームページに掲載されている募集要項なども確認するとよいでしょう。掲載されている文面などが異なっている場合がありますので、思わぬ情報が得られるかもしれません。

求人票を読み込んだ後は、IR情報や就職四季報などの情報も合わせてチェックしておきましょう。

その際には、有価証券報告書の「業績等の概要」や「経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」などを確認すると、その企業の状況などを把握することができます。
これらの情報は企業が発信する公的な情報のため、面接の場面などでも「御社の有価証券報告書を拝見させて頂き〜」と伝えることで、意欲の高さをアピールできるため、応募先の企業が上場企業の場合には是非とも確認をしておきましょう。
また、実際に働いたことのある人たちの口コミサイトなども情報収集するうえでは有益です。口コミサイトなどは企業側が発信している公的な情報ではありません。そのため、嘘や間違いなども記載されている可能性があり、情報の扱いには注意が必要ですが、多くの口コミではその会社の生の声が掲載されており、企業分析などでは大いに参考になるでしょう。

転職活動こそ企業研究をしっかりして希望企業に就職しよう!

この記事では、転職活動における企業研究がいかに重要であるかという点と、実際の企業研究の方法についてを解説しました。企業研究は応募企業が自分の希望に合致しているかを判断するだけでなく、面接などでも有利になるため、しっかりと企業研究を行い希望企業に就職・転職を実現しましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110542j:plain

著者:三宅雄太

-キャリアアドバイザー
-ファイナンシャルプランナー
-宅建士
株式会社インテリジェンスにて5年間、キャリアコンサルタント職に従事。延べ1000人以上にキャリアカウンセリングを実施、約250名の転職成功を実現。 その後、ファイナンシャルプランナー・宅建士の資格も取得することによって、人生における三大テーマである「仕事」「お金」「家」の全ての領域でのプロフェッショナルとなる。 現在は、これら3つの領域を分かりやすく伝えるため不動産や転職・求人領域のメディア編集長として活動中。