キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【5分で分かる業界研究】IT業界の4分類とは

IT業界での就職に興味を持ち始めた方へ。IT業界といっても裾野が広く、業態によっては仕事内容も募集職種も大きく異なります。このページでは、具体的にどのようなビジネス形態があるのか、IT業界を4分類に分けて解説します。

IT業界の4分類

大きく分けると、IT業界には「ハードウェア」「ソフトウェア」「ネットワーク」「インターネット・Web」という4つの業態があります。

ハードウェア

ハードウェアと言えば、以前はパソコンとその関連機器(ディスプレイ、キーボード、プリンターなど)を示すものでした。しかし近年はIoTの流れが加速し、スマホやゲーム機はもちろん、家電などにもIT技術を組み込んだ商品が増加。パソコン以外のメーカーも広義のハードウェア企業と言われるようになりました。
代表的な企業:NEC、富士通、東芝、日立、ソニー、DELなど

ソフトウェア

パソコンやスマートフォン上でさまざまな動作を実行させるプログラムをソフトウェアと言います。大別すると、OS(windowsやmac、iOSなど)と呼ばれる基盤のシステムと、そのOS上で個別の作業を実行するアプリケーションソフトがあります。
代表的な企業:オラクル、マイクロソフト、NTTデータ、日本ユニシス、野村総研など

ネットワーク

インターネット通信を実現させるには、パソコンやデバイス間を繋ぐネットワークが必要です。NTTなど通信回線業、シスコなどネットワーク機器業が代表的なネットワーク企業ですが、近年はAmazonのAWSなどのクラウドサービスも台頭しています。
代表的な企業:NTT、KDDI、シスコ、バッファロー、インターネットイニシアティブ、Amazon

インターネット・Web

インターネット上でさまざまなサービスを行う企業です。例えばインターネット広告やWeb制作、SNS、EC、ポータルサイト、Web検索システムなどがあります。多くの方にとっては一番馴染みのある業態と言えるでしょう。
代表的な企業:Google、yahoo、Facebook、楽天、DeNA、サイバーエージェント、オプト

▽情報処理・システム系の企業のクチコミが盛りだくさん!
情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180516165705j:plain出典:pixavay

「ハードウェア系企業」の仕事・やりがい

ハードウェア系企業の代表的な職種は以下になります。

組込・制御エンジニア

パソコンやスマートフォン、ゲーム機器、家電や自動車などのハードウェアにシステムを組み込む仕事です。家電であれば冷蔵庫やエアコンなどに温度管理機能を実装するといった仕事で、使用する言語はC、C#、C++、アセンブリ(アセンブラ)などが一般的。企業によっては、機電系エンジニア、プラットフォーム開発、アプリケーション開発など職種が細分化されていることもあります。

近年はIoTの流れが加速し、食品を判別できる冷蔵庫や、外出先から起動できるエアコンなど高機能化が進んでいます。より幅広い知識が必要となりますが、その分自分が開発を行った商品が市場に並んだ際のやりがいは大きいでしょう。

営業

法人営業、代理店営業、EC販売などがあります。法人営業では企業のIT戦略の全体提案を行うことも。代理店営業においては、家電量販店などへ趣き、自社商品の販売面積を増やす交渉や、販売支援、キャンペーンの推進などを行います。また、最近はネット上での販売が増えており、自社ECに加え各種ショッピングサイトへの営業なども行います。代理店営業を中心に「人に動いてもらう」ケースが比較的多く、難易度が高いものの人心をうまく掴めた時はやりがいを感じやすいでしょう。

「ソフトウェア系企業」の仕事・やりがい

ソフトウェア系企業の代表的な職種は以下の通りです。

ソフトウェア開発

企業の業務システム開発、いわゆるシステムインテグレータ(SIer)業務を行う企業が多いです。調達・生産・物流・販売管理など、企業ごとの要件を整理。その課題を解決できるシステムを提案し、受注後にはその開発をスタートします。新卒入社後序盤は開発されたシステムのテストや運用を行うことも多いですが、徐々に知見を身につけると要件定義などを行うITコンサルタントへキャリアアップすることも可能です。
また、個別企業に合わせたシステム開発以外にも、人事・経理などどの企業にも共通する管理業務をまとめた基幹システムを提供している企業もあり、SAPやオービックなどはこれらのパッケージを販売しています。グループウェアを提供しているサイボウズもこの仲間と言えるでしょう。

サポートエンジニア

技術者と営業の中間的な役割です。製品導入後の操作方法や技術的な問題に対して、アドバイスやサポートを行います。モノづくりも好きだけれど人に喜ばれるのが嬉しいといった方には向いています。

営業

ITコンサルタントなどと共に、顧客の要望を伺い、それを解決するシステムを提案します。案件金額も大きいため何度も綿密に打ち合わせを重ねて、場合によっては1年越しの受注となることもあります。顧客との深い関係性や信頼が重要になる仕事です。

「ネットワーク系企業」の仕事・やりがい

ネットワーク系企業の職種は以下が代表的です。

ネットワークエンジニア

その企業が通信回線、ネットワーク機器のいずれを主としているかによって異なりますが、ネットワークの構築や保守が仕事となります。企業によっては数万台のパソコンを保有しており、いかに効率的で速いネットワークを構築するかが問われます。顧客ごとに使用しているデバイスやOS、システムが異なる中で、どのような環境にも対応できるように、新デバイスや各種OSの知識を持つことが必要です。運用保守の案件も多く、ミスが起きないことが問われるものの、コツコツなすべきことをこなしたい人には向いている仕事です。
また、AmazonのAWS、Microsoft Azureといったクラウド環境のサービス構築を行っている企業の場合は、自社サービス開発などを担当することもあります。

営業

IT業界全体にも言えることですが、中でも既存顧客の割合が高い場合が多いです。新規営業のために毎日電話をかけ続けるというよりは、既存顧客のネットワーク運用が問題なく稼働しているかなどが問われるため、継続的な信頼関係を作りたい人には向いているでしょう。

「web/インターネット系企業」の仕事・やりがい

web/インターネット系企業の代表的な職種は以下の通りです。

Webディレクター

自社Webサイトや、顧客のWebサイトの制作管理を行います。Web制作においては、デザイナー、コーダー、更に場合によってはカメラマン、ライター、イラストレーターなど多様な専門職が関わり、これらをマネジメントして納期や品質を担保することが求められます。

顧客のWebサイトとしては、企業ページに加え、期間限定のキャンペーンなどが挙げられます。近年はオウンドメディアを有する企業も多く、定期的にコンテンツをアップし集客に繋げるための企画力が問われることも多いです。

Webデザイナー

閲覧者の年齢・性別や興味関心に合ったサイトをデザインします。近年はWeb技術の発達により多様な見せ方が可能になっている中で、トレンドを把握しながら、デザインで顧客の課題を解決できるサイトを作ります。

コーダー

デザインをもとに、コーディングを行います。技術革新も速く、html5や多様なスマートフォンに対応していく必要があるため、常に最新知識を取得することが重要。また、PHPなど開発を行う場合もあり、エンジニア方面のキャリアを伸ばす人もいます。

IT業界の就活は「階層」が鍵になる

IT業界はネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、Webの順に階層ができています。これにより顧客やサービスも違いますので、同じIT業界でも職種・仕事内容はバラバラ。広く多くの人を支えたいならネットワーク、企業の業務支援を行いたいならソフトウェア開発など、興味を持てる分野を見つけましょう。

関連リンク

情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
通信/ネットワークの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191351j:plain

著者:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。