映画館でアルバイトをするには?仕事内容やメリットも紹介

映画館でのアルバイトには、「新作映画をタダで見られる」「映写の勉強ができる」など、映画好きにはたまらない魅力が多くあります。今回は、映画館でのアルバイトの具体的な仕事内容やメリットなどについてご紹介しましょう。

映画館のアルバイトの主な仕事内容

映画館でのアルバイトの仕事は、主に5つのポジションにわけられます

1つめのポジションは「ボックス」です。主に映画の当日券や前売り券、割引券などのチケットの販売を行います。ただし、昨今は人件費削減のためにチケットの自動発行機を導入している映画館も少なくないため、勤務先によってはボックスのポジションが存在しないこともあります。

2つめのポジションは「フロア」です。館内の清掃や、チケットのもぎり、お客様の入退場の案内、クレーム対応など、館内に発生するさまざまな雑務全般を担います。館内の管理や巡回を主な職務としていることから、お客様との接点が増えやすいポジションです。

3つめのポジションは「コンセッション」。ドリンクやお菓子などの飲食物の販売を担当します。場合によってはホットスナックなどの簡単な調理も任されます。未経験者や新人はこのポジションからスタートすることが多いです。

4つめのポジションは「ストア」。パンフレットやグッズなどの販売を担うポジションです。映画の上映時間前後には特にお客様が殺到しやすいので、冷静に素早く対応できる人材が好まれます。

最後のポジションは「映写」。フィルムの上映を行う、映画館の重要な裏方です。大切な役回りのため、アルバイトは社員の補佐として仕事を覚えていくケースが一般的といえます。なお、「映写」以外のポジションはお客様と接する機会が多いため、清潔感のある髪型や装いが求められます。奇抜な髪色や派手なネイル、きつい香水などは避けるようにしましょう。

▽映画館のアルバイトを探すならこちらから!
映画館関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180514140635j:plain出典:fotolia

映画館のアルバイトの時給相場や勤務パターンは?

映画館でのアルバイトの時給は、他の飲食系やアパレル系のアルバイトと同じく、1000円前後が相場です。時給はあまり高額とはいえませんが、レイトショーのシフトには深夜手当がつくケースが多いことから、希望のシフトによっては稼ぎやすいアルバイトでもあります。勤務時間の平均は5時間~8時間ほど。映画は上映時間が長いので、スタッフの拘束時間もやや長くなりがちである点が特徴といえます。長時間の拘束がどうしても嫌だという人は、拘束時間が特に長くなりやすい「映写」のポジションは避けて、ボックスやストア、コンセッションなどの販売職を希望するとよいでしょう。

ちなみに勤務時間帯は早朝から深夜までと幅広く、中にはオールナイトで上映を行う映画館もあります。「深夜のシフトでも平気」という人は問題ありませんが、終電を逃した後の帰宅方法がない場合や、深夜の勤務を避けたい場合は注意が必要です。どうしても深夜の勤務が嫌という人は、レイトショーやオールナイトショーがない映画館の求人を探すようにしましょう。

映画館のアルバイトに向いている人の特徴とは?

映画館のアルバイトに向いているのは、映画好きな人や、同じ趣味を持つ友人との出会いを求めている人、対面でのコミュニケーションが得意な人などです。まず「映画が好きな人」が向いている理由は、仕事内容そのものがアルバイトのモチベーションにつながりやすいからといえます。映画が好きな人であれば、映画に関わる仕事ができるというだけでテンションがあがる人も多いはず。いつもは観客側でしかなかった映画館が職場になるという、新鮮な体験ができるのが大きな魅力です。

また、映画好きが集まりやすい職場なので、映画ファンと出会いたい人にもメリットの多いアルバイト先といえます。次の見出しで詳しく述べますが、映画館のアルバイトは無料で映画を見る機会にも恵まれやすくなります。すぐに新作映画について語り合える友人が見つかれば、アルバイトもより楽しくなりそうですね。

「対面でのコミュニケーションが得意な人」が向いているのは、映画館でのアルバイトの主な仕事が接客であるためです。土日祝日や大型連休、新作映画の上映日初日などは映画館が混雑しやすく、スタッフ同士の連携が不可欠となります。周囲と丁寧にコミュニケーションをとるスキルがあれば、仕事を円滑にこなすことができるでしょう。

映画館のアルバイトをするメリット

映画館でアルバイトをするメリットは3つあります。1つめは、映画をタダで見られることです。映画館のアルバイトスタッフになると、「観賞券の無料配布」「平日かつ客席が空いている時なら鑑賞可」などの館のルールのもと、新作映画をタダで見られることがあります。映画が好きな人にとっては嬉しいメリットといえるでしょう。2つめのメリットは、最新映画の情報が早く手に入りやすいこと。勤務先の映画館によっては、試写会などのイベントによって一般公開より早く新作映画が見られることもあります。映画の無料鑑賞と並ぶ、映画好きにはたまらない魅力です。

3つめのメリットは、上映初日などに行われる舞台挨拶やトークショーを見るチャンスに恵まれやすいことです。話題作の舞台挨拶はチケットの争奪戦になることが多く、場合によっては熱心なファンでさえ取り逃してしまうことも珍しくないほど。そんな数々の舞台挨拶を、仕事とはいえ間近で見られるのは映画館のアルバイトスタッフの特権といえます。最後のメリットは、グッズの売れ残りをもらえるチャンスがあること。運がよければ、もう販売されていないレアな限定アイテムがもらえることも…。映画のパンフレットやグッズを収集するのが好きな人にとってはメリットの多い職場といえそうです。

映画館のアルバイトをするデメリット

映画館でアルバイトをするにあたって、事前に知っておきたいデメリットは3つあります。1つめは、繁忙期には特に仕事が慌ただしくなること。たとえば映画の公開初日や土日祝日、ゴールデンウィークなどの大型連休には、多くの人が映画館を訪れます。運営する側としては嬉しい悲鳴ではありますが、繁忙期が続くとあまりの激務に疲れ果ててしまうことも…。普段から周囲のスタッフと連携をとるなどして、業務がスムーズに回るように準備しておきましょう。

2つめのデメリットは、お客様が起こしたトラブルのフォローをしなければならない点です。映画館では上映中の騒音や携帯操作といったマナー違反により、お客様同士の諍いが起こることがあります。放置しておくとクレームや暴力沙汰に発展しかねないので、早急な対処が必要といえるでしょう。3つめのデメリットは、意外と体力仕事であるという点です。映画館でのアルバイトは基本的に立ち仕事となるほか、ポジションによってはフロアの掃除やグッズの品だしなどもしなければなりません。体力に自信がない人は注意が必要です。

映画好きなら映画館のアルバイトに応募してみよう!

映画館のアルバイトには、映画好きな友人ができやすかったり、映画の限定グッズや無料鑑賞券が手に入りやすかったりなど、時給以上のメリットが得やすい仕事です。「映画が好き!」という人は、映画館のアルバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

映画館関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。