キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

転職を考えている場合親に報告するタイミングは?相談はすべき?

転職することを親に知らせるかどうかということは、小さい悩みのようでいて大きい問題に発展する場合もあります。ここでは、親に報告するタイミングや相談する場合のメリット・デメリットについてご紹介していきましょう。

転職することを親にいつ報告したらよい?

転職を親に報告するタイミングについて考える際には、自分の親がどれだけ口出しをしてくるのか、そして親との距離感など、親の性格や行動パターン、親との距離感によって異なります。基本的には事前に知らせておいた方が良いですが、親の対応次第では後から報告する方が良いこともありケースバイケースと言えるでしょう。

すでに実家を出ている場合は、転職活動をしても親の目につかず知らない間に転職していたとなれば親も何も言わない可能性もあります。しかし、同居していて身の回りのことを親の世話になっている、生活費を出してもらっているなどの場合は、事前に報告するべきかもしれません。同居していれば生活習慣が変わることで心配をかけるでしょうし、転職に失敗したときに親に経済的な負担をかける可能性もあるからです。

内定後に報告する場合は、親の干渉をカットできまるメリットがあります。親が過干渉タイプの場合は、内定後に報告した方が良いでしょう。特に同居している場合、「親を心配させてくれるな」「転職はどうなっているんだ」「やっぱり転職なんかしない方が良いのではないか」などと毎日顔を合わせるたびに言われることは、かなりのストレスに。ただでさえストレスが大きい転職活動にさらにストレスを増やすのは得策ではありません。

転職が決まった後に報告することで、信頼関係が崩れて親が怒り出すことも考えられますが、「もう転職先も決まったことだし安心だ」ということを伝えれば、親の怒りも収まるかもしれません。特に気難しい親の場合は、対応に細心の注意が必要です。内定をもらった後でも、まだ転職が決まっていないことにして事前に報告するように取り繕うというやり方で乗り切ることもできるでしょう。

f:id:hito-contents:20180511164641j:plain出典:fotolia

親に転職について事前に知らせるメリットは?

親に転職することを事前に知らせるメリットはあるのでしょうか?それは、自分にとって親がどのような存在かによって変わってきます。普段から子供のすることを前向きに応援してくれる親ならば、精神的な支えになってくれることでしょう。特に、同居している場合は、お弁当を作ってくれたり「頑張れよ」と声をかけてもらえたりして励みになることもあります。また、社会人の先輩として転職活動について具体的なアドバイスをしてくれるかもしれません。話をしてみると親にも転職経験があって、転職で苦労したことやこうしておけばよかったことを聞ける可能性もあります。さらに運が良ければ、親のコネや人脈で転職先を紹介してもらえるかもしれません。

逆に、転職経験がない親や極度に心配性で過干渉気味の親である場合、事前に転職のことを知らせてもデメリットにしかならない可能性が高くなります。年功序列社会で生きてきて、転職する人は脱落者という固定観念を持っている親の場合、「転職なんてするもんじゃない、今の会社の何が不満なんだ?もう少し我慢してみろ」など転職意欲を失うようなことを言う可能性も。誰しも自分に経験がないことには不安を感じるものです。そのため、この場合は、事前に知らせるのはあまりおすすめできません。

しかし、上記のような過干渉タイプでない親に転職を反対された場合は、しっかりと話し合ってみる必要があります。もしかしたら、自分の転職計画が危ういものであることを察知して、指摘してくれているかもしれないからです。親の性格や行動パターンから事前に話すかを考えてみてくださいね。

親に報告する前に注意!転職に成功できる見込みはある?

親に転職することを報告する際には、転職の見込みが立ってから報告する方が良い場合もあります。その理由には、親に余計な心配をかける必要がないということだけでなく、自分にプレッシャーをかけずに済むとからです。
転職のめどが全く立っていない状態で親に話したところで、親は心配するだけです。親としては当然、子供が職を失うのではないかと心配しますし、早く転職先を決めてほしいと切に願うでしょう。そのため、転職のめどが立っていることを話すことができれば、親の心配を取り除くことができます。

何より問題なのが、転職の見込みがない状態で親に話すことで、親からの心配や期待がそのまま自分へのプレッシャーとなって重くのしかかってしまうことです。特に、前職を辞めてから転職する場合、親以上に自分自身が大きな不安を抱えているはず。そのうえ、親の不安もしょい込むことでプレッシャーが増大してしまうためあまり良いとは言えないのです。

親だけでなく自分への不安・プレッシャーを軽くするためにも、「転職計画が進み転職の見込みが立っている」「具体的な転職プランが出来上がっている」などという段階で親に話すと良いでしょう。

親に転職を反対されたときの対処法

どんなに親の性格や状況を考慮して転職のことを伝えたとしても、親に反対されることもあるでしょう。その場合の対処法について考えてみたいと思います。

まず、親が反対する場合は、その真意についてしっかりと聞いてみるべきです。単に転職と聞いただけで拒否反応を示しているのか、子供の状況について知らないから不安になっているだけなのか、転職を反対するだけの深い理由があるのかを知らないことには話になりません。たいていは、子供の状況を知らないために極度に不安を感じているだけのことが多いので、しっかりと将来的なキャリアプランや転職する理由、転職先にめどが立っているかどうか転職状況について伝えましょう。「今は人手不足が続いているため転職はそう難しいことではない」、「今の会社にいると将来性が望めず、転職しない方がむしろデメリットが大きい」、「転職して年収アップしていくケースもある」などという具体的な情報を親に説明してあげましょう。そうすることで、親も納得してくれるはずです。

ただ、あなたが考え無しに転職を考えている場合や、今の仕事を手放してまで転職するべきではないという場合、親の意見を聞く必要があります。そのうえで親を納得させるだけの説明材料がなければ、転職活動自体うまくいかないかもしれないからです。親に転職を反対されたときのために、将来的なキャリアプランや現職に居続けることの問題点、転職のメリットなどの説明材料を準備し、親を納得させられるようにしておきましょう。

転職を親に報告するには事前準備を整えよう

転職活動開始から入社までをスムーズに進めるためには、親に転職について相談するかどうかも含め、親からの反対に遭わないような事前準備をしておく必要があります。転職活動そのものに影響を及ぼさないように親に対する準備も万全にしておいてください。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。