転職活動の平均期間は?スケジュールは立てるべき?転職の疑問を解決

初めての転職活動をスタートさせようという方へ。転職活動の具体的な流れは?転職活動にはどのくらいの期間はかかるの?スケジュールはどう立てればよい?―この記事では、こうした活動開始前の素朴な疑問についてお答えしていきます。

転職活動にかかる期間はどれくらい?

転職に成功された方に活動期間を聞いてみると、1ヵ月という方もいれば6ヵ月という方もおり、だいぶ個人差があるようです。在職中か離職中かによっても活動にかける時間は異なりますし、時期・市場環境により企業の採用ニーズも変化するため、一般的な目安としてここではお答えしておきます。

【転職活動は3ヵ月までに終える】

まずは自分で期間を決めて、転職を成功させるという目標を持ってください。特に離職してから活動を開始するという方は、活動期間を長引かせないようにしましょう。一般的に応募書類を送付してから内定が出るまでの期間は3ヵ月とされており、6ヵ月・1年と離職期間が長引けば、企業側から「不採用続き=市場価値の低い人材」という先入観を持たれやすくなります。

在職中に転職活動を行う場合も、やはり3ヵ月を目標にするのがベターです。転職活動には相当のパワーが必要であり、長引けば長引くほど疲弊していきますし、スピード感のある決断・行動が結果的にあなたの価値を高めることになるためです。

f:id:hito-contents:20180511090918j:plain出典:pixavay

転職活動の全体的な流れを紹介

次に転職活動を進める際の大まかな流れについて説明します。

転職活動フロー

(1)情報収集
転職市場の動向・興味のある企業などについて情報収集を行い、タイミングのぜひや志望先企業を絞り込むための材料を揃えていきます。企業情報を収集する際には、同業他社との細かい比較ができるようできるだけ多くの企業の情報を集めることと、当該企業の社員の話を聞くなど「生きた情報」の収集を心がけてください。

(2)応募先企業の絞り込み
雇用条件、仕事内容、経営方針、企業風土など就職先として自分に適しているかどうかを検討し、応募先企業を決定していきます。検討の際のポイントとして、「企業の求める人物像に自分が合致しているか」「自分が目指すキャリアを実現できる環境であるか」があげられます。なんとなくのイメージではなく、企業と自分との合致点を探し出すという観点から絞り込んでいきましょう。

(3)応募
自由応募の場合、まず履歴書・職務経歴書などの応募書類を送付することとなります。企業は書類選考を行い、面接者を決定します。応募書類は応募者のビジネスマンとしてのカタログであり、企業が求める人物像に合致するか?採用要件を満たしているか?他者にはない強みを有しているか?などをアピールできる内容でなければなりません。

(4)面接
面接は一回から複数回行われ、応募書類をベースに個別の人物評価を質疑応答により行います。企業によっては適性検査を行うこともあります。

(5)内定~入社準備
面接結果により採用者を決定し、内定を通知します。内定者がすでに離職している場合は内定承諾後に入社日を決定。在籍中の場合は所属先企業に対し退職の手続きを行って退職日を決め、転職先への入社準備を進めることができます。

転職活動のスケジュールを立てる意義と注意点

転職を円満かつ円滑に進めていくには、しっかりとスケジュールを立てる必要があります。
一般的に転職活動の平均期間は約3ヵ月と言われており、情報収集開始から内定までに相当の労力を要します。所属先企業に対しても退職の届け出、業務の引き継ぎなどやるべきことがたくさんあり、無計画に転職活動を進めると各方面に多大な迷惑をかけることになってしまいます。

転職活動を成功させるためには、「いつまでに決める」という明確な目標を定めることが重要です。「いつか決まるだろう」という曖昧な姿勢では、限られた時間を無駄にすることになりかねません。スケジュールの立て方としては、まず転職予定日=ゴールを決めましょう。ゴールから逆算しててスタートを決め、やるべきことを進めていきます。

なぜゴールから逆算するのか?

それは勢いに任せて冷静な判断を失ってしまうことや、なんとなく転職してしまうことを防ぐためです。これら転職活動で起こりうるさまざなリスクを回避するためには、逆算スケジュールでの活動がとても有効です。

現在就業中の方の場合、自分の都合だけでなく所属先の事情なども考慮して転職予定日を決めなければなりません。退職後の後任人事を決定し、業務引き継ぎの日程調整など、周囲にさまざまな影響を与えることになるため、関係各所の都合への配慮をお忘れなく。

自分に合った転職活動スケジュールの立て方

それでは具体的な転職スケジュールの立て方について紹介します。ここでは就業中の場合と、離職中の場合とに分けて考えてみます。

転職スケジュールの立て方【就業中の場合】

(1)入社日を決める
たとえば「12月の賞与をもらってから転職したい」など、自分の希望により入社日を決めます。
(2)退職予定日を決める
仮に「12月末退職、1月1日入社」とするなら、退職の申し出は1ヵ月前の11月末までとなります。退職日について、「現在進行中の業務に支障はないか?」「決算月などで忙しい時期でないか?」「人事異動のタイミングとの兼ね合いはどうか?」などを考慮し、所属先に迷惑がかからないよう配慮しましょう。
(3)内定獲得の目安
退職の申し出をする時点では内定を承諾している必要があり、11月中旬までには転職先から内定が出ていなければなりません。
(4)活動開始日の決定
確実に内定を獲得するためには、少なくとも5社前後の選考は受けておきたいところ。週1社以上の面接を受けるとして、遅くとも10月上旬から活動を始める必要があります。

例:10月上旬活動開始→11月上旬選考終了→11月中旬内定→11月下旬退職の届け出→12月末退職→1月1日入社

このようにゴールから逆算し、諸事情を考慮しながらスケジュールを策定していきます。

転職スケジュールの立て方【離職者の場合】

入社日から逆算でスケジュールを立てるのは就業中の場合と同様ですが、離職中の場合は全体の日数は短くなります。離職期間はできるだけ短くしたいということと、すべての時間を集中して活動できるメリットを生かすべきという理由です。

離職期間が長引くと、転職自体が不利になる恐れがあり、短期決戦を目指さなければなりません。すべての時間を転職活動に費やすことができるのであれば、逆に1日単位での具体的行動までをスケジュール化した方がよいかもしれません。

一人で悩んでいるなら転職エージェントの活用もおすすめ!

初めて転職活動を行う方の場合、活動を始めること自体に大きな不安を抱いているかもしれません。

「転職はしたいけれど、上手くいくかどうか不安で行動に移せないでいる…」
そんな方の強い味方となってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職希望者と企業との懸け橋であり、転職成功までのサポートをしてくれる代理人であり転職のプロです。

転職エージェントを活用するメリット

  • 転職希望者の市場価値を客観的に分析してくれる。
  • 転職希望者が強みを生かせる 企業を紹介・斡旋してくれる。
  • 転職者では気付けない視点を提供してくれる

転職スケジュールの立て方以外にも、転職活動を始めるのに不安・疑問があるのなら、転職のプロである転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

転職スケジュールの策定は効率的な転職活動への近道

ビジネスシーンを思い浮かべてもらえばお分かりだと思いますが、仕事の目標達成のためには具体的なプランが重要です。転職活動も同様で、具体的なプラン・スケジュールなしに転職成功はありません。「あなたの未来は、あなた自身が描くプラン次第で決まる」そう言っても過言ではないかもしれません。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住