キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

転職活動の服装でお悩みの人必見!スーツ・私服選びのポイントを解説

転職活動をするうえで、面接に着て行く服装選びはとても大事なポイント。面接を受ける際には、服装でどのような点に気を付けるべきなのでしょうか。ここでは、転職活動の服装選びのポイントについて、分かりやすくご紹介します。

転職活動の面接にふさわしいスーツの特徴は?

転職活動の面接と言えばスーツですが、どんなスーツでも良いというわけではありません。
転職面接に着て行くスーツは、その業界に合った色合いやデザインのもので清潔感があり、しっかり手入れをしておくことが最も重要です。アイロンがかかっていないYシャツやブラウス、しわしわで折り目がなくなっているズボンなどを着て行ってはいけません。服装が不潔な印象だと、人柄までだらしなく仕事ができない人だと思われてしまいます。クリーニングに出して、パリッとした清潔な服装を心がけましょう。また、スーツだけではなくカバンや靴、ベルト、時計などにも気を使ってください。普段腕時計をしない人も面接には付けていき、ビジネスシーンに合った小物を用意しましょう。

また、業界ごとに合った服装にする必要もあります。受ける業界が公務員や金融、ホテル業界などの堅い業界なのか、IT業界やメーカーなどの一般的な業界なのか、アパレル業界などの服装にもセンスが問われる業界なのかで、着て行くスーツは全く異なるのです。それでは、堅めの業界、堅くもなくゆるくもない一般的な業界、服装のセンスが問われる業界のスーツの3種類の着こなしをご紹介します。

堅めの業界

男性:控えめの柄、または無地の明るすぎない黒や紺、ネイビー、濃いグレーなどのスーツと白いYシャツ、シンプルなネクタイ
女性:黒や紺のタイトスカートのスーツ、白いブラウス、ストッキングは肌色、靴は黒の3~5センチの高すぎないヒール

一般的な業界

男性:堅めの業界よりも柄や形は若干自由で、薄いストライプが入ったスーツや青いYシャツなど。ネクタイは比較的自由ですが派手すぎないもの
女性:黒、濃紺、濃いグレーのタイトスカートスーツが基本ですが、台形スカートやパンツスーツもOK。ブラウスは白または淡い色付きで、フリルがあるものも可

センスが問われる業界

男性:細身のスーツや派手すぎない程度のブランドスーツもOK、スーツではなくオフィスカジュアル可の会社もあります。
女性:スーツが無難ですが、ノーカラーのジャケットとフレアスカートなどのコーディネートもOK、靴は黒であればOKですがヒールが高すぎるものはNG

f:id:hito-contents:20180510125628j:plain出典:pixta

転職活動の面接でNGとされるスーツとは?

転職活動の面接に着て行ってはいけないスーツというものもあります。基本的に、リクルートスーツとロゴや特徴的なデザインからブランドが一目で分かるスーツは転職面接ではNG。ここでは、転職面接でNGとされるスーツについてご説明します。

新卒者が着るリクルートスーツ

転職の面接に黒無地のリクルートスーツを着て行ってはいけません。中途採用として社会人経験や仕事経験をアピールして転職しようとしているのに、リクルートスーツを着て行ってしまうと、いまだに学生気分が抜けずビジネスシーンに合った服装ができない人という印象を与えてしまうからです。社会人として通用するスーツを着て行きましょう。

ロゴや特徴的なデザインからブランドが一目で分かるスーツ

パッと見てすぐに「あのブランドか」と分かるようなロゴや、特徴的な柄やデザインが目立つスーツは避けてください。スーツのブランドだけが悪目立ちしてしまう可能性があります。転職面接のスーツは、シンプルなデザインのものを心がけましょう。

転職活動の面接で私服を指定された場合はどうする?

面接の際に最も困るのが「服装は自由」と指定された場合です。面接で私服を指定された場合、どうすれば良いのでしょうか?企業は面接を私服指定にすることで、(1)応募者に自社が自由な社風であることをアピール(2)自由な社風になじめるかを見る(3)TPOをわきまえた服装ができることを見る―というポイントがあります。そのため、基本的にはスーツを着て行くのではなく指定された通り私服で行くのが無難です。では、どのような私服を着て行けば良いのでしょうか。

基本的には、ジャケット着用が基本です。男性の場合ジャケットと色が異なるズボン、Yシャツ、女性の場合ジャケットと色が異なるタイトスカート、淡い色のブラウスにヒールが高すぎない靴などが良いでしょう。女性は大きすぎるアクセサリーを付けたり、夏にキャミソールや短いスカートで過度に肌を露出したりすることは避けます。
面接に行った際やホームページの社員の写真などから、その企業で働く人がどのような服装なのかを下調べしておくのも良いでしょう。IT業界でスーツ不要なら働きやすいシンプルな服装が良いですし、アパレル業界などのセンスが問われる業界ならそのアパレルブランドの服装を着こなしていく必要があるでしょう。社風を考慮し、その会社で働くにふさわしい私服で面接に行く必要があります。

転職活動の面接におすすめ!男女別に私服コーディネートを紹介

転職活動の面接に私服で行く場合、どのようなコーディネートをしていけば良いのでしょうか?特に、働きながら面接を受ける場合、あからさまに面接を受けることが分かる服装をしてしまうと職場の人に転職活動がばれてしまいますから、注意が必要です。

男性の場合

ジャケットと色が違うズボン、革靴、シンプルなカバン、腕時計が基本的なコーディネートです。ノーネクタイもOKですが、くるぶしが出る靴下やシャツを出すスタイルは避けましょう。デニムはNGで、チノパン、スラックスはOKです。カバンはA4サイズの書類が入る四角いビジネスバッグにします。リュックサックやショルダーバッグ、セカンドバッグ、派手なロゴや柄入りのものはNGです。スニーカーやサンダルはNG、必ず革靴にしましょう。
春・夏:チノパン、ポロシャツもOKです。Tシャツや柄物のシャツはNGです。
秋・冬:ジャケットにシャツやニットのインナー、スラックス、チノパン、トレンチコートなどでも良いでしょう。ダウンジャケットやミリタリー柄、レザーなどのカジュアルすぎる柄のコートは避けてください。

女性の場合

ジャケットやカーディガンにタイトスカートや台形スカート、フレアスカート、パンツ、淡い色のブラウスやカットソー、黒いパンプス、腕時計が基本です。靴は黒でバッグはA4サイズの書類が入るビジネスバッグです。ストッキングはベージュ、靴は7センチまでのヒールにし、黒タイツやストッキング、素足はNGです。
春・夏:ジャケットやカーディガンは暑くてもできるだけ着用します。ノースリーブ、ショートパンツ、ミニスカート、サンダル、ミュール、スニーカーはNGです。過度な露出や下着が透けることに注意しましょう。
秋・冬:ジャケットやカーディガンにブラウスやニットが基本。ダウンジャケットやファー付きコート、ロングカーディガン、ブーツはNGです。

服装の印象はバッグや靴を変えることでだいぶ変わります。周りに転職活動をしていることを知られたくないなら、ロッカーに靴やバッグをしまっておき、面接の時に変えていく、女性ならアクセサリーを取るというやり方がおすすめです。また、職場では普段通りのカーディガンやストールを使い、面接の際にジャケットに変えるという方法もあります。

自信を持って転職活動にのぞめる服装を選ぼう!

スーツにせよ、ビジネスカジュアルにせよ、面接の際にはビジネスマナーを守った服装に気を付けるべきです。人は、最初の見た目で印象がほぼ決まってしまうので、面接官に良い印象を与えられるように服装には十分注意して面接にのぞみましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。