キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

憧れのオフィスワーク!事務のアルバイトをするには?必要情報を解説

オフィスワークの中でも、特に学生に人気を集めているのが事務のアルバイトです。今回は、事務の仕事内容や必要スキルなどをご紹介していきます。事務のアルバイトに興味を持っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

事務のアルバイトは何をする?主な仕事内容まとめ

事務のアルバイトには、「一般事務」と「営業事務」に「会計事務」そして「貿易事務」などの種類があります。ここでは、特に求人が多い上記4つの事務の仕事内容をご紹介します。

一般事務の仕事内容は、書類作成・データ入力・電話応対・来客対応などがメイン。企業によっては、ファイリングや社内文書の作成などが加わるため、WordやExcelなどの知識を活かすこともできます。

営業事務は、営業で活躍する社員の補佐を行う事務のことです。一般事務の業務に加えて、資料の作成やアポイントの取得、そしてスケジュール調整などの業務を行います。PowerPointなどのプレゼン資料作成スキルや、データの収集・解析などのスキルを活かして働くことができます。

会計事務は、会計・経理に携わる事務のことです。お金に関わる仕事であり、簿記の資格を活かすことができます。一般事務の業務に加えて、伝票の整理や会計ソフトの入力、決算書の作成などの業務を行います。

貿易事務は、輸出・輸入に関する業務に携わる事務のことで、英語などの他言語を活かして働くことが可能です。一般事務の業務に加えて、通訳や翻訳・書類作成・各種手配・商品納入管理などの業務を行います。

f:id:hito-contents:20180509161515j:plain出典:pixta

事務のアルバイトに受かるために必要なスキルは?

先ほど事務の仕事には種類があることをご紹介しましたが、どの事務にも共通していえることは、「基本的なビジネスマナー」と「パソコンスキル」、そして「コミュニケーション能力」が必要とされる点です。これらのスキルは、採用で重視されることも多くありますので、面接の際にどんどんアピールしていきましょう。

基本的なビジネスマナー

挨拶や敬語などの基本的なビジネスマナーは、アルバイトであっても身につけておきたい必須スキルといえます。

パソコンスキル

WordやExcelの基本操作は、事務のアルバイトを始める前に身につけておきたいスキルのひとつです。また、メールを送受信することができるのも大切なポイント。特にお客様や取引先の方に連絡をする際には、ビジネスメールを意識して適切な言葉遣いと対応が求められます。

コミュニケーション能力

事務のアルバイトでは、お客様や取引先の方をご案内することや、お茶出しをすることも珍しくありません。また、事務作業であっても、他部署の方と触れ合う機会はありますし、職場内でコミュニケーションをとることも多くあります。円滑に仕事を進められるコミュニケーション能力や協調性、そして調整能力などが求められます。

事務のアルバイトで稼げる給料はどのくらい?

事務アルバイトの平均時給は、仕事内容によって異なります。首都圏では、一般事務と営業事務は1,000円前後、会計事務は1,200円前後、貿易事務は1,400円以上の求人も見つかります。地方の場合、一般事務は場所にもよりますが800円~900円前後、会計事務は1,000円前後、貿易事務は1,200円以上の求人を探すことも可能です。

勤務時間は、短時間勤務が可能なアルバイト先も豊富にあります。学生の場合、フルタイム勤務は難しいかもしれませんが、短時間勤務が可能な職場であれば、アルバイトと学業を両立させることができます。
特に狙い目なのが、学校に行く前に仕事が終わる「市場」関係の事務。魚市場や青果市場など、市場関係は早朝から開いているので、事務の募集も早朝の時間帯が多いのです。早朝勤務かつ短時間勤務なので、時給が高い求人を見つけることができます。

また、授業後の夕方の募集が多い学習塾や予備校の事務も、学業と両立したい方におすすめです。

事務のアルバイトをするメリット

事務のアルバイトを選ぶメリットを3つご紹介します。

ビジネスマナーが身につく

挨拶や敬語の使い方、社会常識といったビジネスマナーは、家庭や学校生活だけではなく、アルバイトをして社会勉強をしながら身に着けていくものです。就職前にビジネスマナーを身に着けておくことで、就職活動を有利に進めることができます。

パソコンスキルが向上する

プライベートではなかなか身につかないパソコンスキルを、仕事をしながら身につけることができます。WordやExcel、メールの送受信といった基本操作はもちろんですが、Excelの関数といった応用を身につける先輩も。また、営業事務や会計事務に携わることで、PowerPointなどの資料作成ソフトや、会計ソフトの操作を覚えることも可能です。
ビジネスシーンでは、スマートフォンやタブレット端末ではなくパソコンが活躍しています。就職後の新人研修で、パソコンスキルの研修を行う企業も多くあるほど、パソコンスキルは社会人の必須スキルと認識されています。事務のアルバイトをすることで、パソコンが自宅にない人でも、パソコンスキルを身につけることができるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

環境が良い

冷暖房を完備していて、暑さや寒さに左右されない恵まれた環境は、オフィスワークならではのメリットです。

事務のアルバイトをするデメリット

事務のアルバイトをするデメリットをご紹介します。

勤務時間・勤務日が固定されていて休みがとりづらい

事務のアルバイトは勤務時間・勤務日が固定されていることが多くあります。そのため、スケジュールを組みやすいというメリットはありますが、自由シフト制のアルバイトよりは休み辛いといえます。テスト期間など、あらかじめ予定が分かっているものは、早めに職場に共有しておくのがおすすめです。

評価が難しい

事務は営業と異なり、成績が数値化されることがありません。そのため、成果が報酬に反映されにくいといえます。
とはいえ、頑張りを認めてくれる職場は多くあります。例え売り上げに直結しなくても、業務フローの改善で業務効率化を図ったり、お客様がいらっしゃったときに温かい言葉を掛けるのも大切な仕事。
バックオフィスは縁の下の力持ちであり、お目にかかるお客様や取引先にとっては大切な会社の顔です。自分ができることを頑張れば、きっと見ていてくれる人がいるはずなので頑張りましょう。

自分のスキルが活かせる事務のアルバイトに応募してみよう!

事務では、パスコンスキルやコミュニケーション能力、他言語など、たくさんのスキルを身につけたり活かしたりして働くことができます。
皆さんもぜひ、自分のスキルが活かせる事務のアルバイトを探してみてくださいね。

f:id:epb0804:20180219120534j:plain

著者:あおみ ゆうの

1980年生まれ。東京都在住。 漫画家のアシスタントやメイド喫茶のメイドさんなど、多彩なアルバイトを経てライター・編集者として活動中。 3児の母として、毎日楽しくそして忙しい日々を過ごしています。