キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就活中はただでさえストレス多いのに…!むかつくエピソードまとめ

就活中は、友達や親などからの言葉などでイライラすることもあるかもしれません。「自分だけではない」と思えたら、少し気持ちが楽になると思うので、今回はみん就の掲示板から「むかつくエピソード」を集めてみました。

上から目線の発言にイラっとする?就活中のむかつく友達エピソード

まずは「むかつく友達エピソード」です。就活の話は友達同士ですることが多いからこそ、イラっとすることも多いかもしれませんね。上から目線の発言やSNSでの自慢に関する投稿が多くありました。

志望業界も業種も違うのに、選考状況を細かく聞いてきて、ESも盗み見、たまたま受ける企業が被ってたら、なんで受けてんの?って上から目線。

 大学3年生や4年生になると皆が一斉に就活を始めるので、友達と進み具合などを比較してしまいがちですよね。多くの人が比較をするからこそ、上から目線の発言や、それに対するストレスが生まれるのかもしれません。上から目線の発言をされたら、自分は自分と言い聞かせて、自分のやりたい仕事、理想の生活などをイメージしてみるのもいいのではないでしょうか。

友達があの会社どうだったの?とか内定出た?とか聞いてきてうざいです。落ちたとか言いたくないです…。ほんとにデリカシーがない

 過干渉に関しては親との間で問題になりがちですが、友達からの干渉が「うざい」との声もありました。これも比較をしてしまうからこそ生まれるトラブルといえそうですね。

「第一志望最終までいった~!」とかいちいちSNSにあげて自分の就活実況する友達見ると誰得だよって思う普通に迷惑

SNSを使っている就活生も多いので、このように不快な思いをすることもあるかもしれません。ミュート機能などを使って、入ってくる情報をコントロールすることも大切なポイントです。

そしてなかにはこのような投稿も。

就活中ってその人の本性出るんだなって改めて思いました。

価値観や選考の進み具合は人それぞれなので、発言には注意したいですね。

▽むかつく友達のエピソードをもっと見たい人はこちら
就活してから友達がムカツクのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180509114924j:plain出典:pixabay

就活しなくてあきれる?むかつく彼氏・彼女エピソード

友達ほど多くはないですが、彼氏彼女への不満もいくつか投稿されています。お互い就活中というケースが多く見受けらましたが、内容は多岐に渡っていました。

私も同い年の彼氏がいるのですが就活全然してないんですよね…
なんかあきれたってか何も先のこと考えてないのかなって思って
ちょっと冷めております。

 就活に対して温度差があると、価値観が合わないのかなと不安になるのかもしれません。

彼女は教職志望就活はしていないので、ライバル関係にはならないってのは良い点なのですが…就活の大変さとかは、やってみないと分からない部分が多いので理解してくれない点は不満。

 進路が違って、お互い理解が至らないこともあるのですね。

先に内定が出た彼氏。
私は未だ就活中。
内定が出たら自由になって、大学生活最後だし、いっぱい遊んだらいい。
仲間、後輩を大切にするのもいい。
ただ、その大切な人の中に私もいれてほしかった。
そんだけ遊ぶ暇があるなら少しくらい私と一緒にいてくれてよくないですか?
我慢してたけどつらすぎて別れました。

就活中に限らずですが、大切にされていないと感じると関係は続けづらくなりますよね。

▽彼氏彼女のむかつくエピソードをもっと見たいひとはこちら
就活してから【彼氏・彼女】がむかつくのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

過干渉にもほどがある?就活中のむかつく親エピソード

親に対しての不満もいくつか投稿されています。心配していろいろと口を出す(過干渉)、就職先を否定してくるといった内容が目立ちます。

親の言うことも一理あるんだけど、もう大人なんだから自分の事は自分で考えられるしあんまり干渉しないで欲しい。
一度あまりにも干渉がヒドイから本気で怒ったけど変わらない。大好きな親が嫌いになりそう。
最近は特に何とも思わなかった企業も親が勧めてくると嫌に思うようになってしまった。
納得するまで就活続けろとか言うけどお前が納得してないだけじゃん。私は納得してるんだよ。

自分で決めることの大切さを、親に対してしっかり説明する必要があるかもしれません。説明してもなかなかわかってもらえないかもしれませんが、そこは根気よく向き合いましょう。自分で決めるからこそ、責任を持って自分の人生を歩めるのではないでしょうか。

もちろん親が社会人としての大先輩っていうのはわかるけど、実際に働くのは自分なわけだし、説明会に行って面接を受けてそれでここがいいって思ったその自分の足跡とか考えみたいなものがあるのに、端からみている親にそれを全否定されるの、すっごく悔しい。

 内定先を否定するという行動も、親が自分の思い通りに子どもをコントロールしたい表れであり、過干渉の一部といえます。親は親、自分は自分。仕事での失敗や成功は自分自身にふりかかってくるので、やはり自分で就職先を決める必要があります。親子の間で価値観に違いがあるのは自然なことなので、その違いをお互いにしっかりとぶつけ合ったうえで、尊重し合えるようになるといいですね。

▽親がムカツク!共感できるエピソードはこちら
親がむかつくのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

さすがにその態度は……就活中のむかつく面接官エピソード

投稿のなかには、就活中の面接官に対する怒りの声もありました。面接中の態度に関する内容がほとんどです。

面接で一生懸命受け答えしていたのに3人の面接官のうちの一人の方が足を組んで寝ていました。どうでもいいのかなって思ってしまって残念だと思いました。第一志望だったのに本当に残念でした。

 大手企業になると面接で話をする人数も多くなるため、面接官も疲れがたまっているのかもしれません。とはいっても、面接中に寝ている面接官の印象は良くないですよね。気になるとは思いますが、「試されているのかな」という認識を持って、他の面接官との対話に集中しましょう。

集団の最終面接で役員の方が5人いたんですけど、そのうちの一人がタバコを吸いだしました。さらに片方のスリッパを脱ぎだし、足をクネクネさせ始めたのでとても気になりました。

面接中に面接官がタバコを吸っていたという話は私も何回か耳にしたことがあります。もちろん印象はよくないと思いますが、内容に集中しないと自分が損することになります。いろいろな会社、いろいろな社員がいるということを頭にいれたうえで、面接のシミュレーションを繰り返しましょう。

びんぼうゆすりをずーっとしていた役員のおじさん… それで本当に役員かいな…

これも気が散りますよね。貧乏ゆすりは不安から意識をそらすため無意識的に行っている可能性もありますし、相手の立場を想像したうえで、大人の対応を心がけましょう。

▽面接官の気になるエピソードが盛りだくさん!
面接官の気になるしぐさのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

就活で最後に決めるのは自分自身

就活では今回紹介したようなイラッとする出来事に出くわすこともあるかもしれません。相手のアドバイスに耳を傾けることも大切ですが、自分の人生なので最終的には自分で納得のいく決断をすることを優先させましょう。

参考

[1] https://www.nikki.ne.jp/bbs/200304130331204811/
[2]就活してから友達がムカツクのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
[3]2018.02.15

[1] https://www.nikki.ne.jp/bbs/200305142026233833/
[2]親がむかつくのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
[3]2018.02.15

[1] https://www.nikki.ne.jp/bbs/201003010016469153/
[2]就活してから【彼氏・彼女】がむかつくのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
[3]2018.02.15

[1] https://www.nikki.ne.jp/bbs/200405192231047835/
[2]面接官の気になるしぐさのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
[3]2018.02.15

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。