【就活マナー】あなたのスマホは大丈夫?割れスマホは悪印象!

新社会人奮闘記があちこちから聞こえてくる春。就職活動をしている学生の皆さんは改めて自分の襟を正し、自分の志望企業への想いを再度認識しているかと思います。

社会人になるプロセスである採用選考では、様々な要素が評価材料となります。服装、髪型、靴などの身の回りの物や話し方、笑い方、などなど…。
鏡の前で服装を正し、髪型を整え、笑顔を浮かべるリクルートスーツの学生は多く、就活生にとってもこれらの項目は「想定内」かと思います。

しかし、楽天モバイルが行った調査では意外なところで多くの人がネガティブな印象をもつことが判明したのです。

2016年3月18日(金)から23日(水)の6日間、全国男女500名を対象に行った調査結果によると、割れた携帯画面をそのまま使い続けるいわゆる「割れスマホ組」について、40代男性の4割が「だらしなそう」と回答しています。「画面が割れていて、気持ちが悪くないのかと思う」、「お金の余裕がなさそう」という意見も。

▽就活生の嘆き
就職活動はつらいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180316170610j:plain出典:写真AC

40代男性といえば、企業での中間管理職を務める世代。新卒の採用に関与している人も多いでしょう。こういった人達に「だらしない」という印象をもたれることは、
就活において損はあっても得することはまずありません。

さらにその世代の2割以上の人が「仕事ができなさそう」とまだ仕事もしていないのに、厳しい評価を下しています。

調査によると20代の3人に1人はスマホ画面を割ったことがあるとのこと。
これから、インターンシップや説明会、面接など企業の採用担当者に会う機会が多くなります。もちろん企業側も本腰を入れて「キラリと光る」学生の積極的な採用に乗り出します。

印象はとても大切です。「できる感」を演出しようとしたら、うっかり割れスマホを見られてしまい、マイナス評価になるということだけは避けたいものですね。

関連リンク

就職活動はつらいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。