キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

大学サークルはどう選ぶ?インカレって何?サークルの正しい選び方

大学のサークルには「同世代の友人が増える」「同じ趣味を持つ知り合いができる」「恋人ができやすくなる」「情報収集が早くなる」などのメリットがあります。今回は自分にぴったりのサークルの選び方についてご紹介しましょう。

大学のサークルとは?どんな種類がある?

大学のサークルには、主に「公認サークル」「非公認サークル」という2つの種類があります。公認サークルは大学から活動を公認されており、活動資金や場所の提供を受けているサークルです。公認サークルになるための条件は大学ごとに異なりますが、たとえば活動実績が1年以上あることや、年ごとの会計報告ができることなどのルールが設けられている場合が多いです。公認サークルは大学から活動費の援助を受けやすいので、個人の出資の負担が少なくなる点がメリットといえます。

このような公認サークル以外は、大学の認可を受けていない「非公認サークル」となり、大学から部室の提供をはじめとする支援を受けられません。ただ、サークル活動は部活動とは異なり、「皆で楽しむこと」に重きをおいているグループが多いです。よって、大学公認・非公認という待遇よりも、自分が入りたいところに入るのが一番といえるでしょう。

また、サークルは「インカレサークル」「学内サークル」という括りで見ることもできます。インカレサークルとは、インターカレッジサークルの略で、大学間の交流を目的としており、学内の学生はもちろんのこと、他の大学の学生も所属している混合サークルのことです。対して学内サークルとは、同じ大学内の学生のみで構成されているサークルを指します。インカレサークルは大規模なサークルが多いという特徴があり、大規模なゆえ、たくさんの人との交流が期待できます。大学外の人との交友関係も広げたい人はインカレ、大学内の友人を増やしたい人は学内サークルを選ぶことをおすすめします。

▽大学別!サークルや授業に関する情報交換はこちらから!
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20180508105831j:plain出典:pixta

各大学のサークル情報を入手する方法は?

各大学のサークルの情報を入手する方法は、主に2つあります。1つめは、新入生歓迎会で先輩や同期から話を聞くこと。新入生歓迎会とは文字どおり、大学に入学したばかりの学生を歓迎するための催しのことであり、サークルの勧誘もよく行われます。ちなみに新入生歓迎会には大学が主催するタイプと、大学の公認サークルや部活が主催するタイプがあり、それぞれ開催日や場所などが異なります。大学主催の歓迎会についてのお知らせは、大学からの配布物や郵便物に案内が入っているので、見落とさないようにしましょう。学生主催の新入生歓迎会については、入学式後に行われる勧誘や、サークルのSNSやホームページ、大学の学生部などで情報を入手できます。気になるサークルがあればぜひチェックしてみましょう。

サークルの情報を入手する2つめの方法は、実際に体験してみることです。サークルの中には体験入会という形で新入生を迎え入れているところもあります。サークルに仮入会してみることで実際の活動内容もわかりますし、メンバーの雰囲気もつかみやすくなるでしょう。また、演劇などの芸術系サークルの場合は、新歓をかねた公演を企画しているケースもあります。「仮入会まではちょっと勇気がなくて…」という人でも参加しやすいので、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

なお、インカレサークルの中には入会審査がある場合もあります。特にスポーツ系や演劇など、実力が求められやすいジャンルのサークルは経験が求められる可能性が高いです。インカレサークルの入会先を選ぶ際は、審査の有無についてもチェックしておくとよいでしょう。

良いサークルと危険なサークルの見分け方は?

サークルは新しい出会いや発見が得られる場ですが、中にはいわゆる地雷サークルと呼ばれる団体もあります。地雷サークルの特徴としてあげられるのは、次の2つのポイントです。1つめのポイントは、活動実績がないこと。ここでいう活動実績とは、何かの大会でめざましい成績をおさめているか否かということではなく、「サークルの方針に沿った活動を定期的にしているかどうか」を指します。たとえば、テニスサークルという名目であるにも関わらず実際は飲み会ばかりしているサークルはいわゆる地雷サークルに該当するでしょう。活動内容が不明瞭なことや、活動時間にただ集まって過ごすだけのサークルは、早めに見切りをつけることをおすすめします。

2つめのポイントは、サークルの活動費が高すぎること。サークルに入会すると、年会費をはじめとするサークル費や、合宿費、飲み代などがかさみやすくなります。意外とばかにならないのが飲み代です。頻繁に飲み会が催されるサークルだと、月に2~3万ほど、余分に飲食代がかかるようになります。「活動費が多くかかるから地雷」とひとくちにいえるわけではありませんが、メンバーの負担を考慮しない人がサークルの主導権を握っている場合、所属すればするほど出費も増えてしまいます。費用面においても無理なく参加できるサークルを選ぶようにしましょう。

一方、魅力的なサークルには「先輩たちが生き生きしている」「明白な活動理由や目標がある」「サークルの活動費が、学生が捻出できる額の範疇である」などの特徴があります。先輩や同期などからの評判も参考にしつつ、所属するサークルを選びましょう。

場合別に見る!自分に合ったサークルの選び方

サークルを選ぶ時は、「これからどんな大学生活を送りたいか」に重点をおいて考えてみましょう。たとえば友達をたくさん作りたい人は、サークルに入るのはもちろんのことですが、下準備として「サークルの説明会にたくさん参加してみる」ことがポイント。いろいろなサークルの説明会に行けば各団体の雰囲気も体験できますし、同じ会に参加した人と友達になれることもあります。入学式には多くのサークルが勧誘を行うので、できるだけチラシをもらって説明会の日取りをチェックしておくとよいでしょう。

また、スポーツを楽しみたい人は、運動系のサークルに入るのがおすすめです。大学の運動系サークルは、「スポーツそのものを楽しむこと」を目的にしている人が集まりやすいので、高校の部活動と比べるとまったり活動できる点が特徴といえます。「プロを目指すほどではないけど試合はしたい」「同じスポーツ好きの友人が欲しい」という人はぜひ検討してみてください。

その他、大学のサークルには文化系のサークルも多くあります。例としては、軽音、漫画研究、英会話、合唱、写真、陶芸、アイドル研究、映画関係のサークルなどがあげられるでしょう。自分が興味を持てるジャンルのサークルに入れば、話題が合う人にも出会いやすくなるだけでなく、趣味の見聞も広がります。特に時間を忘れて楽しめるほどの趣味がある人は、サークル選びの基準にしてみてはいかがでしょうか。

また、もし時間に余裕があるのであれば、複数のサークルを掛け持ちするという手もあります。複数のサークルに籍を置くことで自然と交友関係も広がるほか、万が一サークルが解散してしまった時でも別のサークルで活動を続けることが可能です。ただし、サークルの掛け持ちをする際は、「学業やアルバイトと両立できるかどうか」「活動資金は無理のない額か」を検討してからにしましょう。自分にあったペースで活動できるかどうか、事前のリサーチで確認するようにしてくださいね。

自分の目的に合わせて大学サークルを上手に選ぼう!

サークルは多くの出会いや発見をもたらしてくれることも多いので、自分に合う団体が見つかれば、大学生活もより充実しやすくなるでしょう。大学の先輩の口コミやサークルの説明会などを参考にしつつ、自分にぴったりのサークルを見つけてみてください。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。