キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

企業研究で調べたい!裁量労働制を導入している自由度の高い会社

就職活動をするにあたって、裁量労働制という言葉を聞く機会は増えたという方は多いのではないでしょうか。ここでは企業研究前に知っておきたい裁量労働制の基礎知識と実際に導入している会社についてご紹介します。

企業研究をする前に押さえておこう!裁量労働制とは?

裁量労働制とは実際に働いた時間ではなく、労使(労働者と使用者)間であらかじめ決められた時間働いたものとみなす制度です。決められた時間より実際に働いた時間が長かったとしても残業代は出ませんし、逆に決められた時間より実際に働いた時間が短くても賃金が減ることはありません。

裁量労働制には、「専門業務型裁量労働制」と「企画業務型裁量労働制」の2種類があります。いずれの場合も、業務の遂行方法は本人の裁量にゆだねられるため、明確な手段や時間配分を指示しないものではありますが、「専門業務型裁量労働制」は、デザイナーや弁護士などのように一般的な職種と比べてより専門性が高い職種、「企画業務型裁量労働制」は事業の企画・調査・分析のように事業の中枢にある労働者が対象となります。
それぞれで対象となる職種が法律で決められているので確認しておきましょう。

専門業務型裁量労働制の対象となる職種

(1)研究開発
(2)情報処理システムの分析、設計
(3)新聞、出版事業における記事の取材、編集
   ラジオ、テレビ制作における取材、編集
(4)衣服、広告などのデザイン考案
(5)放送番組、映画などのプロデューサー、ディレクター
(6)コピーライター
(7)システムコンサルタント
(8)インテリアコーディネーター
(9)ゲーム用ソフトウェア創作
(10)証券アナリスト
(11)金融工学による金融商品開発
(12)大学における教授研究
(13)公認会計士
(14)弁護士
(15)建築士
(16)不動産鑑定士の業務
(17)弁理士の業務
(18)税理士の業務
(19)中小企業診断士の業務

企画業務型裁量労働制の対象となる職種

経営の中枢部門で企画・立案・調査・分析業務に従事する労働者。経営の中枢部門といえない企画営業は含まれない。

f:id:epb0804:20180216165644j:plain

出典:写真AC

企業研究をする前に押さえておこう!裁量労働制のメリットとデメリット、注意点

裁量労働制のメリットとデメリットをここで整理しておきましょう。志望企業が裁量労働制を導入している場合、デメリットの部分には特に注意が必要です。気になる場合は説明会などで社員に尋ねてみるといいでしょう。

裁量労働制のメリット

  • 出社時間、退社時間を自分の裁量で決めることができる
  • 自分で計画を立て仕事ができ、自由度が高い
  • 短い時間で成果を出すことができれば、労働時間あたりの賃金が増える
  • 長時間労働や過労を防ぐため、企業側は一定の対策をしなければならないことが法律で求められている(対象労働者の健康・福祉の確保措置、対象労働者からの苦情処理措置)

裁量労働制のデメリット

  • 出社時間、退社時間が社員によって異なるケースが出てくるため、社員同士がいっしょに働く時間が減り、コミュニケーションが不足する可能性がある
  • 成果を残すのに多く時間がかかれば、労働時間あたりの賃金が減る
  • 裁量労働という名目のもと、企業側で労働時間の管理を十分に行わなかった場合、過労死ラインを大幅に超えるような残業時間になるケースがある

企業側からすると、労使交渉や所轄労働基準監督署長に届け出、定期報告など事務手続きが必要となる点はデメリットといえますが、成果主義を徹底したい企業からするとメリットの大きい制度といえます。また、裁量権の大きい仕事に魅力を感じる就活生は多くいるので、裁量労働制を実施していることを企業PRに使うことも可能です。

【企業研究】裁量労働制を導入している会社(1)トヨタ自動車

世界を代表する自動車メーカー、トヨタ自動車は裁量労働制、フレックスタイム制を以前から導入していますが、2017年12月からは新たな制度が始まってます。新制度の特徴をここでまとめておきましょう。

  • 一定以上の自己管理・業務遂行能力を持つ労働者の希望に加え、所属長、人事部門の承認があってはじめて対象となる
  • 労使で結んでいる残業時間の上限を45時間とする36協定をもとに、新制度の対象である社員に対し、45時間分の「みなし残業代」が支払われる
  • 万が一イレギュラーな長時間労働が発生した場合、不足分の残業代が支払われる
  • 通常の社員と同様、労働時間管理を確実に行う

また、裁量労働制とは別に在宅勤務制度にも力を入れています。

▽トヨタ自動車に関するクチコミはこちら
トヨタ自動車の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

【企業研究】裁量労働制を導入している会社(2)コニカミノルタ

プリンターや医療機器を製造しているコニカミノルタの裁量労働制「イノベーションコース」も確認しておきましょう。概要や特徴は以下のとおりです。

  • 社員が「イノベーションコース」を選択後、会社が認定する
  • チャレンジャブルな目標設定がなされる
  • 成果反映度に応じた賞与が支給される
  • 対象職種は研究開発や企画部門が中心
  • 選択は新卒入社から2〜5年程度より可能
  • 対象層の約2/3の従業員が選択している
  • フレックスタイム制を利用でき、出勤時間、退勤時間を社員の判断で行える

また、オフィス外での仕事が多い営業担当の社員はみなし労働時間制が導入されています。会社全体で勤務時間よりも仕事の成果を重視する方向へシフトしています。

▽コニカミノルタに関するクチコミはこちら

コニカミノルタの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

【企業研究】裁量労働制を導入している会社(3)大日本コンサルタント

大日本コンサルタントは河川の分野に特化した建設コンサルタント会社で、世間のニーズを把握しながら規模の大きい業務に携われます。自然と人間との共生を目指していて、自然災害や環境問題に対応した建築の構築などを行っています。土木学会田中賞(作品部門)・グッドデザイン賞など受賞実績も多数ある大日本コンサルタントの裁量労働制の概要や効果をここで確認しておきましょう。

  • 仕事が急増した東日本大震災後の2011年7月に導入
  • 基本的に管理職は裁量労働制を適用される
  • みなし労働時間は1日9時間15分(所定労働時間より1時間30分長い)
  • 早く退社する風土が芽生え、裁量労働制の対象ではない若手社員の残業時間も減った

▽大日本コンサルタントに関するクチコミはこちら
大日本コンサルタントの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

【企業研究】裁量労働制を導入している会社(4)アマナ

アマナは広告や出版などのビジュアルコミュニケーションを事業の主軸に置いている企業です。企画、プロデュース、制作(広告ビジュアル、テレビCM、ウェブ、デジタルカタログ、アプリ)までワンストップで行っており、プロのフォトグラファー、CGクリエイターなどによる新たな表現方法の開発にも力を入れています。

働く空間にもこだわりがあり、商品撮影や人物撮影、動画撮影にも対応したグループ専用のスタジオが34面完備されているとのこと。クリエイティブな仕事が多いこともあり、裁量労働制が導入されています。基本就業時間は月曜日~金曜日の9:30~18:00ですが、出勤時間は柔軟に変更できるため、夜遅くまで仕事をしていた場合、次の日は朝遅めに出勤するといったことも可能です。

▽アマナグループに関するクチコミはこちら
アマナグループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

裁量労働制は自由度が高いが、一概によいといえないことも…裁量労働制をうまく利用している会社を見極めよう!

裁量労働制をうまく取り入れている会社では成果あたりの労働時間の減少や社員のモチベーションアップにつながりますが、うまく取り入れられていない会社ではサービス残業の温床となる危険もあります。志望企業が裁量労働制を取り入れている場合は、うまく取り入れられているのかどうか見極めることが大切です。

関連リンク

トヨタ自動車の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
コニカミノルタの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
大日本コンサルタントの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
アマナグループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。