業界研究・企業研究で知りたい!若いうちから活躍できる業界・企業

就活生のなかには、若いうちからやりがいのある仕事をして活躍したいと考える方もいるのではないでしょうか?この記事では、若いうちから活躍できる業界や企業の特徴をまとめたうえで、具体的にどのような企業があるかご紹介します。

業界研究・企業研究前に押さえておこう!若いうちから活躍できる業界や企業によくある傾向

若いうちから活躍できる業界や企業には、どのような特徴があるでしょうか。ここではいくつかまとめておきたいと思います。

人材が足りていない

人材が足りていない業界や企業の場合、1人に任される責任はその分重くなります。若いうちから活躍が期待されるのは言うまでもないでしょう。

OJTに力を入れている

OJTとは「On-The-Job Training」の略で、業務を行いながら従業員を教育することを指します。研修制度が充実している会社は数多くありますが、早くから活躍できる業界や企業ほど研修制度に占めるOJTの割合が高まる傾向にあります。若手が最前線に立ち、先輩や役員は後方支援にまわるというイメージをするといいでしょう。OJTには実践的な技術や知識を取得できるというメリットがあります。

ベンチャー企業

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、インターネットなどを用いた新しい分野のビジネスを行っている、設立から5年程度の会社という意味で使われることがほとんどです。新しい会社なので従業員数も少ないことが多く、任される業務の範囲が大きくなるケースが多いようです。

人によって差がつく業務が多い(営業やコンサルティングなど)

営業やコンサルティングなどの成果主義が徹底されている職種では、勤続年数に関係なく個人の営業成績などで評価や昇進が決まったり、個人の判断で仕事ができたりする部分も多いため、若いうちから活躍できる可能性が高まります。具体的には証券セールスや不動産営業、大手コンサルティング会社での営業などがあげられます。

f:id:hito-contents:20180507095105j:plain出典:fotolia

業界研究で知りたい!若いうちから活躍できる業界(1)IT業界

日々新しいサービスや技術が生まれているIT業界。スピード感のある業界だからこそ、若いうちから戦力となることが期待されています。ここではサイバーエージェントとグーグルについてご紹介します。

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、ネット広告の代理店事業やゲーム、AbemaTVなどのメディア運営などを行っている会社です。なかでも、パソコン向けネット広告市場では国内No.1の企業となっています。サイバーエージェントには様々な制度があり、若手が早く活躍できる仕組みが整っています。特に象徴的なのが、「新卒社長制度」。これは、新卒で入社した社員のうち将来有望だと判断された人材を、子会社の社長に抜擢する制度のことです。

他にも「CA8(シーエーエイト)」と呼ばれる8人の取締役、CA18(シーエーエイティーン)」と呼ばれる18人の幹部を交代制にすることで、若手社員へ刺激を与えています。経営者の育成や経営の透明性向上という目的で行われています。

▽サイバーエージェントに関するクチコミはこちら
サイバーエージェントの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

グーグル

言わずと知れたインターネット検索最大手のグーグル。近年では社員の働き方にも注目が集まっています。

グーグルは実力主義で、同じ業務を担当する社員の間でも会社に影響を与える度合いに違いがあれば、それに見合った報酬の差が出ます。実際、同じ業務でも給料に100倍ほどの違いが出ることもあるようです。

ただし、実力主義だからといって、失敗を避けるとことは好まれません。事業撤退を決めた開発チームにも、成功報酬ほどではないものの対価を与えるなど、チャレンジしやすい仕組みがつくられています。実力次第では若手も活躍できる会社といえるでしょう。

▽グーグルに関するクチコミはこちら
グーグルの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

業界研究で知りたい!若いうちから活躍できる業界(2)アパレル業界

アパレル業界も若いうちから活躍できる業界のひとつ。若くして店舗運営を任されることが多いため、若い感覚が活かされる場が数多くあります。また、ZOZOTOWNなどのインターネット通販が伸びていることから、今後はITに詳しい人も重宝されることでしょう。「モノ消費よりもコト消費」といわれるように、体験型のレジャーなどが今後の成長産業といわれるなか、ファッションの楽しさをどのように伝えていくかも今後の重要な課題です。

実際に企業では若手活躍のためにどのような仕組みが整っているのでしょうか。ここではファーストリテイリングとH&Mをご紹介します。

ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、ユニクロなどのブランドで知られるアパレル業界の大手企業です。早ければ半年で店長に昇格し、希望や実力に応じて海外勤務を早々に任されることもあります。実際に働いている社員の声として、「がんばりが認められる」との声もあります。出産や子育てと両立できるように、地域正社員などの雇用制度も充実しています。

▽ファーストリテイリングに関するクチコミはこちら
ファーストリテイリングの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

H&M

H&Mはスウェーデンで誕生し、今では世界各地に店舗を構えています。グローバルに活躍できるチャンスのある企業です。
研修やリーダーシップガイダンス、社内採用やジョブ・ローテーションなどを通じて、専門性を高めることが可能です。決められたキャリアの道はないとのことで、グローバル企業ならではの可能性に満ちた企業といえそうです。

業界研究で知りたい!若いうちから活躍できる業界(3)コンサルティング業界

若いうちから活躍できる業界として、コンサルティング業界も挙げられます。コンサルティング業界には、M&Aの仲介、人事戦略、ITシステムの導入といったさまざまな分野があり、クライアントである企業とタッグを組んで、その企業が抱える課題を解決していくのが主な仕事です。今後はデジタル戦略やクラウド、ビッグデータの運用支援といったIT系のニーズが高まっていくと予想されています。

コンサルティング業界は成果主義で、かつ裁量権が大きいケースが多く、若手でも早くから頭角を現せることがあります。ここでは「マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン」と「ボストン・コンサルティング・グループ」を紹介していきます。

マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン

世界最大級のコンサルティング企業です。同社出身の経営者も多いことで知られています。

マッキンゼーは独立したプロフェッショナルのための「場」を提供することを大切にしていて、社員をプロとして扱うという方針が徹底されています。社員個人の力を重視していることから、裁量権も大きく、社員個人のビジョンに沿って世界で活躍することも可能です。

▽マッキンゼー・アンド・カンパニーに関するクチコミはこちら
マッキンゼー・アンド・カンパニーの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

ボストン・コンサルティング・グループ

マッキンゼーに並ぶ世界的大手のコンサルティング企業です。デスクでの分析よりも、クライアントと一緒に働くことが多く、クライアントとの協働を大切にしている企業です。

担当するプロジェクトは非常に幅広く、仕事のスピード感がかなり早いのが特徴です。若手のうちから幅広くビジネスの根幹に関わりたいと考えるのであれば、このようなコンサルティング企業を検討してもよいのではないでしょうか。

▽ボストン・コンサルティング・グループに関するクチコミはこちら
ボストン・コンサルティング・グループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

業界研究でわかる!若いうちから活躍できる業界・企業への就職で若いうちから活躍してみては?

若いうちから活躍したいのであれば、その点を重視して業界研究や企業研究を行うのも1つの方法です。ただし、若いうちから活躍ができればどこでもいいというわけではないでしょう。まずは自分がどのような業界でどう仕事をしたいのかしっかり考えていくことが大切です。

関連リンク

業界研究のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。