キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

20代で未経験の業界や職種への転職に挑戦!成功のポイントと秘訣を解説

20代で違う業界・職種への転職を考えている人は少なくありません。企業にとって採用メリットが多い20代は、30代に比べて未経験の業界や職種への転職がしやすい傾向にあります。この記事では20代で転職をするメリット、転職を成功させるためのコツや注意点、転職しやすい業界・職種をご紹介します。

20代で転職をするメリットとは?

企業が未経験者を募集対象に含んでいる場合は、実務経験よりも若さを重視しています。20代は新しい知識や技術を身につける伸び代が充分にあると考えられ、専門性の高い技術職でも未経験者募集の求人が多くあります。

20代で転職をするメリットは、30代以降では難易度が高くなる専門職や技術職の求人でも応募できるため、チャレンジできる業界や職種の幅が非常に広くなるということです。特に第二新卒といわれる20代前半は、25歳以上に比べてさらに応募できる求人の幅が広がります。

30代の転職は未経験の業界や職種であっても前職での実績やスキルを問われることが多く、30代後半になると選考基準に部下の育成に携わったマネジメントスキルも加わります。20代は30代に比べて、人物を重視する傾向にあり、仕事に向き合う姿勢や考え方、意欲が評価されます。

また中途採用の場合は新卒の就活に比べて、大手・人気企業の競争率も低くなり、入社できる可能性があります。ただし、随時募集している訳ではないので、チャンスを見逃さないようにしなければなりません。

身につけなければいけない知識、技術や資格が必要な職種ほどスタートが早ければ、取得も早くなります。未経験者採用の多い20代は、30代よりも転職を成功できる確率は高く、応募できる業界や職種も多いと考えていいでしょう。入りたい企業ややりたいことがあるなら、自分の可能性を信じて20代のうちにチャレンジしてみましょう。

f:id:hito-contents:20180502152642j:plain出典:fotolia

20代で未経験でも転職しやすい業界・職種

第二新卒は、一般的なビジネスマナーが身についており、あらためて研修をする必要がなく、新しい会社や職種に適応能力があるため、採用が活発になっています。大手企業に偏りがちで内定後や早期退職を防止するためのフォローが大変な新卒に比べ、第二新卒は大手企業をはじめ、中小企業やベンチャー企業も積極的に採用しているのです。

第二新卒のみならず、20代は30代に比べて、給与水準が低いため採用コストを抑えることができ、企業にとって採用メリットが多く、20代であれば経験を問わない求人が多いのも特徴です。その中でも需要が多く、若手の人材を求める業界や職種をご紹介します。

IT業界

IT技術の進化に伴い、人手不足が深刻化しています。専門知識や技術など覚えなければいけないことが多いため、20代は転職が成功しやすい業界です。

サービス業界

飲食業界をはじめ、小売業や人材業界などサービス業界は全体的に人手不足で中途採用を率先して行っています。販売、スーパーバイザー、営業職など職種も多岐にわたっています。

建築業界

建築業界の中でも施工管理は高齢化が進み、若手人材が不足しています。実務経験を積めば、国家資格の取得も可能。もちろん、技術系職種だけではなく、営業職の募集もあります。

営業職

未経験者の採用で最も多い職種が営業職です。企業の最前線に立って、売上につなげていく役目を担う営業職はあらゆる業界で20代未経験者の募集を行っています。

20代が未経験の業界・職種への転職を成功させるコツ

未経験者を対象とする求人の場合、応募者の人柄や意欲などポテンシャル(潜在能力)を最重要視しています。応募先企業がどんな人材を求めているのかしっかり見極めることが、転職を成功に導くためのポイントです。

自分が持つ強みとは何か、自己分析を行い、応募先企業が求める人物像とマッチするポイントを見つけ出しましょう。どんな人物を求めているかを知るには、求人内容をよく読みこむことが大切です。求める人物像が具体的に記載されている場合もありますが、ない場合は紹介されている社員の方がどんな方なのかを見てみましょう。企業は採用したいと思うイメージの社員を求人広告に起用しているケースが多く、参考にすることができます。

例えば仕事内容にも多くのヒントが隠れています。

  • 突発的なアクシデントへの対応をすることがある→臨機応変な対応能力が求められる
  • チームでプロジェクトをすすめる→協調性が必要
  • 既存のお客様に対する営業活動→コミュニケーションスキルが必須

求人内容だけではなく、応募先企業のホームページも必ずチェックしておきましょう。企業が自社で最もアピールしたい点や求人内容にはないメッセージが書かれていることがあります。

前職の経験を強みとしてアピールする場合は、3年以上の経験や実績が基準です。社会人経験が3年未満の場合は、基本的なビジネスマナーがしっかりと身についていること、仕事の中で工夫したことを具体的なエピソードなど交えながら伝えることが、少ない経験をカバーすることにつながります。

20代未経験の業界へ転職するときの注意点

20代で未経験の業界に転職する際に気をつけなければいけないのは、「自分の仕事軸」があるかどうかということです。仕事軸とは、仕事に求めるものは何か、次に目指したい業界や職種でどんなことをやりたいと思っているか、仕事選びで大切にしたいことは何か、など仕事に対する考え方や価値観のことです。

仕事軸をしっかり持っていることで、転職理由も明確になり、仕事選びそのものもぶれることなく、入社後の「こんなはずではなかった」というミスマッチを防げます。

■仕事軸の例

  • 仕事に求めるもの→目に見えて分かるスキルが身につく=専門性や技術
  • 目指したい業界→これから成長が見込める業界=Web業界
  • Web業界でどんなことをしたい?→Webデザイン
  • どんなWebデザイナーになりたい?→クライアントに満足してもらえる
  • 仕事選びで大切にしたいもの→企業規模よりも社風
  • どんな社風がいいか?→年功序列よりも実力主義で風通しの良い社風

上記のように次から次に自分自身に質問を投げかけて、答えを出していくことで自分の仕事軸が見えてきます。

特に社会人経験の浅い20代前半の方は、なぜその業界に転職するのかという転職理由の裏付けをしっかり行う必要があります。「何となくやってみたい」という曖昧な理由では、転職を成功することはできません。
20代後半の方は30代に近づくほど転職の難易度は高くなるため、スピード感のある転職活動を行う必要があります。

20代は未経験の業界・職種へも転職しやすい

20代は今後の成長に期待する企業が多く、未経験の業界や職種に転職しやすい傾向にあります。応募先企業が求める人物像を見極め、転職理由を明確にすることが転職を成功させるポイントです。転職を考えたら、より自分らしさを発揮できる場所を見つけるためにできるだけ早めに行動しましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180306182024p:plain

著者:Rinkyo

リクルートおよびリクルートエージェントなど数社の大手人材サービス企業で、営業・制作・広報・採用担当・キャリアコンサルタントを担当。
学生、若年層からキャリア層まで現在まで2,000名以上の面談実績あり。「就職・転職の専門家」として、就職支援とマッチングを得意領域とし、大学、専門学校にて就職セミナーを実施。海外在住経験あり。
・国家資格キャリアコンサルタント
・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・第一種衛生管理者