まだチャンスはある?40代で転職を成功させるポイントを解説!

40代での転職は厳しいと言われていますが、それはなぜなのでしょうか?40代の転職でも、活路を見出す方法は必ずあります。この記事では、40代の転職での注意点や成功させるコツなどについて詳しく紹介したいと思います。

40代の転職に潜む不安要素とは?

40代で転職する人が不安に感じる要素とは、いったい何なのでしょうか?何がネックになるのかを分析することで不安に立ち向かうことができるかもしれません。

40代は、働き盛りの世代です。現在の会社で培ってきたキャリアやスキルがあり、職場環境にも慣れているため、簡単に転職へと踏み出す勇気が出ない人がほとんどなのではないでしょうか。「いきなり新しい環境に入ってなじめるか不安」「今までのキャリアを無駄にしたくない」「転職して地位や年収が下がるのではないか」「そもそも、頭を下げて他の会社に入れてもらうなど、プライドが許さない」などと不安に思う人は、かなり多いと思います。

さらに、「年齢が高いから転職など無理なのでは」「40代の中途採用者を雇ってくれる企業などないのではないか」などという、年齢がハードルとなって転職先が見つからないという不安を持つ人もいます。実際、20代、30代の転職者向けの求人は豊富ですが、40代に突入するとガクっと求人数は減ります。「40代になると転職先が見つからないかも」という不安は、実際問題として40代の転職者に立ちはだかっているのです。

中には「転職活動の仕方がわからない」という40代の転職者も意外と多くいます。40代になるまでに何度か転職をしたことがあるのであれば、転職活動に関するノウハウを持っています。しかし、一度も転職したことがないとなると、転職に対する不安はますます大きくなります。実際、応募書類の書き方や面接対策などの転職ノウハウを全く知らないため、それが転職の不安要因になっている40代の転職者も多いのです。

f:id:hito-contents:20180502151730j:plain出典:fotolia

40代の転職で難しい点とは?

それでは、次に客観的な視点で「40代の転職活動がなぜ難しいのか」を考えていきましょう。

まず、40代ともなると、企業が求める人物像のレベルはかなり高くなります。即戦力になることを求められるのはもちろんのこと、管理職として大きいプロジェクトを任せられるだけのマネジメント力まで求められます。

求められるスキルや経験のレベルが高いということが、40代の転職をかなり難しいものにしているのは確かです。特に大手企業になると、高い管理能力や専門性が求められることが多いため、40代転職者が転職するのはかなり難しいと言えるでしょう。

よほど専門的な高いスキルがあるか、大手企業にその資格保有者やその業務ができる人材がいないなど、大手企業の課題やニーズとぴったりマッチしている人でもなければ、40代転職者が大手企業に転職することは困難です。40代の場合、持っている経験やスキルを活かして成長途中の中小企業やベンチャー企業に転職する方が有利でしょう。

20代や30代が転職する際には、粗削りな能力しか持っていなくても転職後の成長に期待されて採用されるケースがあります。しかし、40代の場合それがありません。完成された能力やスキルが求められてしまいます。
そして、「○○システムの開発ができるスキル」「○○業界における△△部署のコアなスキルを持つ人材」などと専門性が高くなればなるほど企業のニーズが細分化されていきます。企業が求めるスキルが専門的になり細分化されることで転職者側が持つスキルと企業のニーズのマッチングがとても難しくなるのです。

40代の転職を成功させるコツ

ここまでで、40代の転職活動の難しさや問題点について細かく見てきました。ですが、問題点を分析することで、転職を成功させるコツを掴めます。

今まで見てきた通り、40代の転職には困難な道のりが待っています。そのため、「年収を上げたい」「仕事内容も細かく指定したい」「福利厚生制度も必須」などと希望条件をいくつも挙げていては、転職するどころか自分にマッチした求人など見つからないでしょう。40代の転職でまずやるべきことは、「転職目的の優先順位をつける」ということです。

最も優先させたい条件は1つか、最低でも2つに絞りましょう。年収にこだわるのか待遇なのか、それとも福利厚生制度なのか、明確に優先順位の高い条件を決めなければ転職先を確定させることは難しくなります。ましてや、過去の実績にこだわって今以上の待遇を求めてしまえば、転職成立は厳しいでしょう。

また、転職先の企業選定も大切なポイントです。企業として熟成している老舗企業や大手企業などでは、40代を超える中途社員をあまり採用しない傾向があります。なぜなら、社内に仕事のノウハウは十分に蓄積されており、社員教育もある程度施されているからです。

40代の転職者が狙うべきは、まだできたばかりの若い企業です。若手社員ばかりで仕事のノウハウや社員たちの経験が少なく、年配者のスキルや経験が求められているからです。そして、「即戦力になれる」「経験豊富で危機管理能力がある」「マネジメント経験が豊富」などという若い会社に足らない部分を売りにすれば、採用されやすくなるでしょう。

40代の転職者を積極採用している業界・職種は?

では、40代の転職者が転職しやすい業界や職種とはどのようなところなのかを具体的に見ていきましょう。

40代以上の中高年の中途採用を広く行っているのは、メーカーや建設業界、不動産業界、流通・小売業界、サービス業界などです。日本の景気は回復傾向にあるため人手不足が進んでおり、特にこれらの業界でその問題が深刻化しているのです。メーカーや建設業界、不動産業界では経験豊富な営業職の中途採用が盛んで、営業成績次第では高年収を得られる可能性もあります。

流通・小売業界やサービス業界ではもともと慢性的な人手不足のため、転職しやすい状況です。一方で、収入が低い、土日祝日は必ず出勤、勤務時間が長いなど労働条件が良いとは言えないというデメリットもあるため、そこが転職のしやすさにつながっているとも言えます。

40代以上でも転職しやすい職種は、営業職、マーケティング職、経営企画職などです。営業職やマーケティング職は人手不足でもありますし、40代以上の優れた営業手腕やマーケティング能力を持つ百戦錬磨のビジネスマンが求められているという企業側の事情もあります。

経営企画職は、企業規模を拡大し新店舗や新支社を設立したり、新しい事業を立ち上げたりする企業に特にニーズがあります。どのような職種を選ぶにせよ、このように人手不足な職種が転職しやすいと言えるでしょう。

40代で転職を成功させるには柔軟性が必要

40代で転職を成功させるためには、プライドや過去の実績にとらわれない柔軟さが必要です。40代の転職に不安要素はつきものですが、そこから目をそらさずしっかりと向き合うことで転職活動に活路を見出すことができるでしょう。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。