就活リップで印象アップ!肌をキレイに見せるリップの選び方

女子就活生であれば避けては通れない、就活メイク。中でもリップメイクは印象を大きく左右するので、どのような色を選べば良い印象を与えられるのか、気になるところです。今回は、就活リップを選ぶポイントとおすすめ商品を紹介します。

就活リップはナチュラルに!イキイキ&清楚感を引き出す選び方がポイント

女子就活生にとってメイクは、自身の印象を変えることのできる大切な手段のひとつです。その中でもリップメイクは、顔色の見え方に大きな影響を与えます。

リップメイクによって与えたい印象は、一般的に「清楚」「健康的」「知的」「快活」などがあげられます。選ぶ色によって印象が異なりますので、志望する企業の雰囲気や求める人物像から、どのようなイメージを伝えたいのかを考えましょう。

また、就活に使用するリップを選ぶ際には、下記のようなものは避けましょう。

《就活に用いない方がいいリップとは》
・発色が強すぎるもの(真紅や明るすぎるピンクなど)
・ツヤが出すぎるグロス
・見た目がマットになるタイプのリップ

おしゃれすることを目的に、普段はこうしたリップを使用する人もいると思いますが、就活には適しません。ここからご紹介する就活向きリップを用意して、面接に臨みましょう。

▽メイクに関する就活生の悩み・クチコミはこちら
メイクのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180501101403j:plain出典:fotolia

【就活リップの選び方】自分に合うリップを探す方法

就活リップを選ぶために、まず知っておきたいのが「自分の肌のベースカラー」です。日本人の場合は一般的に、ブルーベースかイエローベースに分けられ、それぞれ次のような特徴があります。

《ブルーベースの肌》
・白やピンク味のある肌
・日焼けをすると赤くなるが黒くならない人が多い
・シルバーのアクセサリーが馴染む

《イエローベースの肌》
・クリーム色や黄色味のある肌
・日焼けをすると小麦色になる人が多い
・ゴールドのアクセサリーが馴染む

自分で判断が難しい場合には、化粧品のウェブサイトでの診断を活用するか、化粧品売り場などでも相談するといいでしょう。それでは次に、それぞれの肌の色にどのようなリップが合うのかを見ていきます。

《ブルーベースの人に似合うリップの色》
・スモーキーピンク
・ベビーピンク
・ピンクベージュ など

ブルーベースの人に合うのは、青みを含む紫寄りの色です。

《イエローベースの人に似合うリップの色》
・コーラルピンク
・サーモンピンク
・アプリコット など

イエローベースの人に合うのは、オレンジ寄りの色です。

このように、肌の色によって馴染みやすいリップの色は異なります。ただし、肌の色だけでなく、目の色や髪の色などによっても馴染み方が変わるため、実際につけてみてしっくりくる色を選びましょう。

【就活リップの選び方】相手に与えたい印象は?色が与える印象

それぞれの肌に合う色を理解したら、次はそれぞれのリップの色がどのような印象を与えるかを知っておきましょう。

(1)ピンク系:清楚さや明るさを演出するのにピッタリ!
ピンクは就活生にも選びやすい色のひとつで、バリエーションも幅広くあります。種類が多いため、肌色との相性も考えて選ぶと絞りやすいでしょう。就活でもよく利用される色には、以下のようなものがあります。

・スモーキーピンク
やや明るめのピンクで、ブルーベースの人に馴染みやすい。華やかな印象を与える。
・ベビーピンク
色味の薄いピンクで、ブルーベースの人に馴染みやすい。スモーキーピンクに比べ、透明感や柔和な雰囲気を演出しやすい。一方で幼く見えることもあるので、自分に合っているかを確認して使用すること。
・コーラルピンク
ピンク味の濃いオレンジ系ピンクで、イエローベースの人に馴染みやすい。快活で健康的な印象を与えやすい。
・サーモンピンク
コーラルピンクよりもオレンジよりで、イエローベースの人に馴染みやすい。明るい印象でありながら、落ち着いた雰囲気も感じられる色。

(2)オレンジ系:明るく社交的な印象を与えるのにピッタリ!
オレンジ系はイエローベースの人に馴染みやすく、明るく社交的な印象を与える色です。ただし、ややカジュアルに感じる色である点は注意が必要です。明るい雰囲気を出しつつも、落ち着いた色が良い場合は、ピンク系でご紹介したコーラルピンクやサーモンピンクなどのオレンジよりのピンクを選びましょう。

(3)ローズ系:知的な印象を与えるのにピッタリ!
ピンクやオレンジに比べて大人な雰囲気を感じられるのがローズ系です。ローズピンクのように明るい色はやや派手すぎるので、ブラウンよりなどの少し落ち着いたトーンが良いでしょう。

(4)ベージュ系:ナチュラルで清楚な印象を与えるのにピッタリ!
肌馴染みの良いベージュ系は、ナチュラルさがあり清楚な印象を与えることができる色です。ベージュ系カラーの中では、ピンクベージュやオレンジベージュが就活生の若々しさも残しつつ、落ち着いた印象も与えることができます。一方で、ベージュの色味が強すぎると血色が悪く見えたり、やや若々しさに欠けるように見えたりするので、気をつけましょう。

就活リップのおすすめ5選

ここまで就活リップの色の選び方やその印象について説明してきましたが、具体的にどのリップを購入したら良いのかと迷う人もいるかもしれません。そこで最後は、就活におすすめのリップを5つ紹介します。

(1)キャンメイク/ステイオンバームルージュ/06スウィートクレマチス 580円(税抜き)
「就活のときしか使わないから安く済ませたい」という人におすすめなのが、リーズナブルブランド・キャンメイクのリップです。その中でも06スウィートクレマチスは、程よい発色のオレンジ系ピンクで、明るい印象を演出します。
リップバームのような保湿力もあるため、唇がカサつきやすい人もおすすめです。

(2)オペラ/シアーリップカラー/102ベージュピンク 1,200円(税抜き)
こちらのシリーズのベージュピンクは派手すぎず、若々しさが演出できる色味となっています。スティック状のグロスで使い勝手が良く、一塗りで適度な色と潤いがつき、使い勝手が良いのが魅力です。

(3)レブロン/バームステイン/60 1,200円(税抜き)
クレヨン型リップなので、細かいところも塗りやすく、メイク慣れしていない人でも使いやすいリップです。特におすすめなのが、今回ご紹介する60番のコーラル系ピンク。明るく活発な印象を与えることができます。
また、より知的で落ち着いた印象を演出したい場合は、65番(ピンクベージュ系)も上品な色でおすすめです。

(4)ルナソル/フルグラマーリップス/24ソフトベージュピンク 3,000円(税抜き)
美容成分が配合されているため、仕上がりが綺麗で潤いが長持ちします。
今回おすすめする24番のソフトベージュピンクは、肌に馴染みやすい色で、自然な雰囲気の清楚感を出すことができます。また、カラーバリエーションが豊富で、なりたいイメージに合う色を見つけやすいのも魅力のひとつ。知的な印象であれば35番のピンクベージュ、明るい印象であれば41番のソフトコーラルピンクなどがおすすめです。

(5)マキアージュ/ドラマティックルージュ/RD324 3,000円(税抜き)
RD324レッドベルベットは、知的で落ち着いた印象を与える色味です。程よいツヤがあり、カラーバリエーションもあることから就活にも使用しやすいシリーズなので、ほかの色もチェックしてみると良いでしょう。
同シリーズのPK232シュガーレスピンクやBE322ハニーベージュも派手すぎず、明るさや若々しさを感じられる色です。

自分にあった就活リップを選んで面接の味方にしよう!

就活で使用するリップは自分に似合う色や、与えたい印象を意識して選ぶことが大切です。価格や種類もさまざまなので、自分に合ったものをまずは探してみましょう。そして、メイクアップすることで気持ちを高めて、自信を持って面接に挑んでくださいね。

関連リンク

メイクのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。