就活のコートはどうすればいい?コートのマナー・選び方(男女別)

いざ就活の場面でコートが必要になったときに、どんなコートがいいのか、脱いだ後はどうすればいいのかなど、疑問が出てくるものです。そこで今回は、リクルートスーツに合うコートの選び方や取り扱い、着脱マナーについて紹介します。

就活(説明会・面接)ではいつコートを脱ぐのが正解?覚えておきたいコートのマナー

コートを着用したまま、企業へ入ったり、会社説明会の会場に入ったりするのはマナー違反。もちろん、合同会社説明会の会場内でもコートは脱ぐ必要があります。それでは、どのタイミングでコートを脱ぐのが正解なのでしょうか。たたみ方や取り扱いについても紹介します。

(1) コートは会社の入り口の手前で脱ぐ

寒いかもしれませんが、会社であれば会社の入り口の手前、合同会社説明会などの大きな会場であれば、その会場に入る手前でコートを脱ぎます。コートを着たまま受付に入ることがないようにしましょう。

(2) 脱いだコートはたたみ、手にかけて移動する

コートを脱いだ後は、中表にしてタテにたたむのが正解です。具体的な方法は、コートの裏地が表に出るように襟元のタグを表側に向け、袖は裏返しにせずにそのままの状態で折りこみます。そうすると、裏地が表になっている状態で縦長の形状になるので、それを二つ折りにして腕にかけて持ち運びます。コートを裏返しにしてたたむ理由は、外の汚れを室内に持ち込まないようにするためです。

(3) 説明会・面接中は、コートはカバンの上に置く

着席時にはコートは膝に置いたり、床に置いたりせずに、持参したカバンの上に置きます。持ち運びの際に縦長の二つ折りになっていますので、その状態から更にたたんで四つ折り程にします。コートをしっかり乗せておくためにも、カバンは自立できるタイプを選びましょう。

(4) 面接後、コートを着るのは会場・会社を出てから

面接や説明会が終わったからといって、会場内でコートを着ないようにしましょう。着るのは、脱いだ場所と同じく会場・会社を出てからです。

▽面接時のコートに関するクチコミはこちら
面接時、コートとかどうしてる?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180501101452j:plain出典:model.foto

就活のコート選びは慎重に!リクルートスーツに合うコートってどんなコート?

リクルートスーツに合うコートにはいくつか種類があります。ここではおすすめできる3種類のコートと、リクルートに適さない3種類のコートについてご紹介します。

リクルートスーツに合うコート

  1. トレンチコート
    折り返した襟と前がダブルになっているデザインが一般的で、ウエスト部分はベルトで締められる仕様になっています。また、袖口や肩に飾りベルトがついておりスタイリッシュに着ることができます。
  2. ステンカラーコート
    折り返した襟がついているシンプルなコートです。飾りも少なくシンプルなので合わせやすいです。
  3. チェスターコート
    スーツの上着のデザインと似ており、襟元が見える仕様です。丈は膝丈くらいと長めのものが多く、ビジネスシーンでも多く使われています。

リクルートスーツに適さないコート

  1. ダウンコート
    羽毛が入っているので温かさは抜群ですが、ダウンジャケットであってもダウンコートであってもカジュアルな印象を与えてしまうため適しません。
  2. ダッフルコート
    厚地のウールでできたフードつきのコートで、ボタンも組み紐との合わせで止めるデザインのコートです。フードやボタンの仕様がカジュアルなのでビジネスには適しません。
  3. ファーつきなどのカジュアルなコート
    ファーやワッペンがついているようなデザイン、柄物等特にカジュアルなものは適しません。特にファーは、ファーが抜け落ちてスーツに毛がつく可能性があるのでNGです。

就活のコート選びのポイントを詳しく解説【メンズ編】

実際にリクルートスーツに合うメンズコートの選ぶ際には何に気をつけて選べば良いのか、丈やデザイン、色などポイントを押さえて確認してみましょう。

(1) コートの丈やサイズ感

当然のことですが、スーツの上に着るコートなので試着する際には必ずスーツの上着を着て試着しましょう。丈はスーツの上着よりも少し長めを選びます。着用感は個人差がありますが、スーツの上着を着た状態でコートを着用しているので、肩回りや袖周りがきつくないかどうか、肩のラインが合っているかどうかをチェックするのがポイントです。腕を回してみるなどして、動きが取りやすいかも確認しましょう。自分でわからない場合はお店の方に見てもらうことをおすすめします。

(2) おすすめのデザイン

ここでは、シンプルなデザインでビジネスシーンでも人気のトレンチコートとステンカラーコートを紹介します。丈もやや長めでスーツの上着が隠れる丈なので、就活でも問題なく着用できるコートです。

  • トレンチコート
    デザインはダブルが一般的ですが、シングルを選んでも問題ありません。生地は薄手のものが多いものの、春先や秋など長い期間着用することができますし、折りたたんで持ち歩いたり、たたんでカバンに乗せたりするには扱いやすいコートです。中にはライナーつき(裏地が取り外しできるもの)もありますので、春明だけでなく冬も活用することができます。
  • ステンカラーコート
    飾りがないシンプルなデザインで首元の第一ボタンまで閉めることができるので、防寒対策にもおすすめのコートです。様々な素材があるので用途に合わせて選んでみましょう。軽くて汚れがつきにくいナイロンやポリエステル素材、防寒対策におすすめなコットンやウール素材などがあります。

(3) 色は黒・紺・グレー

基本的にはスーツの色に合わせてコートの色も選びます。リクルートスーツの色は黒、紺、グレーが基本なので、その色に合わせましょう。トレンチコートはベージュ色も多く出ていますが、スーツとの配色を考えてできるだけダーク系の色を選ぶようにしましょう。注意する点はコート単体で選ばずに、リクルートスーツに合うかどうかを考えて選ぶことです。

就活のコート選びのポイントを詳しく解説【レディース編】

リクルートスーツに合うレディースコートの選び方についても着丈やデザイン、色などを含め紹介していきます。レディースのコートはメンズよりもデザインや色も豊富でおしゃれをしたくなりますが、就活用ですのでシンプルなものを選びましょう。

(1) 丈は膝上

メンズと同じようにジャケットが隠れる丈が無難です。スーツのボトムがスカート・パンツにかかわらず、コートの丈は膝上にします。膝よりも下で長い丈になると全体的に重い印象になりますし、スーツとのバランスが悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

(2) おすすめのデザインはトレンチコート

レディースのコートでおすすめなのは、スーツとの相性が良く、かっちりとした印象を与えることができるトレンチコートです。素材はコットン素材や、コットンとポリエステル、ナイロンを混紡したものが多く、軽くて扱いやすいのが特徴です。肩、袖口、ウエスト部分にはベルトがついており、防寒対策にもなります。デザインはシングルでもダブルでも構いません。

続いては、トレンチコート着用時のポイントを紹介します。

  • 前ボタンを留める際には付属のウエストベルトを着用する
    ウエストベルトを着用しなくてもボタンだけできれいに前を閉じることは可能ですが、ベルトを着用した方がきちんとした印象になりますし、見た目もよりきれいになります。ベルトの着用方法は、ベルトのバックルに通して使うのももちろん良いですが、結ぶことも可能です。ダブルの場合は、前身ごろが重なる部分に合わせて少し左側に寄せて片リボン結びをするときれいに見えます。シングルの場合にも中央ではなく、少しどちらかに寄せて片リボン結びやリボン結びをするのがおすすめです。
    ボタンを留めないときにはウエストベルトをサイドポケットに入れても良いですし、後ろで結んでも良いでしょう。
  • 取り外し可能なライナーつきコートを選ぶと重宝する
    トレンチコートの素材は薄手のものが多いので、コートの内側にライナーがついているものがあります。ライナーはキルティング素材のものや起毛素材のものなどメーカーによりさまざま。冬の寒い時期はライナーをとりつけて着用し、春、秋など気温が低くないときには外して着用できるので便利です。

(3) 色は黒・グレー・紺・ベージュ 

メンズと同様に、コートの色はスーツの色に合わせた方が良いので、できるだけ黒、紺、グレーなどのダーク系を選びましょう。トレンチコートの定番色としてベージュが人気ですが、ベージュを選ぶ場合は明るすぎない色を選びましょう。

就活のコート選は妥協せず納得のいくものを選ぼう!

リクルートスーツに合うコート選びには着丈やデザイン、色(黒、紺、グレー)などに着目して選ぶ必要があります。また、コートの着脱の場所や脱いだ後の取り扱いのマナーを身につけ、堂々と就活を乗り切れるよう頑張ってくださいね。

関連リンク

スーツ/メイク/写真の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
面接時、コートとかどうしてる?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

著者:RIKUA

大手アパレルにて4年勤務後、広告業や人材業にて人事系統に8年、企画系統に5年勤務。広告会社にてフリーペーパーの記事作成やリライト、校正、新卒社員に向けたメルマガ配信等,ライティング経験有。また、人事部の立ち上げや運用等人事採用関連の知識を活かし、大学内や就職支援機関での就職セミナー講師も行う。