コンビニでアルバイトをするには?仕事内容など基本情報まとめ

全国どこの街にもあるお店といえばコンビニエンスストア。アルバイトをしたいと思ったとき、まずコンビニを候補に挙げる人も多いのではないでしょうか。そこで今回はコンビニでのアルバイトの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。

コンビニでのアルバイトとは?主な仕事内容を紹介

コンビニでのアルバイトの仕事内容は多岐にわたります。コンビニチェーンによってサービス内容の詳細は異なりますが、主な業務は次の6点です。

商品の会計・接客

お客さんがレジに持参した商品のバーコードを読み取り、会計ののち袋詰めをします。コンビニアルバイトの中でも特に主となる業務です。また、お客さんから商品やサービスに関する質問があれば、案内をします。

商品の確認・陳列

発注した商品が店舗に届いたら、発注した数量と間違いがないか確認しながら、棚に陳列していきます。また、陳列が乱れていたらきれいに並べ直します。

かんたんな調理

おでんやホットスナック(中華まんや唐揚げなど)は半調理された状態で店舗に届くので、かんたんな調理を行ってから店頭に陳列します。また、調理器具の洗浄は毎日行います。

販促アイテムの設置・撤去

商品の販売促進キャンペーン用のポップや垂れ幕などを売り場に設置し、期間終了後に撤去します。

代行サービスの受付

各種サービスの代行窓口として、宅配便の受付、公共料金の収納代行、コンサートやスポーツチケットの発券などを行います。

店内の清掃

店内やトイレの清掃、トイレットペーパーの補充を行います。

▽コンビニのアルバイトを探すならこちら!
コンビニ関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180426103346j:plain出典:fotolia

コンビニでのアルバイトに必要なスキルと身につくスキル

接客に関するスキル

コンビニでアルバイトするには、接客に関する基本的なコミュニケーション能力が必須です。お客さんに不快感を与えない清潔感があり、はっきりとした口調で挨拶や受け答えできる人材が求められます。また、コンビニにはさまざまな年齢層・職種のお客さんが来店するため、アルバイト経験を積むうちに接客スキルやマナーが身についていくでしょう。

業務内容に関するスキル

コンビニの業務内容は徹底的にマニュアル化されているため、採用時に特別なスキルは求められません。実際に従事しながら覚えていけば良いでしょう。ただし、新しいサービスが次々に導入される職場のため、仕事をきちんと身につける意識がないと、アルバイトを続けていくのは難しいです。

仕事を効率よく回すスキル

また、先の項目でご紹介したように、コンビニアルバイトの業務内容は幅広いです。レジ業務を最優先しながら、ほかの仕事を並行してこなしていく必要があります。そのため、優先順位を考えながら効率よく仕事を回すスキルが身につくはずです。また、コンビニでは最新の商品やサービスを扱うため、社会のトレンドを意識したマーケティングスキルも身につきます。

コンビニでのアルバイトの時給と勤務時間帯

コンビニは24時間営業のため、早朝・昼間・夜間・深夜と幅広い時間帯から自分のライフスタイルに合わせてシフトを選ぶことが可能です。コンビニアルバイトの時給は地域や時間帯によって異なりますが、相場目安はどれくらいなのでしょうか。

まず、東京都のコンビニアルバイトの相場を確認してみましょう。平均時給は1,000円ほどです。さらに深夜帯のシフトは高めで、時給1,300円以上のことも珍しくありません。特に都心部や駅前の店舗は、1日を通して高めの時給が設定されています。

地方別のコンビニアルバイトの平均時給は下記のとおりです(2018年3月現在)。バイト選びの参考にしてください。

  • 首都圏(1都6県)…約910円
  • 関西地方…約860円
  • 東海地方…約860円
  • 北海道・東北地方…約800円
  • 北陸・甲信越地方…約810円
  • 中国・四国地方…約800円
  • 九州・沖縄地方…約770円
  • 全国平均…約820円

コンビニでアルバイトをするメリット

コンビニの特徴や業務内容から、コンビニアルバイトのメリットとしては次の3つが挙げられます。

豊富な選択肢からアルバイト先を選べる

コンビニは全国に店舗があるため、勤務先の選択肢が多いことが魅力です。そのため、生活スタイルに合わせて都合の良い勤務先を選ぶことができます。最寄り駅の近く・家の近隣・通学ルートなどにある店舗は、通勤しやすいのでおすすめです。時給や勤務条件を複数の店舗で比較して選ぶのも良いでしょう。

業務マニュアルがあるので未経験でも安心

コンビニは全国の店舗で共通のサービスを提供するために、業務内容がしっかりとマニュアル化されています。経験者はもちろんのこと、未経験者も安心して仕事に取り組むことができます。そのため、アルバイト自体が初めての人にもおすすめ。経験を積むうちに、責任のある業務も任されるようになるでしょう。

シフトが自由・幅広い勤務時間帯が選べる

コンビニのアルバイトは従業員が交代で働く「シフト制」のため、予定に合わせた休みを取りやすいです。また、24時間営業のため、午前中・昼間〜夕方・深夜〜早朝など、働きやすい時間帯で勤務シフトを選ぶことができます。効率よく稼ぎたい場合は、時給の高い深夜や早朝がおすすめです。

コンビニでアルバイトをするデメリット

これまでコンビニのアルバイトのメリットを中心に紹介しましたが、デメリットも確認しておきましょう。

時間帯・季節によっては、かなり多忙になる

コンビニは客足に波があり、特に朝の通勤・通学時間帯や、昼休みの時間帯は会計を急ぐ利用客が集中します。また、近隣の施設でイベントが開催されたときや、クリスマスなど季節行事の時期は、多忙を極めるでしょう。お客さんがそれほど多くない時間帯であっても、人員が少ないシフトの場合は、従業員ひとりひとりの仕事の負担が大きくなります。

業務内容が幅広く覚えなければいけないことが多い

かつてコンビニアルバイトの仕事といえば、レジ業務と店内の清掃程度だった時代もありました。しかしこの記事の冒頭でも紹介したように、現在のコンビニの受付業務は多岐にわたるため、覚えなければならないことが多いです。仕事に慣れてきても、今後新しいサービスが導入された場合は、覚える項目がさらに増えるでしょう。

自分の都合にあわせてコンビニのアルバイトに挑戦してみよう!

コンビニのアルバイトは業務内容が幅広いため覚えなければならないことが多く、時間帯や季節によってはかなり多忙なこともあります。しかし大変な面もある分、さまざまな客層に対する接客スキルや、優先順位を考えて効率よく仕事をさばくスキルが身につくため、アルバイト以外の場面でも役立つでしょう。

参考

[1]コンビニのアルバイト・バイト・パートの平均時給
[2]https://townwork.net/jobCategory/jc_002/jmc_00208/jikyuu/
[3]2018.03.08

関連リンク

コンビニ関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180319124010j:plain

著者:山路道子

IT系企業でウェブサイトの立ち上げ・SEO対策などに従事。その後独立。