キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

企業研究で知っておきたい!女性活躍のサポートに取り組んでいる企業

女性の活躍を促す法律が施行されたことで、近年ますます女性の活躍推進に力を入れる企業が増えています。今回は、先進的な取り組みを持つ企業の具体例もご紹介します。応募先企業選びの1つの要素として、役立ててみましょう。

企業研究前に知っておきたい!女性の活躍を促す法律『女性活躍推進法』とは?

女性が活躍できる企業への就業を望む上で、前提として理解しておきたいのが『女性活躍推進法』です。2016年4月に全面施行されたこの法律は、常時301人以上雇用する企業において、女性活躍のために下記のような取り組みを義務付けるものです。(300名以下の企業は努力義務となっています。

女性活躍推進法が義務付ける取り組みとは?

  • 女性の活躍状況を把握し、課題分析を行う
    →採用者に占める女性比率、勤続年数の男女差、労働時間の状況、管理職に占める女性比率などを把握・分析
  • 行動計画の策定、社内周知、公表、届出を行う
    →前項の把握・分析のステップを経て、具体的な行動計画を立てる
  • 自社の女性の活躍に関する情報を公表する

この取り組みが優良な企業は、各都道府県労働局に申請することで、女性が活躍している証と言える「えるぼし認定」を受けることができます。評価項目は、採用、継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコースの5つで、基準を満たしている項目の数によって3段階に認定レベルが分けられています。

ご紹介したように、女性が活躍する企業がこの法律によってますます可視化しやすくなり、今後より積極的な各社での取り組みが期待されています。

一方で、「えるぼし認定」以外にも、法律施行前よりさまざまな観点から「女性の活躍」について評価を受けている企業が数多く存在していることも知っておく必要があります。それぞれの企業がWebサイトなどで紹介する「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を認めて、組織の力に活かすこと)」の取り組みについて調べ、どのような環境や制度があるのか理解を深めてみましょう。

f:id:epb0804:20180126172501j:plain出典:写真AC

企業研究で知っておきたい!女性活躍のサポートに取り組んでいる企業(1)資生堂

では次に、女性活躍のためのサポートに積極的に取り組む企業の具体例を紹介していきます。

はじめにご紹介するのは、資生堂です。
資生堂は日本の企業の中でも早くから女性活躍のための取り組みに励んできた企業の1つ。日経WOMANが主催する「女性が活躍する会社BEST100」において2014年から3年連続で総合1位を獲得するなど、対外的にもその取りみが評価されています。

具体的な取り組み内容

  • 女性のリーダー任用と人材育成強化の推進
  • 働き方見直し(全社消灯、定時退社デーの設定など)
  • キャリアサポートフォーラムの実施(女性社員のキャリア形成などをテーマとしたフォーラム)
  • 「きゃりなびランチ」による社内ロールモデルの共有

また、2017年には日本企業では初めてUN Women(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)と契約を締結したのも注目ポイントです。日本のジェンダー平等を推進するリーダーとして、資生堂はUN Womenが取り組む「HeForShe」のキャンペーンをはじめ、さまざまなアクションを通じて社内だけでなく社会におけるジェンダー平等を促進させていくことを試みています。

▽資生堂に関するクチコミはこちら
資生堂の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

企業研究で知っておきたい!女性活躍のサポートに取り組んでいる企業(2)JTB

次にご紹介するのは、JTBです。
JTBも女性活躍推進法施行前より、女性の活躍のためにアクションを起こしてきた企業の1つです。とりわけ注目度の高いのは「役員への女性登用率」。2016年時点での役員の女性比率は37.6%となっており、上場企業全体での女性役員比率は平均約3%であることを比較すると、非常に高い水準にあることが分かります。

具体的な取り組み内容

  • JTBダイバーシティアワードの実施(グループ、支店などで実施された取り組みを表彰、全社共有。子育て中の社員が交流できる仕組みなどの表彰実績有)
  • 営業部門における「働き方見直しプロジェクト」(長時間労働の改善と長く働き続けられる環境づくり)
  • 女性渉外営業職向けメンタリング研修の実施
  • 店頭営業職向け育児休暇後復帰セミナーの実施

こうした取り組みを通じて、JTBは2015年に経済産業省が表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれ、対外的にも女性の活躍についての取り組みが高く評価されています。

▽JTBに関するクチコミはこちら
JTBの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

企業研究で知っておきたい!女性活躍のサポートに取り組んでいる企業(3)セブン&アイ・ホールディングス

次にご紹介するのは、セブン&アイ・ホールディングスです。
コンビニからスーパー、百貨店、銀行など、女性が顧客となることの多い事業を幅広く展開していることから、女性の視点を活かした商品・サービス・売り場づくりを目標に、2012年「ダイバーシティ推進プロジェクト」をスタートしました。経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する、女性活躍推進に優れた企業を選定・発表する「なでしこ銘柄2017」においても、小売業部門の「なでしこ銘柄」と認定されています。

具体的な取り組み内容

  • 「子育てコミュニティ」の開催(社員同士の仕事と子育て両立についてのディスカッションと情報共有)
  • 女性管理職育成のための「なでしこアカデミー」開催
  • 「スポット保育」の実施(大型連休等の繁忙期に、臨時保育施設を自社会議室や事業所付近の施設に開設、セブン-イレブン・ジャパン)
  • 育児・介護両立支援制度「リ・チャレンジプラン」の実施(イトーヨーカドー)

グループ全体で明確な方針を掲げて取り組みを見せていますが、グループ各社での取り組みがグループ全体の取り組みへと発展するケースもあるようです。

▽セブン-イレブン・ジャパンに関するクチコミはこちら
セブン‐イレブン・ジャパンの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

企業研究で知っておきたい!女性活躍のサポートに取り組んでいる企業(4)第一生命保険

最後にご紹介するのは、第一生命保険です。
もともと、女性社員の比率が9割以上と非常に高いこともあり、早くから女性の活躍推進に取り組んできました。日経WOMANが主催する2017年の「女性が活躍する会社BEST100」においては、見事1位を獲得し、対外的にも女性の活躍のための取り組みを積極的に行う企業として評価されています。

具体的な取り組み内容

  • 生涯設計デザイナーのキャリアプランに合わせた人材育成プログラムの実施(プロフェッショナルコース、マネジメントコースの設定)
  • 女性リーダーの育成強化(次世代女性リーダー塾などの機会提供や、役員が直接メンターとして関わる仕組み構築 など)
  • 社内ネットワークの構築と強化(女性部長の会発足、女性管理職のロールモデルとしての研修や勉強会参加 など)
  • ファミリーフレンドリー(仕事と家庭の両立支援)制度の充実(産前産後、育児中、介護中などのサポート制度)

第一生命保険は2009年に、女性支援の方針を「仕事と育児の両立」から「女性の活躍推進」へとシフト。その1つの取り組みとして内勤職を従来の総合職・一般職という区分からグローバル・エリアという区分に変更し、職務内容の垣根をなくすように努めてきました。
特にエリア職は女性社員が大半を占めていることから、社内での女性活躍を推進するために女性リーダーの排出に注力。より多くの女性社員が活躍できるよう取り組みを続けているようです。

▽第一生命保険に関する口コミはこちら
第一生命保険の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

企業研究でわかる!女性活躍のサポートに力を入れている企業は増えている傾向あり

女性活躍推進法の後押しもあり、今回ご紹介した企業以外にも女性の活躍推進に力を入れる企業はますます増えています。企業研究を通じて各社で具体的にどのようなサポートがあるのかを理解し、応募や入社の検討に役立てましょう。

関連リンク

企業研究のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
資生堂の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
JTBの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
セブン‐イレブン・ジャパンの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
第一生命保険の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。