【業界研究】業界別の割合あり!女性管理職の割合が多い業界トップ5

女性も活躍できる社会になりつつある今日ですが、実際に女性が出世しやすい業界はどこなのでしょうか。今回は女性が管理職についている割合を業界別にご紹介するとともに、女性管理職増加への今後の取り組みについてもお伝えします。

業界研究前に知っておきたい!女性管理職の割合と傾向

まずは、帝国データバンクが全国の企業に対して実施した『女性登用に対する企業の意識調査(2017年)』のデータをもとに、女性管理職の割合に関する統計調査を確認しておきましょう。データを簡単にまとめると次の通りです。

■調査対象(23,767社、有効回答企業10,093社、回答率42.5%)
■地域 47都道府県
■業界 農林水産業、金融、建設、不動産、製造、卸売、小売、サービスなど
■企業規模 調査対象の企業のうち、大企業が20.7%、中小企業が79.3%(うち小規模企業25.6%)

この調査でわかった女性管理職や女性従業員の割合は以下のとおりです。

  • 女性管理職の割合は平均 6.9%(前年比 0.3 ポイント上昇)
  • 従業員全体の 女性割合は平均 24.6%(前年比 0.4 ポイント上昇)
  • 女性役員は平均 9.3%(前年比 0.6 ポイント上昇)
  • 女性社長の企業では、女性管理職割合は平均 20.5%、役員は平均 40.0%となり、男性社長の企業より10ポイント以上高い
  • 今後、自社の女性管理職割合が増えると見込んでいる企業は 24.0%
  • 女性の活用や登用について「社内人材の活用・登用を進めている」企業は 43.0%
  • 「社外からの活用・登用を進めている」企業は12.7%

データを見ると、女性管理職登用に注目が集まっていることがわかります。その1つの要因として、2016年4月に施行された女性活躍推進法の存在が挙げられます。
女性活躍推進法では国・地方公共団体、301人以上の大企業に対して、以下のようなことが義務付けられています。なお、300人以下の中小企業は努力義務となっています。

  • 自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析
  • その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取り組みを盛り込んだ行動計画の策定・届け出・周知・公表
  • 自社の女性の活躍に関する情報の公表

また、女性活躍推進に関する取り組みの実施状況が良い企業については、厚生労働大臣の認定を受けることができ、企業PRに活かせる仕組みになっています。

▽女性の将来、どう考えてる?気になるみんなのクチコミを見るならこちらから!
女のコ、将来をどう考えていますかのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180425172229j:plain出典:fotolia

業界研究で知っておきたい!女性管理職の多い業界トップ5

『女性登用に対する企業の意識調査(2017年)』では、女性管理職の割合が多い業界がわかります。ここではランキング形式で確認しておきましょう。

1位:不動産業 13.1%、

不動産業は不動産の販売、賃貸などを通じて利益をあげていく業界です。仕事内容は営業や、事業用地を取得するディベロッパーなどがあげられます。対人交渉が得意な女性が活躍しやすい業界のようです。

2位:小売業 11.4%

小売業全体では11.4%で2位となっていますが、さらに細かく分類すると、繊維・繊維製品・服飾品小売 (34.0%)、医薬品・日用雑貨品小売(30.7%)のように女性管理職の登用が3割を超えている業界もあります。アパレルや雑貨など、女性の感性が活かされていると考えられるでしょう。また、家具類小売も11.8%とやや高めの数値となっています。

3位:サービス業 9.9%

サービス業のなかで女性管理職の割合が高かったのは、医療・福祉・保健衛生(22.6%)、教育サービス(19.3%)と旅館・ホテル(13.0%)です。いずれも伝統的に女性の働く割合の高い分野であり、対人能力を発揮している女性が多いと考えられます。なかでも医療・福祉・保健衛生の業界は高齢化が進む中で多くの人の力が必要であり、今後も多くの女性が活躍することでしょう。

4位:金融 9.6%

金融業界は銀行、証券会社、保険会社などが挙げられます。保険会社のなかには、住友生命保険や第一生命保険など、女性の登用に積極的な会社が多くあります。金融業界も店頭などで対人能力が必要とされる業界であり、コミュニケーション力に自信を持っている女性が多く活躍していると考えられます。

5位:卸売 7.1%

メーカーと小売業者をつなぐ卸売業界が5位にランクインしています。社外の人ともうまくコミュニケーションを取り、調整役となることも期待される仕事です。卸売業界のなかで特に女性管理職の割合が高いのは繊維・繊維製品・服飾品の分野(12.2%)。服飾品のなかには女性向けのものも多いので、それだけ女性の力も必要とされているのでしょう。

ただし、1位の不動産業、2位の小売業、3位のサービス業は、いずれも離職率の高い業界であるということは頭に入れておく必要があります。女性管理職の割合が多かったとしても、必ずしも働きやすい業界とはいえないのです。もちろん企業ごとに状況は違うので、企業研究をしっかり行うことも大切です。

ちなみに6位以下は次のとおりです。

6位:製造5.3%
7位:農・林・水産
8位:建設4.8%
9位:運輸・倉庫4.6%

建設業界や運輸業界など、体力が必要な仕事は女性役員の登用率が低い傾向にあるとが読み取れます。ただし、どの業界であっても女性の力を必要とする企業は多いので、自分の興味・関心を大切に業界選びをすることは忘れないでくださいね。

業界研究ついでに知っておこう!女性管理職増加への今後の取り組み

日本政府は、2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%に引き上げる目標を掲げていますが、まだまだ道のりは遠いのが現状です。指導的地位とは具体的に「議会議員、法人・団体等の課長相当職以上、専門的・技術的な職業のうち特に専門性が高い職業に従事する者」と定められていますが、帝国データバンクが行った『女性登用に対する企業の意識調査(2017年)』において、女性管理職の割合は平均 6.9%に留まっています。

女性管理職増加のためには、まず女性が働きやすい環境を整えることが大切です。企業で実際に行われている取り組みには以下のようなことがあげられます。

  • 産休や育休から復帰した後の配慮
  • 産休や育休中の情報提供
  • 転勤への配慮
  • 複数担当制を敷き、産休や育休を取りやすくする
  • 短時間勤務制度の導入
  • 在宅勤務制度の導入
  • 事業内託児所の設置、ベビーシッターの利用支援
  • 機器を使い、作業の負担を軽減させる

また、女性を登用するための取り組みとしては次のようなものがあげられます。

  • 一般職から総合職などへの転換を推進
  • 女性の採用割合を増やす目標の設定
  • 女性がいない部署や、少ない部署へ女性を配置する
  • 女性同士の交流機会を設ける

労働人口が減る中、女性も貴重な戦力と考える企業は増えています。もちろん、女性が自分らしいキャリアを選択できるような環境づくりが大事なのは言うまでもないでしょう。今後このような女性活躍推進の動きは加速していくと考えられます。

女性管理職の割合は業界で隔たりあり…しかし今後は増える見込み大!

女性管理職は近年増えてはいますが、まだまだ少ない傾向にあります。今後女性管理職の増加が期待できますが、女性管理職として活躍したい場合は、女性管理職が実際に多い業界を選ぶのも1つの方法です。自分のやりたい仕事で女性がどれぐらい活躍しているのか、実際に調べてみるのも大切ではないでしょうか。

参考

[1]女性管理職の割合と傾向(帝国データバンク)
[2]https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p170802.html
[3]2018.01.24

[1]『新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)』
[2]http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11652000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu-Jakunenshakoyoutaisakushitsu/0000177641.pdf
[3]2018.01.24

[1]女性登用に対する企業の意識調査(2017年)
[2]https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p170802.html
[3]2018.02.09

関連リンク

女のコ、将来をどう考えていますかのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。