キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

ボストンキャリアフォーラムで内定を狙いたい人必見!攻略法解説!

ボストンキャリアフォーラム(通称:ボスキャリ・BCF)とは、アメリカ・ボストンで行なわれるディスコ主催の海外開催最大級の日英バイリンガル向け就職・転職イベントです。原則3日間の開催期間内で即内定が出ることもあるため人気の就活イベントです。今回はボスキャリの基礎知識から攻略法までご紹介します。

ボストンキャリアフォーラムとは?

株式会社ディスコが主催する就職イベント「キャリアフォーラム」シリーズのなかでも、いちばん長い歴史があるのが「ボストンキャリアフォーラム」。毎年、10月~11月の3日間、アメリカのボストンにあるBoston Convention and Exhibition Centerで開催されます。
1987年に第1回が開催されて以来、日英バイリンガルや北米大学への留学者には欠かせない就職イベントとして、企業・学生双方から支持されています。2017年開催のボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)は、参加企業200社以上、参加者はのべ8,000人以上という過去最大級の規模で開催されました。

基本的に留学生を対象としたイベントですが、国内大学を卒業の人にもチャンスがあるイベントとして注目されています。

▽ボストンキャリアフォーラムに関する就活生のクチコミはこちら
ボストンキャリアフォーラムのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180208145905j:plain出典:写真AC

ボストンキャリアフォーラムに参加するには?

まずはボストンキャリアフォーラムへの参加の流れについて確認しましょう。

▼参加予約登録をする
株式会社ディスコが運営する、キャリアフォーラムネット(CFN)に登録します。キャリアフォーラムネットとは、バイリンガル向け就職・転職サイトです。イベントに参加せず、こちらの就活ナビサイトだけを利用して就職・転職活動をすることも可能です。また、ボスキャリ以外のバイリンガル向けキャリアフォーラムの予約も、このサイト上で受付できます。

▼各キャリアフォーラムへ参加予約をする
キャリアフォーラムネットから各キャリアフォーラムへの事前参加予約を行ないます。イベント開催の数ヶ月前から予約受付がはじまります。例年、ボストンキャリアフォーラムのは直前でも予約が可能です。また、参加条件はありますが、「トラベルスカラシップ」という交通費及び宿泊費の補助の受付もキャリアフォーラムネット上で行なわれます。

▼各企業へ事前応募する
詳しくは次の見出しで説明しますが、ボストンキャリアフォーラムは説明会のみでなくそのまま選考へ進む就職イベントなので、企業への応募も事前に行ないましょう。多くの参加企業が、同じくキャリアフォーラムネットで選考の予約を受け付けています。なかには事前に書類選考を実施する企業もあるため、なるべく早い段階に参加予約を行ないましょう。

内定が早い?ボストンキャリアフォーラムの選考の流れ

ボストンキャリアフォーラムは、国内で開催される新卒学生向け合同企業説明会のような「企業説明会」だけではありません。この3日間のイベント内で、選考・内定まで進む「短期決戦」の就職イベントである、という点が特徴です。面接が行なわれるため、当日のドレスコードはスーツと決まっています。

学生は、前もって志望企業へキャリアフォーラムネット上で事前応募を済ませておき、企業によっては書類選考やWebテストを受けて、当日の面接を受けます。
また少数派ではありますが、なかには事前応募が不要な企業もあるので、そういった企業に当日応募することも可能です。このスタイルを、ボスキャリでは「ウォークイン」と呼びます。志望度は高くないと見なす企業もあるため、できるだけ事前応募をしておきましょう。

当日は分刻みのスケジュール管理が必要です。レジュメ(日本でいう履歴書・職務経歴書)を提出し、合格者がブース内掲示板に張り出されるか電話で呼び出しを受け、面接用のインタビュールームで複数回面接を繰り返します。

ボストンキャリアフォーラムの選考で、最大の特徴が「ディナーへの誘い」です。キャリアフォーラム会場は、夜19時で閉場します。その後、企業の採用担当者からディナーの誘いがあった場合、内定の確率がぐっと高くなります。学生によっては、どの企業のディナーに参加するか、その場で決定しなければなりません。ボスキャリでの面接は短時間のため、このディナーで学生のコミュニケーション能力をじっくりはかる、という企業も多いです。面接という意識を持って参加しましょう。

ボストンキャリアフォーラムで求められる人材像とは

ボストンキャリアフォーラムの参加資格は、以下のように規定されています。
(CFN BOSTON CAREER FORUM 2017より抜粋)

▼日本語力、英語力ともに少なくとも初級レベルをお持ちの方で以下のいずれかの条件を満たす方
▼日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、博士等)の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
▼1年以上の交換留学経験をお持ちの方で日本の学士又はそれ以上の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
▼留学経験をお持ちの職務経験者や海外での職務経験をお持ちの方

こうして見ると語学力を重視されているように感じるかもしれませんが、参加企業は必ずしも「高い語学力」のみを評価して、留学生採用に取り組んでいるわけではありません。なかには、会話力はコミュニケーションレベルにとどまる学生や、1年未満の留学経験しかない学生でも、十分な企業研究を行い応募企業を決めたのが功を奏し、ボストンキャリアフォーラムで内定を得た事例が報告されています。このようにボスキャリに参加する企業のなかには、学生の語学力よりも行動力などを重視・評価しているところが多数あるのです。

初日が勝負!ボストンキャリアフォーラムの攻略法

ボストンキャリアフォーラムで内定を得るためには、知っておくべき「攻略法」があります。最低限、この3点について押さえましょう!

▼必ず初日からボスキャリに参加する
3日間という短期決戦のボストンキャリアフォーラム。実は、「3日間」のうち、もっとも重要なのは初日です。多くの参加企業が、初日の夜に学生をディナーへ招待し、いちばん多く内定をオファーします。それですべての採用人数を満たすことになれば、2日目や3日目のウォークインや面接はすべてキャンセルして採用担当者が帰国してしまうこともあります。特に、初日のいちばん初めの受付に来る学生は、志望度合いの高い学生として認識します。第一志望には初日の午前中に訪問予約をとるか、レジュメの提出に行きましょう。

▼ボスキャリ事前準備はしっかりと
当日は数千人がボスキャリに集結します。飛行機・ホテルはボストンキャリアフォーラムの日程が発表されたらすぐに押さえておきましょう。「トラベルスカラシップ(交通費補填制度)の結果が出てから…」では、間に合わない可能性があります。また、例年多くの学生が困るのは「事前予約で用意するネームタグの用意し忘れ」「レジュメのプリントアウトがたりない」「当日連絡がとれる携帯電話がない」という準備不足です。プリンターは会場にも用意されていますが、毎年長蛇の列になります。無駄な時間を使わないために入念にチェックしましょう。

▼企業研究・就活対策は国内と同じように取り組む
まずはインターンシップ生として入社…というアメリカ国内の採用のステップと違い、採用担当者も日本国内から参加しているケースがほとんどです。志望動機や自己PRのレベルは、国内同様の高いものを求められます。日本語、英語ともに準備が必要です。

外資系や海外企業を狙うならボストンキャリアフォーラムに参加!

外資系や海外企業から、バイリンガルを評価する国内企業までが一堂に集まるボストンキャリアフォーラム。事前準備にきちんと取り組むことで、10月~11月という国内の就職活動とは違ったスケジュールで就職活動をすることが可能です。ボスキャリの参加条件にとらわれすぎず、まずはキャリアフォーラムネットに登録してみましょう!

参考

[1]ボストンキャリアフォーラム 2017
[2]https://careerforum.net/ja/event/bos/
[3]2018.01.17

関連リンク

ボストンキャリアフォーラムのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20171018144023p:plain

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。