キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【企業研究・三井住友銀行】積極的に海外に進出する戦略とは

ビジネスモデルの転換が求められる銀行業界

2019年卒 新卒就職人気企業ランキング(「みんなの就職活動日記」調べ)の総合ランキング第70位にランクインした三井住友銀行。3大メガバンクのひとつ、三井住友ファイナンシャルグループの中核となる企業です。

銀行業界では現在、ビジネスモデルの転換が求められています。というのは、国内の貸出利益が低下しているからです。したがって各銀行は、国内の貸出以外の収益を得る事業に可能性を見出そうとしています。その中でも最も重要な戦略が、銀行の海外進出といえるでしょう。

日本の銀行は従来から海外事業を展開していましたが、ヨーロッパや中国が中心でした。ところがヨーロッパの経済が低迷し、中国の人件費が高騰、日中の関係が悪化したことにより、事業基盤が失われました。そこで注目されるようになったのが、東南アジアへの進出です。

三井住友銀行は「アジア・セントリック」として、アジアにおけるビジネス強化を最重要の経営課題としています。

2015年にミャンマーのヤンゴン市にヤンゴン支店、フィリピンのマカティ市にマニラ支店を開設など、海外拠点を拡充しました。また、カンボジアのアクレダ銀行に出資するなど、アジアの有力金融機関と関係を深めています。

しかし、出資していたインドネシアの年金貯蓄銀行BTPNの株価下落により、550億円の減損も出しました。中国経済の景気減速が、東南アジア諸国にも影響を及ぼしているようです。アジア進出は不安定な要素もあります。

2016年には、タイで企業の資金効率改善を支援する「サプライチェーン・ファイナンス」と呼ばれる新サービスを展開。ミャンマーの日系企業に対して、あらかじめ約定したレートで米ドルとミャンマー通貨チャットの両替を行う、ミャンマーでは初めての先物為替予約サービスも始めました。

東アジアをめぐる動向では、AEC(ASEAN経済共同体)として、関税の撤廃や活発な貿易、人材雇用の促進を行う構想もあります。構想はブループリント通りに進行していない状況もあるかもしれません。とはいえ、銀行を問わず日本の企業は東南アジア諸国に注目しています。

三井住友銀行の特長として、トップの三菱東京UFJ銀行には及びませんが、メガバンク第2位の規模のみずほ銀行を抜いて収益性の面では第2位という点があります。銀行の収益力をみる指標には、「業務純益(一般貸倒引当金繰入前)」が使われます。業務純益とは、銀行が融資など本業で得た利益を示します。実際にサイトで確認してみましょう。

▽三井住友銀行に関する就活生のクチコミはこちら
三井住友銀行の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180131160041j:plain出典:pixta

募集職種から考える銀行の仕事

三井住友銀行の募集職種には、次のようなものがあります(2016年度参考)。

総合職

高度な金融知識を駆使して、顧客にソリューションを提供する仕事です。「法人部門」は、企業を対象として、資金調達やビジネスを拡大するための提案をします。「投資銀行部右門」は、国内外で繰り広げられる大規模なプロジェクトの立ち上げに関わり、ビジネスのチャンスを創出しています。「国際部門」は、地域の文化や商習慣を理解した上で顧客のニーズに応えます。

総合職(リテールコース)

基幹職種のひとつであり、個人に対する融資のノウハウを生かしながら、中小企業を中心とする法人、本部における企画や営業推進支援などが仕事です。

ビジネスキャリア職

支店における事務手続き、接客などお客様に対するサービスの他、法人営業部やリテールコースのサポートをします。

銀行を志望する際に考えておきたい視点は、「銀行の仕事は融資だけなのか」ということです。もちろん仕事として行う業務は融資であったとしても、そのお金を使う方々は、さまざまなことに悩み、ときには相談したり話をきいてもらいたいことがあります。

三井住友銀行は、中小企業向けの融資に強いという特長があります。大企業であればともかく、中小企業の経営者は、みずから出張で営業しながら夜中には経理までやっている場合も少なくありません。そのような社長が時間を割いて融資のために銀行を訪れたとき、どのような対応をするかによって、評価が変わるのではないでしょうか

あらゆる業種の企業、あるいは商店街、学校、個人とつながりがあるのが銀行の仕事です。お客様の商売が繁盛し、地域社会が活性化すれば、それだけ銀行の仕事も拡大します。お金のやり取りだけでなく、人とのつながりを大切にすると、銀行の仕事の意義も変わってくるかもしれません。

チャレンジ精神と柔軟な発想を求める

業界研究で触れたように、銀行では海外、特にアジア諸国への進出が活発化しています。総合職では国内にとどまらず、海外を舞台とした仕事もあるでしょう。

三井住友銀行の求める人材像は「若者らしいチャレンジ精神と柔軟な発想を持った人」(『就職四季報 2017年版』東洋経済新報社)。ビジネスモデルの転換が求められている銀行業界で、銀行という枠にとらわれずに果敢に挑戦してみてはいかがですか。

【参考資料】

  •  「三井住友はインドネシアで550億円の減損」東洋経済ONLINE
    http://toyokeizai.net/articles/-/92886
  •  『会社四季報 業界地図 2016年版』東洋経済新報社
  •  『最強の業界・企業研究ナビ2017 全18業界完全対応』木之本敬介+あさがくナビ編集部著 朝日新聞出版
  •  三井住友銀行コーポレートサイト
    http://www.smbc.co.jp/

関連リンク

2019年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就
三井住友銀行の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

監修:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。