外資系企業の就活で求められる英語力のレベルは?勉強はどうする?

外資系企業に就職を目指す場合に、気になるのが「どのくらい英語力が求められるか」という点でしょう。今回は採用時や入社後にそれぞれどの程度の英語力が求められているのかに加え、就活前の対策などについてご紹介します。

外資系企業では英語が必須?その理由

一口に外資系企業と言っても、英語の使用頻度や求められる場面は企業によってさまざまなのが実態です。普段の業務で関わる社員やお客様が日本人ばかりの場合は、外資系であっても基本的に日本語を使用するというケースも少なくありません。しかし、海外に本社があり、多国籍の社員を抱える企業であれば、英語力があった方が有利になる場合や、異動によって日常的に英語でコミュニケーションを取る必要が出てくることもあるのです。そのため、どのような企業であっても外資系企業に就職するのであれば、英語を使う必要が出てくると考える方が良いでしょう。
仕事をするうえでは、具体的に下記のような場面で英語を使用することが想定されます。

  1. 海外にある本社や拠点とのコミュニケーション(メール・電話・出張者対応 など)
  2. 上司とのコミュニケーション
  3. 社内資料の読み取りや作成
  4. 顧客へのプレゼンテーション
  5. 国を超えた異動により英語のみ使用する環境で働く など

使用頻度や場面は企業によって差があり、日常的には英語でのメールや簡単な電話での応答だけできれば良いというようなケースから、専門的な内容まで英語でプレゼンテーションをしなければならないようなケースまでさまざまです。より高い英語力を求められる企業では、入社時から社内公用語が英語であるケースや、日本に拠点を置いていても外国人社員の比率が高い環境、ということも少なくありません。
以上のことから、各企業における英語使用の実情をしっかりと入社前に理解しておくことが大切です。

f:id:hito-contents:20180423160117j:plain出典:写真AC

外資系企業を目指すために必要な英語レベルはさまざま

それでは次に、外資系企業を目指す際に求められる英語レベルについてより詳しく見ていきましょう。

採用時に求められる英語レベル

まずは、応募要件にTOEICなどのスコアに関する条件がないか確認しておきましょう。

応募要件としてスコアの指定がある場合には、TOEIC700〜800点以上を条件にしているケースが多いです。日常業務での英語使用頻度や業務内容によって、求められるスコアは違います。メールや電話でのやり取りが中心の場合は700点程度、会議に出席しディスカッションをするなど使用頻度が高い企業では、少なくとも800点以上が目安となります。
日本で採用された場合にはTOEICのスコアが応募資格として認められるケースがほとんどですが、なかにはTOEFLやIELTSなど、より国際的に認知度の高い語学試験のスコアを求められることもあります。いずれにしても、試験を受けて、スコアを取得するには一定の期間が必要です。就職活動が本格化する前に確認をし、受験しておきましょう。

一方で、こうした語学試験のスコアはあくまで参考であるという点にも注意が必要です。
特に日常業務で英語が必要な場合は、実際に英語を使ってスムーズにコミュニケーションが取れるのかという点の方が、語学試験のスコアよりも遥かに重要となります。
スコアが高くても、コミュニケーションができなければ仕事にはなりません。そのため、採用試験の際には英語面接を実施する企業も多いです。この点も必ず採用試験前に確認し、対策をしておきましょう。

▽TOEICに関するクチコミはこちら
TOEICのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

入社後に求められる英語レベル

日常業務で求められる英語力は企業によって異なりますが、入社後はさらに語学試験の重要性は薄れ、英語での業務遂行能力が重視されるようになります。
昇進する際に英語の必要性が高まることも多いほか、転職などをする際にも実務経験を求められるようになるので、中長期的に英語力を高める努力が求められます。

採用時は英語力不問でも、外資系では入社後に学ぶ必要が

ここまでご紹介してきた通り、採用時や入社後に求められる英語レベルは企業によってさまざまです。「まだまだ英語力には自信がないけれど、外資系企業で仕事をしていきたい」という方もいることと思いますが、実は入社時には高い英語力が必要ない企業でも、将来的に英語力が必要になることが多い点には注意が必要です。

なぜ採用時と求められる英語レベルが変わるのか?

  •  昇進して直接本社とコミュニケーションを取る頻度が増える
  •  海外拠点との会議の機会が増える
  •  直上司が外国人になる可能性が高まる など

入社時には日本拠点で日本人の上司と仕事をし、顧客も日本時という場合にはすぐに英語力を求められないことは多いですが、入社後に職位が変わったり、異動をしたりという変化によって一般的に求められる英語レベルは上がってきます。

また、外資系企業にいるからには英語力があるから任される仕事や、手を挙げられるチャンスがあるのも事実です。

英語力があればチャレンジできる仕事やチャンスの例

  •  海外出張を任されるようになる
  •  海外拠点と協力してプロジェクトを進められるようになる
  •  社内公募で海外拠点に異動できるチャンスがある など

このような観点から、例え入社後すぐに英語力が求められない場合であっても、必ず英語力を高める努力をする必要があると心得ておきましょう。

外資系を目指すなら実際にどの程度の英語力があればいい?

業務によって英語のスピーキング・ライティング・リーディング・リスニングで重要視されるスキルは違いますが、仕事をするうえでは細かな文法や発音よりも、「自分の意見を伝えられる英語力」が最低限求められます。会議や電話応対ならスピーキングやリスニング、資料作成やメール応対ならリーディングとライティングというように、志望企業において、業務上主に伝える手段として英語を使用する場面を理解しましょう。そして、自分が英語を使ううえで不安な部分や、よりブラッシュアップしたい部分をエントリー前に勉強しておくと良いでしょう。

具体的な方法としては、下記のようなものが挙げられます。

  1. オンライン英会話
    「自分の意見を伝えられる英語力」という観点からすると、スピーキングはやはり重要度が高いことが多いです。オンラインの英会話講座を利用すれば、比較的安価にレッスンを受講できるだけでなく、時間の融通も利くので、就活生にとっても現実的な手段と言えます。
  2. 英語でニュースを聞く
    リスニングを強化したい場合はYouTube、Podcast、海外ラジオのアプリなどを利用して英語でニュースを聞くなどの方法がおすすめです。ニュースのキャッチアップも同時にできるので、就活にはもってこいの方法です。
  3. 大学内での制度を利用する
    大学内で留学生と母語を教えあうランゲージエクスチェンジ制度や、格安の英会話講座を持っているケースは多いです。授業の合間などに効率よく利用できる点もおすすめです。

そのほか、英語面接や英語の履歴書の作成など、就活のための対策に不安がある場合には大学のキャリアセンター、留学経験者を支援してくれる就職エージェント、英会話教室でレッスンを提供している場合もあるので調べてみましょう。

また、社会人になってからの勉強方法も最後に併せて触れておきましょう。オンライン英会話や英語のニュース視聴は学生と同様おすすめの方法です。加えて、社会人になると使える時間が限られているので、出社前に英会話レッスンを受けたり、通勤中に勉強をしたりするなどの工夫がさらに大切になります。社内制度で英会話レッスンを提供していたり、勉強のための金銭的なバックアップをしていたりすることもあるので、ある場合はそうした制度も利用すると良いでしょう。

外資系企業を狙うなら英語対策にも手をつけよう

応募要件に TOEICのスコアや流暢に話せることが条件になかった場合でも、外資系企業で働くには、少なくとも自分の意見を英語で伝えられる程度の英語力があった方が有利です。早めに準備をスタートし、万全の状態で受験できるようにしましょう。

関連リンク

TOEICのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。