【広報への転職】未経験者/経験者がPRのプロになるには?

広報の仕事とは、社内や社外問わず多くの人とかかわることでやりがいのある仕事です。では、広報の仕事に転職するためには、どのように転職活動を進めれば良いのでしょうか?広報への転職を成功させるために必見な情報を提供します。

【広報への転職】仕事内容とは?

広報の仕事は、社外広報と社内広報の大きく二つに分けられます。社外広報は「企業の新商品や新サービスなどの広告やプレスリリースを出す」「取材に応じる」「SNSやブログによる自社情報の発信」「社内で問題が発生した際の危機管理対応」などがあります。新商品や新サービスなどの情報や、企業イメージを広く世間にアピールすることを目的としています。また、企業の顔として世間との窓口になる役割もあります。

広告を出す際はほとんどの場合広告代理店を使うので、代理店の社員との調整が主な仕事です。プレスリリースの発信をする際には、内容を企業ホームページに載せるほか、新聞社などに情報提供することも重要。また、新聞や雑誌、テレビなどの取材に応じる場合もありますし、SNSやブログで情報発信することもあります。そして、最も重要なのが、企業が問題を起こしてしまった場合に行う謝罪対応などの危機管理対策です。良いニュースも悪いニュースも、広報部が企業の顔として前面に出て対応しなければなりません。

社内広報の場合、社内の社員に向けた情報発信を行います。社内報や社内ブログ、SNSなどによる情報発信や社内イベントの企画、運営などを行います。社内広報の仕事には、社員に企業内の重要な情報を告知したり、社内の一体感を高めたりするという大事な目的があります。

社外広報や社内広報の仕事の一環として、顧客データや売り上げデータなどの情報収集や分析、情報や数値の管理などの地味な仕事も存在します。

▽広報の仕事を探すなら!求人情報はこちら
広報関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180420155316j:plain出典:pixta

【広報への転職】未経験の場合は?

広報へ転職したいものの広報の仕事経験がないという人は、転職活動においてどのようなことを心掛けるべきなのかを見ていきましょう。

まず、広報の仕事は、専門的なIT知識や免許は必要なく、仕事をはじめてから、仕事のノウハウやテクニックを経験を通して覚えます。とは言っても、仕事に必要なスキルや経験はあります。

それは、経営企画やマーケティング、営業の経験です。広報の仕事では、さまざまなイベントや世の中に企業を売り出す仕掛けを企画するため、経営企画の経験やどこに何を売り出すかを分析して知るマーケティングの経験があるととても有利です。そして、いろいろな場面に企業の良さをアピールしてスポンサーを探すこともあるため、営業経験があると強い武器になります。

広報の仕事は、そのほとんどが人とかかわる仕事であるため、高いコミュニケーション能力が必要不可欠です。そのため、営業や接客の経験やコミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。そして、広報の仕事でより高い成果を出すためには、高い情報管理能力と情報分析能力が必要です。自社の製品やサービスを効果的に売り出すためには、どの客層にどのようなアピールをすべきかを知るために過去の売り上げデータや顧客データ、マーケティング調査の結果をしっかりと情報収集し分析しなければなりません。

さらに、自動車メーカーなら自動車関連の仕事、食品メーカーなら食品関連の仕事など関連する業界での仕事経験があると、企業が扱う商品やサービスの知識や業務経験があるため仕事がしやすいでしょう。

【広報への転職】経験者の場合は?

広報の仕事の経験者は何をアピールしどのような転職活動を行えば良いのでしょうか?

広報の業務経験で培った言語化能力やコミュニケーション能力、情報感度の高さは必ずアピールすべきです。どのような表現でどのように伝えることで、多くの人に的確に情報を伝えるべきかという具体的なノウハウを持っていることは、強力な武器になります。

どのような文章を用いれば人に情報が伝わりやすいのか、視覚的な情報をどのように取り入れるべきかなど、具体的な情報の言語化能力は実務を通してしか身につかないので、そのポイントを強くアピールしましょう。

そして、取材の際に人から情報を引き出す能力、人に情報を伝えるためのコミュニケーション能力も、仕事に役立つ形で持っているはずです。そして、どこに重要な情報があるのか、どの情報を選んで伝えるべきかという情報感度の高さも、実際に人に情報を伝えたことがある人にしかわかりません。

このような、実際の業務を通して培った広報の仕事に必要な能力を持ち、転職したらすぐにでも活かすことができるという強いアピールをすることで、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

【広報への転職】経験者の場合は?

広報の仕事経験がある人は、どのようなアピールをすると効果的なのでしょうか?アピール内容を間違えると、逆効果になってしまうことがあります。

広報の仕事は、ただ広く広報活動をすれば良いというものでもありません。どこに何をアピールすれば良いのかを知るためには、さまざまなテクニックが必要です。企業が最もアピールしたいことを言語化する能力や、広告代理店やスポンサーなどかかわる関係者が多い中で培った高いコミュニケーション能力は、高いアピールポイント。さらに、どのような広告媒体を利用すべきか、どの層に向けて広告を打つべきか、何が今世間に受けているのかなどの情報感度の高さも重要なアピールポイントになります。

しかし、ただ単に過去に培った言語化能力やコミュニケーション能力、情報感度の高さをアピールすれば良いというものでもありません。それらの能力が、面接を受ける企業が求める種類のものなのかが重要です。若い人向けの広報活動で結果を出していきたという経験は、中高年向けの商品を扱う企業でアピールしてもあまり意味がありません。

そこで、受ける企業が今後どのような経営戦略を打ち出すかということを知ったうえでアピール内容を変えるべきです。例えば、今までは若者層向けの製品を扱ってきたが顧客の層を広げて30代以上の大人の層向けに戦略転換をするのであれば、その層に向けた広報経験をアピールするのが効果的でしょう。「自社についてしっかり勉強しているな」という好アピールにもなります。

どんなに多くの経験があったとしても大事なのは、受ける企業が求める経験や実績を知った上でアピールするということです。

【広報への転職】持っておくといい資格は?

広報の仕事をするために役立つ資格には、「PRプランナー資格」と「商品プランナー資格」があります。これらの資格があるからと言って優先的に採用されるとは限りませんが、仕事に役立つ知識を身につけることができますし、資格を取得するだけの熱意があることをアピールすることができます。この二つの資格について詳しくご説明します。

PRプランナー資格

この資格は、「公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会」が主催している認定資格で、広報の仕事に必要な知識やスキル、職業意識を持っていることを認定するものです。試験は1次試験、2次試験、3次試験のレベルに分かれており、どこまでのレベルの試験を合格したかで与えられる認定資格が決まります。

  • 「PRプランナー」は1・2・3次試験の全てに合格し、PRプランナー書類審査に合格すると認定を受けることができる資格です。広報業務の実務を幅広くこなし、責任者をサポートするための知識や、適切な提案能力を持っていることが認定されます。
  • 「准PRプランナー」は1・2次試験に合格し、准PRプランナー書類審査に合格すると認定を受けられます。広報業務に必要な専門知識を有していることが認定されます。
  • 「PRプランナー補」は1次試験に合格し、PRプランナー補書類審査に合格すると認定を受けられます。広報業務に必要な最低限の知識を有していることが認定されます。

商品プランナー資格

商品プランナー資格認定試験は、日本商品開発士会が主催する認定資格です。認定基準は、「主に商品戦略、販売戦略、販売促進戦略の基礎的な知識と技術を身につけている」ということです。

広報へ転職してキャリアアップ!

未経験でも、マーケティングや情報分析などの知識や営業経験などがあると転職が有利になる場合があります。広報へ転職して過去の経験やスキルを武器にし、さらに資格を取得したり業務経験を積んだりしてキャリアアップを図りませんか?

関連リンク

広報関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。