【人事への転職】未経験者・経験者がキャリア形成を成功させるには?

人事という仕事にとても興味はあるが未経験、もしくは経験はあるけれど、よりキャリアを積むために転職をしたいと考えている人に向けて、経験者・未経験者別に人事への転職を成功させるための有益な情報を提供します!

【人事への転職】仕事内容とは?

人事の仕事は人事企画、採用、教育・研修、評価、労務の5つが中心で、企業の規模によってきっちり分業する場合もあれば、いくつか掛け持つ場合があります。

  • 人事企画:企業の経営目標を達成するために、部門構成や人員配置、採用計画を立案します。人事責任者が中心になって経営層と合意を取りながら進めます。
  • 採用:採用計画に従って必要な人員を採用する活動を行います。ハローワークや求人サイトへの登録、人材エージェントとのやりとりに加え、インターンシップなどの採用関係の独自イベントを企画・運営するのも人事の仕事です。
  • 教育・研修:社員の教育・研修を行います。入社時の導入研修は人事が直接担当しますが、マナー研修やスキルアップ研修などは、内容やスケジュールを立案し、社外に委託して研修終了までフォローするケースが多いようです。
  • 評価:多くの企業で実施されている「目標管理制度」や、成果を正当に評価するための「評価制度」を構築・運用する仕事です。新しく構築するケースは少なく、公正に運用されているかを確認することが主業務になります。
  • 労務:各種社会保険の手続きや勤怠管理、健康診断、給与計算、福利厚生業務や安全衛生管理などの仕事です。組合がある企業ではその対応も行います。書類や個人データを取り扱うことが多く、しっかり法規やしくみを理解して業務することが必要です。加えて長時間労働による過労死やうつ病、各種ハラスメントの発生が社会問題になっており、これらの対策も大切な業務です。

この中で転職市場では、採用担当と労務担当の案件が多いようです。

【人事への転職】未経験の場合は?

人事は本社スタッフの要として、新卒から自社で育成することが基本でしたが、新興企業や成長企業では、未経験でも人物本位で人事のキャリア採用を増やしています。特にインターネットサービスを提供するIT業界ではエンジニアの人材不足のため、採用担当の増員を進めています。人材ビジネス業界でもビジネスの拡大にともない、労務担当の採用強化を進めていますので、業界によっては未経験でも十分にチャンスはあります。

人事への転職に限らず、未経験職種への転職の際には、なぜその職種で働きたいのかという志望動機が重視されますので、前職とリンクさせてアピールすることが成功のポイントです。

未経験で採用担当の人事を希望する場合のアピール例

  • 広告代理店で営業をしており、クライアントの課題ヒアリングから提案・効果確認までの全般に携わった。具体的な成果を出した経験を採用担当で生かしたい。

未経験で労務担当の人事を希望する場合のアピール例

  • 飲食店の店長を経験し、アルバイトや新卒を教育しながら売り上げを達成するプロセスを通じて人の成長を支援する人事の労務担当に興味を持った。
  • システムエンジニアとしてITシステム開発の業務を通じて得た課題解決力や論理的な思考力と、プロジェクトメンバーの育成に携わってきた経験を生かして労務担当の仕事に就きたい。
  • 新卒で営業職として就職したが、学生時代にクラブでのマネージャーをした際に感じた「メンバーを裏方として支えて結果が出たときの嬉しさ」が忘れられないので、人事の労務担当として再出発したい。

【人事への転職】経験者の場合は?

人事経験者が他社の人事に転職したくなる動機を考えてみます。
「具体的な成果が見えにくい」という理由での転職は、人事職種にはつきもののため、他社でも解決は難しいと思います。

「兼務している総務業務が忙しく、人事の専門性が磨けない」という理由の場合、人事と総務がはっきりと分かれた企業なら解決できます。「創業してすぐの新興企業で、自分のスキルアップを図る時間もない」という理由だと、安定した企業なら解決できると思いますが、代わりに会社の成長とともに自身も成長できるという貴重な体験は得られないかもしれません。
やはり、何を目的に人事として転職するかを明確にする必要があり、それの転職目的を達成できる企業や業界を見つけることができれば、よい結果が出せると思います。

下記のような前向きな転職理由を前面に出してみましょう。

採用担当を希望する場合

  • 採用業務に特化してノウハウを身につけたいので、常時採用を行っているアウトソーシング企業の採用担当で経験を重ねたい。

労務担当を希望する場合

  • 労務関係のエキスパートを目指し、勤務しながら社会保険労務士レベルの知見を身につけたい。
  • 社員相談の経験を積み、産業カウンセラーやキャリアコンサルタント資格を取得して、その専門職として活動したいので、労務関係に専念したい。

ただ、人も組織も急には変わりませんので、人事として働き続けることを決心したら、どんな企業に転職したとしても、短期的な結果を求めず長期で考える姿勢を持ち続けてください。

f:id:hito-contents:20180420153711j:plain出典:fotolia

【人事への転職】持っておくといい資格は?

採用担当希望の場合:「キャリアコンサルタント」

・役割
新卒の就活生やキャリア転職希望者に対して、自己分析の方法や、エントリーシートの作り方、面接時の応対指導などを行います。また、企業内では、従業員のキャリア形成を支援し、キャリアプランを立てるために必要になる知識&資格取得の支援を行います。また、昇格・異動する社員に対し相談やアドバイスもします。
人事の採用担当がこの資格を持つことで、採用時に応募者側の視点に立って、適切に書類審査や面接を行うことができます。また、内定受諾するかどうか迷っている応募者に対して、キャリアコンサルタントのスキルや知識を活用してフォローすることができ、応募者に安心感を与えることで入社の確率をあげることができます。

・試験の内容と学習方法
国家資格で、合格後に登録した場合のみ「キャリアコンサルタント」と名乗ることができます。受験するには、厚生労働大臣から認定を受けている団体が実施している講座を合計140時間受講する必要があります。ロールプレイと呼ばれる実技もあります。就業しながら受験する場合、平日夜や土日を利用して講座を受講することになります。費用は30万~40万と高価ですが、教育訓練給付制度を利用すれば、合格後に最大70%が国から支給されます。
国家試験は年4回(2月、5月、8月、11月)実施されます。受験料は筆記試験8,900円、論述試験と面接試験は29,900円です。筆記試験は4択マークシート方式ですが論述試験は記述式です。面接試験はロールプレイ20分です。私も受験しましたが、なかなかのボリュームがあります。

未経験から人事の採用担当を目指す場合、応募前に取得しておれば、ほぼ採用されると思います。
また、採用担当から教育担当などへのキャリア展開も可能になります。

労務担当希望の場合:「社会保険労務士」

・役割
一般的に「社労士」と呼ばれ、社会保険に関する書類作成や、申請、給付などの手続きおよび給与計算を行います。さらに労務関係の相談やアドバイスなども行う労務の専門家です。労務関連の法律は複雑で改正も多く、その支援も行います。企業内の人事部の労務担当はもちろん、独立開業することができるレベルの資格です。

・試験の内容と学習方法
国家試験で受験制限があり、「学歴」はあまり問題はありませんが、「実務経験」を満たす必要があります。このため、人事の労務担当を行いながら、その専門性を高めるための資格といえます。試験の合格率は10%前後で、相当受験対策をしないと合格は難しいです。独学のみでの合格は難しいため、社労士受験のための通信講座などを利用すべきです。試験は年1回8月に各地で実施され、受験料は9,000円です。正解の用語を選ぶ選択式8門と正解文を選ぶ択一式70問で記述問題はありません。
試験合格後も2年以上の実務経験と講習の受講が必要になります。

このように難関ですが、合格して社労士になれば、シニアまで長くそのステータスを持って働くことができます。

人事全般希望の場合:「衛生管理者」

・役割

50人以上の社員を常時雇用する事業場で、社員数により衛生管理者を必要人数選任することが労働安全衛生法で決められています。
第一種衛生管理者は、すべての業種で衛生管理者になることができます。
第二種衛生管理者は、有害物質を扱う業務と関連が少ない各種サービス業などの業種で衛生管理者になることができます。
いずれも、社内の安全衛生委員会のメンバーとして、社員の作業管理、作業環境管理、健康管理、安全衛生教育の実施、健康の保持増進などを行います。

・試験の内容と学習方法
国家資格で、受験資格にある学歴などは、あまり問題ありませんが、事業者証明書という就業証明が必要なので、最低1年以上の実務経験が必要です。
試験は、毎月各地区で実施されており、受験料は6,800円で、5択方式の試験です。

「キャリアコンサルタント」や「社労士」に比べ、過去問を独学で集中学習すれば合格できます。
法律で規定されている資格のため、取得しておけば人事としてプラス効果は必ずあります。

加えて、これからの人事は、外国人採用にかかわる可能性が高く、採用後のフォローも含め英語力は必要になると思います。TOEIC500点以上あれば転職時もプラス評価されるケースも多いようです。

なぜ人事への転職を希望するのかがポイント

人事は経験を積めば積むほど面白さが深まり、その経験の長さが評価されます。定年後もいろんな企業や団体でニーズがあり、AIに置き換わることがない職種です。人事の本質を理解し、ご自身の人生設計も踏まえ、しっかりと準備して転職活動に臨みましょう。

参考

国家資格 キャリアコンサルタント試験 公式ウェブサイト | 国家資格 キャリアコンサルタント試験
https://www.jcda-careerex.org/
2018.2.10
社労士とは|全国社会保険労務士会連合会
https://www.shakaihokenroumushi.jp/about/tabid/203/Default.aspx
2018.2.23
受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm
2018.2.23

関連リンク

人事関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305161043j:plain

著者:寺澤 健治

"エンジニアから人事責任者を経て人材ビジネス分野に転職。派遣元責任者25年の経験で多くの社員の悩み事やキャリア相談を経験してきました。
登録標準キャリアコンサルタント
第一種衛生管理者、各種情報処理資格所有"