【Webディレクターへの転職】経験・未経験者別のアピール方法とは

Webディレクターは、Web構築の中心的役割を担う仕事ですが、未経験からでも転職しやすい職種として人気があります。ここでは経験者・未経験者別に、Webディレクターに転職するためのお得な情報をお伝えしていきます。

【Webディレクターへの転職】仕事内容とは?

Webディレクターとは、Webサイトの構築・運用における目標設定から達成までの責任を担う人を指します。仕事内容は、プロジェクトの目標設定、プロジェクトメンバーの選定、スケジュール設計、プロジェクトの進捗&予算管理、コンテンツの品質管理、クライアントや協力会社との折衝など多岐に渡ります。Webディレクターを一言で表すならWeb制作の現場監督といったところでしょうか。

Webディレクターの仕事はマネジメントと折衝・交渉が中心です。クライアントから厳しい要求をされることもありますし、さまざまなトラブルでプロジェクトの進行が妨げられることもあります。Webディレクターはそうした場面において的確な対応をしなければなりません。人を説得し動かすためのコミュニケーション力、プロジェクト全体を俯瞰で見る視点、不測の事態を想定して対応策を用意する危機管理能力、適材適所の人員配置と管理を行うマネジメント力など幅広い力が求められる仕事なのです。

またWebディレクターは、Webプランナーやテクニカルディレクターを兼務することもあり、その場合は要件定義、取材・撮影などの制作実務やプレゼンテーション、企画書の作成なども行います。

Webディレクターというポジションは、複数の業界に存在します。大きく分けると「Web制作」「システム開発」「広告代理店」「サービス事業企業」の4つですが、それぞれWebディレクターの担当する領域は異なります。

Web制作会社

サイトの構成・設計から運用・保守までを任されるケースも多く、ほか業種と比較しクリエイティブの要素を求められる傾向が強い。

システム開発会社

Web制作のシステム開発部分をメインに担当するイメージ。フロントエンド側でのディレクションが中心になり、エンジニアの要素が強め。

広告代理店

クライアントのマーケティング・プロモーション活動に対する、Webを活用した企画の立案・提案が中心。プランナー的要素が強く、クリエイティブ部門とのかかわりも多い。

サービス事業企業

自社が展開するWebサービスを担当するため、マーケティング・プロモーションの企画部分から制作、運用まで幅広く かかわっていく。

このように、業界ごとに仕事内容は異なります。自分がどの分野に軸を置きたいのかによって業界・企業を選択していく必要があります。

f:id:hito-contents:20180420151755j:plain出典:pixta

【Webディレクターへの転職】未経験者の場合は?

「Webディレクターに興味はあるけれど、実務経験がないと転職は厳しそう」
未経験の方はそう思われるかもしれません。しかし、Webディレクターは幅広いスキルが発揮される仕事です。実務経験の有無よりも、リーダーシップ、マネジメント力やコミュニケーション力などのビジネススキルを備えているかが重要となってきます。

未経験者を採用する場合、「ビジネススキルの総合力」「転職後のビジョンをしっかり持っているか」「高いポテンシャルがあるか」などを重視しますので、それに合わせたアピールをしていく必要があります。
いくつか具体例をあげてみます。

  • 異業種・異職種からのWebディレクターへの転職を決意した動機→チャレンジ意欲を積極的にアピール
  • 転職後に生きる経験→営業で培ったコミュニケーション力には自信がある、顧客との折衝・交渉が豊富であることは強みとなる
  • 実務につながる経験→プログラマー・デザイナーなどの経験がある
  • マネジメント力・リーダーシップ→リーダーとしてプロジェクトを完成に導いた経験、メンバー・部下をマネジメントした実績

上記のように、自分がWebディレクターとして必要な要素を持っていることを具体的な実績・経験によってアピールするとよいでしょう。また、実務経験がなくともチャレンジしたいという意欲をしっかり伝えることも大切です。

未経験入社の場合、ほとんどがアシスタントディレクターとして実務を学んでいくことになるので、経験の有無を気にする必要はありません。

【Webディレクターへの転職】経験者の場合は?

経験者採用の場合、企業は即戦力としての期待を持っています。応募の際にポイントとなるのは、「自分に何ができるのか」「自分は転職して何を実現したいのか」ということです。過去の実績をフォートポリオ化し、見やすい形で実績・スキルをアピールするとよいでしょう。

同じWebディレクターでも、業界・業種ごとに担当領域が異なり、出身により得意分野・専門性も異なってきますが、キャリアの方向性についていえばおおよそ4つのタイプに分類できます。

  1. 同じ業界・会社の中でスキルアップしてポジションをあげていく
  2. 異なる業界・業種のWebディレクターに転職する
  3. Web系以外の事業会社に転職する
  4. 起業する

同じ業界・業種内での転職も、異なる業界・業種への転職も成功のポイントは共通しています。

それは自分ストーリーを描くこと。

  • 自分はこれまでにどんな経験をし、何を成し遂げてきたか
  • なぜ転職したいのか?
  • 転職後、何にチャレンジしたいのか?
  • 転職後のキャリアビジョンをどう描いているか?

これらをストーリーとしてしっかりプレゼンテーションできるように、キャリアの棚卸しを進めてください。

【Webディレクターへの転職】持っておくとよい資格は?

IT化が急速に進んだ現代社会において、ITスキルはビジネスパーソンにとっては必須となっています。2000年代以降、IT分野の国家資格・認定が数多く誕生し、「ITスキルの証明として持つべきもの」という考え方が主流となっています。そこで、Webディレクターへ転職する際に持っていると有利になる資格をいくつかご紹介します。

ITパスポート

2009年に開始された、情報処理技術者試験の一区分となる国家試験。ITパスポートの名称には「世界へ羽ばたくための証明」という意味があり、IT化が進む現代社会に羽ばたくために社会人として必要な基礎的能力を有することを国が証明する試験として誕生しました。テクノロジ分野・マネジメント分野・ストラテジ分野から出題され、ITを活用するための総合的知識を問うものとなっています。
全国47都道府県の各会場でCBT方式にて随時実施されており、受験料は5,700円。試験問題は非公開となっています。ITの基礎能力の証明として取得して損のない資格です。
情報処理技術者試験の中でも合格難易度は低めとされていますが、出題範囲が広いため、テキストや過去問題集による学習を反復して行う必要があります。取りこぼしを防ぐために複数のテキストを使用されることをおすすめします。

Web検定Webディレクション

正式名称は「社団法人全日本能率連盟登録資格Web検定Webディレクター」といい、Web業界のディレクター業務における制作管理品質の標準化を目指し、誕生した検定です。Webディレクション業務にかかわる人、今後かかわる予定のある人を対象としており、要件を導き出すための現状分析からWebサイトの開発・運用に至るまでの幅広い知識を問う実践的な内容となっています。
検定の有効期間は2年となっており、受験料は10,000円(税別)。試験は全国200ヵ所のJ-Testingテストセンターにて定休日を除く毎日実施されています。特に未経験からの転職を考えている方にはおすすめしたい検定です。
試験の出題範囲は公式テキスト「ウエブの仕事力があがる標準ガイドブック」からが中心になるため、公式問題集と合わせて学習するとよいでしょう。

ネットマーケティング検定

Web関連の資格・検定の多くは開発者向けのものですが、この検定はマーケティングサイドの検定であることが特徴です。インターネットの特性を十分理解し効果的なマーケティングができる人材の育成を目的にしたもので、未経験者も現役のWebディレクターも取得して損のない検定です。
受験料は5,800円(税込)。個人で受験する場合はオンラインで申し込み後に受験票が届きますので、そこに指定された受験会場にて受験となります。
学習教材として公式ガイドブックと過去問題集が発売されており、一般的に初学者が合格レベルに達するまでの学習時間は15時間といわれています。

Webディレクターへの転職は未経験でも可能性がある

Webディレクターは総合的なスキルが発揮される仕事であり、関連した知識や経験があれば、未経験からの転職も十分可能です。国家資格や検定の取得で、基礎から実践的な知識までを得ることも可能ですし、しっかりと準備さえあれば恐れることはありません。興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

参考

ITパスポート試験
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html
2018.02.08

Web検 Webに関わるすべての人の標準知識
https://webken.jp/direction/
2018.02.08

サ―ティファイ Web利用・技術認定委員会主催 ネットマーケティング検定
https://www.sikaku.gr.jp/nm/
2018.02.08

関連リンク

ウェブディレクター関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住