【マーケターへの転職】マーケティングのプロになるには?

企業がビジネスを行う上でマーケティングはますます重要となり、マーケティング業務を行うマーケターのニーズも高くなっています。今回はマーケターの仕事内容や、転職でマーケターになるための情報を提供していきます。

【マーケターへの転職】仕事内容とは?

マーケターは企業が商品を販売するために、顧客が潜在的、顕在的に求めているニーズや関心を分析し、それを元に製品開発や広告・販売促進などに役立てていく戦略を考える役割の職業です。
具体的には、様々な社外の市場調査のレポートや自社のユーザーアンケートデータを分析したり、社内の販売データなどの顧客データを解析したりして、情報を蓄積します。そして、その情報を更に分析して得た結果を製品の開発や広告や販促など活かすために戦略を考えます。上司やチームメンバーにその考えを説明するためにプレゼン資料を作成することも重要な業務の1つです。

また、近年ではパソコンやスマホが普及したことによってデジタルマーケティングもマーケターの役割となっており、その重要度が高まっています。
デジタルマーケティングの具体的な仕事内容としては、検索キーワード毎にマッチした広告文面を設定したり、効果的なサイトの制作や自社サイトのアクセス解析やSNSなどのソーシャルサービスへの広告出稿などです。SEOの知識も必要になってきます。
デジタルマーケターの腕の見どころは、限られた予算の中でどれだけのアクセスや反響を集めることができるかを考えるところにあるようです。

▽マーケティングの仕事情報等、転職求人情報をチェックしたい人はこちら
マーケター関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180420150030j:plain出典:fotolia

【マーケターへの転職】未経験の場合は?

未経験でマーケターになるには、最低でもマーケティングに関する知識を有していることが必要となります。マーケティングの現場で使われる概念やノウハウなどは体系化されているので、まずはこのような知識をしっかりと身につけましょう。そのためには、マーケティング関連の書籍を読んだり、マーケター向けの勉強会やセミナーなどに参加をして学ぶことをおすすめします。

また、マーケティングに関連する知識だけでなく、分析力やプレゼン能力があることも重要となります。そのため、マーケターとしての業務経験は無くても、別の職種でデータを分析したことやプレゼンを行った経験があれば、その経験・実績をアピールしましょう。
具体的には、リサーチ業務などで分析を行った経験や、営業・販促などの業務でプレゼンの経験があると良いでしょう。企画部門出身者や広告代理店出身者も有利になる可能性があります。

また、近年ではデジタルマーケティングの重要度も高まってきているため、webやSEOに詳しい人、SNSのフォロワー数が多い人などもマーケターに転職する場合には有利になります。

【マーケターへの転職】経験者の場合は?

一方でマーケターとして経験がある場合、自身が手がけたマーケティングに関する実績が大きくアピールポイントとなります。
具体的には、どのような立場でどんなマーケティング戦略を立案したのか、そしてデータ分析を行った結果、どのように実行したのかなどの経験はマーケターを募集している企業としてはとても気になる点ですので、そのような経験をアピールしましょう。
そして、マーケターは実績が明確に数字に表れることが多いので、数値面でのアピールも効果的です。従来のマーケティングの戦略よりもどれだけコストを圧縮することができたのか、どれだけ大きな売上を生み出せたかを数字で明確にアピールすることで、マーケターへの転職を有利に進めることができます。

また、扱っていた製品の価格帯や対象となる顧客の親和性などもマーケターの転職ではとても重要です。
例えば、一般消費者向けで1つの商品が数百円のような安い価格帯の商品のマーケティングと、法人企業向けで1つの商品が数千万円〜数億円のような高価格帯のマーケティングでは、分析の手法も異なる上、広告や販促などへの活かし方も大きく異なってきます。

対象顧客が近く、価格帯も近ければ即戦力として活躍できることが見込まれるため、「誰に」「いくらの」マーケティングを行っていたのかは、マーケター経験者が転職をする上で重要なポイントとなりますので、転職先の企業選びの際には考慮しておきましょう。

【マーケターへの転職】持っておくといい資格は?

マーケターは資格が必須の職業ではありませんが、保有をしていると転職する際に有利になる資格があります。

マーケティングビジネス実務検定

マーケティングビジネス実務検定は特定の業界・業種にとらわれない、基礎的なマーケティング知識があることを証明できる資格試験となっています。
特定の業界に偏らない資格試験ですので、将来的に幅広い業界でマーケターとして活躍したい人にぴったりな資格です。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティングに特化した知識が問われる資格試験です。「webに関する知識や技術」だけでなく「経営戦略と連動したwebブランディング能力」についても問われるため、ブランディングも含めたネットマーケティングに興味のある人は受けておいて損はない資格です。

webアナリスト検定

webアナリスト検定はデジタルマーケティングの中でも「Google Analytics」などのアクセス解析に特化した検定試験です。
アクセス解析では、ユーザーがどのページからサイトに入ってきたのか、どれくらいサイトに滞在したかなどを見て、ユーザー動向やサイトの強み・弱みを分析することす。こういった分析にに興味のある人は取得を検討してみましょう。

Google AdWords認定資格

Google AdWords認定資格はGoogleが実施している認定試験の1つで、オンライン広告掲載の基礎知識と応用力を問うものとなっています。
Google AdWordsとは、Googleが提供している広告分析ツールで、特にデジタルマーケティングに取り組む場合、取得しておくと有利に働く資格と言えます。

自分なりのアピールポイントを見つけてマーケターに転職しよう

マーケターは難しく専門性の高い仕事と思われることもありますが、現在はマーケターの需要が大きく伸びてきていることから、経験・未経験、関連した経験や知識があれば目指せる仕事となっています。マーケターの業務に対して、自分の持っている経験や能力をしっかりと整理してアピールポイントを強化していきましょう。

関連リンク

マーケター関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180223110542j:plain

著者:三宅雄太

-キャリアアドバイザー
-ファイナンシャルプランナー
-宅建士
株式会社インテリジェンスにて5年間、キャリアコンサルタント職に従事。延べ1000人以上にキャリアカウンセリングを実施、約250名の転職成功を実現。 その後、ファイナンシャルプランナー・宅建士の資格も取得することによって、人生における三大テーマである「仕事」「お金」「家」の全ての領域でのプロフェッショナルとなる。 現在は、これら3つの領域を分かりやすく伝えるため不動産や転職・求人領域のメディア編集長として活動中。