アルバイトの最低賃金っていくらくらい?最低賃金一覧紹介

アルバイトを選ぶ際に気になる時給ですが、最低限度支払われるべき最低賃金は法律で定められていることはご存知でしょうか。今回は、最低賃金一覧とあわせて、最低賃金が支払われていない場合の対処法についても解説します。

アルバイトをするなら知っておきたい!最低賃金制度とは?

アルバイトをはじめ、すべての働く人には、最低限度支払われるべき賃金が最低賃金法という法律によって定められています。最低賃金以下での労働契約は、たとえアルバイト先と働く本人とが同意していても無効で、最低賃金によって契約されたものとみなされます。最低賃金には、「地域別最低賃金」と「特定(産業別)最低賃金」の2種類があります。

地域別最低賃金

地域別最低賃金は、都道府県ごとに定められている最低賃金で、各都道府県内で働くすべての働く人に適用されます。毎年1回、10月ごろに中央最低賃金審議会から提示された引き上げ額目安を参考に、各都道府県で地域実情に応じた改定が行われています。

特定(産業別)最低賃金

特定(産業別)最低賃金は、地域別最低賃金よりも高い賃金が必要と認められる産業について別途最低賃金を定めたものです。特定最低賃金が適用となる産業や適用対象となる人の基準は、都道府県ごとに異なります。特定の製造業や小売業などを対象に設定されているケースが多いです。なお、現状非金属鉱業に対しては、全国共通の特定最低賃金が定められています。

どちらの最低賃金が適用されるか

地域別最低賃金は、すべての働く人が対象となりますが、特定最低賃金については、担当する業務の内容や雇用形態などの適用除外条件が設定されています。そのため、特定最低賃金の対象となる産業でアルバイトをしていても、地域別最低賃金が適用される場合もあるので注意が必要です。また、2つの最低賃金の両方が適用対象となる場合には、高いほうの金額の適用となります。

f:id:hito-contents:20180419091350j:plain出典:写真AC

アルバイトをするなら知っておきたい!全国の最低賃金一覧

では、2017年10月に改定された、地域別最低賃金一覧を確認しましょう。地域別最低賃金は、その地域でかかる生計費や労働環境を考慮したうえで決定されていますので、一般的に都市圏のほうが高く設定されています。地域別最低賃金が最も高い都道府県は東京都、最も低い都道府県は福岡を除く九州・沖縄の7県です。ただし、毎年の改定により地域差は変動があります。

北海道・東北

北海道810円、青森・岩手・秋田738円、宮城772円、山形739円、福島748円

関東

茨城796円、栃木800円、群馬783円、埼玉871円、千葉868円、東京958円、神奈川956円

中部

新潟・福井778円、富山・長野795円、石川781円、山梨784円、岐阜800円、静岡832円、愛知871円

近畿

三重820円、滋賀813円、京都856円、大阪909円、兵庫844円、奈良786円、和歌山777円

中国・四国

鳥取738円、島根740円、岡山781円、広島818円、山口777円、徳島740円、香川766円、愛媛739円、高知737円

九州・沖縄

福岡789円、佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄737円

自分のアルバイトの賃金は大丈夫?最低賃金の確認方法

最低賃金は通常時間あたりの賃金額です。そのため、アルバイトの賃金が最低賃金を満たしているかどうかは、時給と比較すれば簡単に判断できます。日給制の場合は、日給を1日の所定労働時間で割り、時間給相当額を計算します。週給や月給の場合にも、同様に時間あたりの賃金に換算した額です。ただし、特定最低賃金が日給などで定められている場合には、その金額が優先されます。

派遣のアルバイトの場合は?

派遣のアルバイトの場合には、最低賃金は働く場所により決められます。派遣で本社が別の都道府県のある場合でも、派遣先で実際に勤務する場所での最低賃金が適用されます。特定最低賃金についても同様です。

最低賃金に含まれない賃金に注意

最低賃金には、残業手当やボーナス、交通費など、基本給やそれに付随する手当以外の臨時的な賃金は含まれません。

注意したいのが、22時から5時までの深夜時間帯アルバイトの場合。深夜時間帯の勤務については、労働基準法にもとづき時給を25%以上割増して支払うこととなっています。そのため、最低賃金の基準を満たすには、割増前の時給が最低賃金を上回っていなければなりません。

アルバイトの賃金が最低賃金を下回っていた場合の対処法

もし、アルバイトの賃金が最低賃金を下回っていた場合には、アルバイト先に対して、最低賃金との差額を請求することができます。賃金が最低賃金以下の場合には、まずアルバイト先と話し合いを行いましょう。賃金改定に加え、過去2年分については差額の支払いを請求することができます。試用期間であることや、学生であることを理由にして最低賃金以下の時給とすることは法律違反です。

毎年の最低賃金改定時にも注意

最低賃金は毎年改定されますが、アルバイト先によっては時給に未反映のままということも想定されます。最低賃金が時給を上回ったら、その時点で時給は最低賃金まで引き上げられなければなりません。アルバイトの契約時はもちろん、勤務中も最低賃金の改定については注意しておきましょう。なお、アルバイト先は、最低賃金改定について働く人に周知する義務があります。

最低賃金に関する相談場所

中には、アルバイト先が正当な最低賃金への改定に応じないケースや、過去の差額支払いについて拒否することも想定されます。その場合には、アルバイト先のある都道府県の労働局の賃金室や、管轄の労働基準監督署に相談しましょう。相談は匿名でも可能ですので、アルバイト先に言い出しにくい場合にも利用できます。

最低賃金を支払わない場合には罰則規定も

最低賃金を支払っていないことが明らかになった場合、アルバイト先には行政による指導や是正勧告が行われます。これを無視して支払いを行わない場合や、悪質な場合には刑事罰の対象となり、地域最低賃金の場合は50万円以下の罰金、特定最低賃金の場合は30万円以下の罰金の罰則規定があります。

アルバイトをするときは最低賃金のチェックを!適正賃金で働こう

最低賃金は法律で定められた最低限支払われるべき時給で、雇用形態を問わず適用されます。アルバイトをするときには、週の労働時間や仕事の内容だけでなく、最低賃金という適正な時給が設定されているかどうかも確認しましょう。働き始めてからも、年1回の改定の際には再度チェックしておきたいものです。

参考

[1]地域別最低賃金の全国一覧 |厚生労働省
[2]http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
[3]2018/2/16

[1]最低賃金制度パンフレット | 厚生労働省
[2]http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/H29_saiteichinginpamphlet.pdf
[3]2018/2/16

[1]時間外労働・休日労働・深夜労働 | 大阪労働局
[2]http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/yokuaru_goshitsumon/jigyounushi/jikangai.html
[3]2018/2/16

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。