【企業潜入レポ#12】KCJ GROUP株式会社・キッザニア東京事業部に潜入取材!3/3

こんにちは!学生ライターの高木です。

キッザニア東京でお客様のご案内係である「キッザニアゲストサポーターズ」のお仕事をしている山本久美子さんにお話を伺ってきましたが、3回目のこの記事がいよいよラストです!

現在、新卒入社4年目の山本さんにご自身の就活時代のエピソードや、入社の経緯、そして大学生の皆さんへのメッセージなど、これまでにも増してたっぷりと伺いました!キッザニア、そしてテーマパークでのお仕事に興味のある皆さん、必見ですよ!

■関連記事
【企業潜入レポ#12】KCJ GROUP株式会社・キッザニア東京事業部に潜入取材!1/3
【企業潜入レポ#12】KCJ GROUP株式会社・キッザニア東京事業部に潜入取材!2/3

キッザニアと出会って、ビビっときた

f:id:hito-contents:20180417094934j:plainKCJ GROUP株式会社 キッザニア東京事業部 山本久美子さん

高木:ここからは山本さんの就職活動について伺います。元々接客業やこどもと関われる仕事を志望されていたのですか?

山本:実は、元々私はウェディングプランナーになりたかったんです。なので、就活の時はブライダル業界やホテル業界などを受けていました。でもなかなか選考に進めなくて、一番志望していた会社にも落ちてしまったんです。とりあえず就活は続けなきゃと思い、その後も金融や商社など色々な業界を受けましたが、結局何をしたいのかが固まっていなかったということもあって上手くいかなかったですね。
そんな中、秋の合同説明会に行ったときにKCJ GROUPがたまたま出展していたんです。私はキッザニア自体に行ったことはなかったのですが、存在は知ってはいたので「あのキッザニアか」と思って覗いてみたんです。そうしたら「この秋から新卒採用を始めまーす!」という感じで人事の担当者が元気よく説明していて(笑)。秋から新卒採用をする企業自体珍しいと思いましたし、しかも1期生というところに何か運命のようなものを感じて、その場で会社説明会に応募しました。
会社説明会ではキッザニアの施設内を案内してもらい、そこで初めてキッザニアがどんなところかを知りました。元々キッザニアには「こどもが楽しく仕事体験をする施設」というイメージがあったのですが、想像よりもこども達が真剣な顔をして頑張っていて、ちょっと緊張しながらも一生懸命、仕事をしている様子やキラキラした表情がとても印象的でした。
さらに印象に残ったのはキッザニアで働くスタッフです。本当にその職業の人なんじゃないかと思えるくらい担当する職業になりきっていて、豊かなこどもの表情を引き出していました。そういった働き方を見て、自分もこういう風になりたいなって思ったんですよね。この説明会にいった時点でキッザニアに絶対入社しよう!と決めて、他の会社を受けるのもやめました。運命というと大げさですが、ビビっときましたね(笑)。

f:id:hito-contents:20180417095222j:plain消防士としてお仕事に励むこども達。スーパーバイザーがこどもをサポートする姿も。

高木:説明会の時に施設内を見せてもらえるというのは、入社後に働く環境を知ることができて良いですね!
就活初期には内定がなかなか出ずに苦労されたようですが、今振り返ってみて、就活をしていて良かったなと思うことはありますか? 

山本:就活をする中で忍耐力がついたことは良かったなと思います。また、自分と向き合う良い機会になりました。自分はこれからどう生きていきたいのか、どういう人間になりたいのか、といったことをしっかり考えたり、自分の長所や短所など見つめ直せたりしたので、辛いことも多かったですが、良い時間だったと思っています。

高木:自分のことを真剣に考えられる機会って学生生活の中ではあまりないので、とても貴重ですよね。山本さんのように、就活で苦労している学生に伝えたいことはありますか?

山本:周りの友達に内定が出て焦ったり、自分が何したいのかわからなくなったり、自分が否定されてしまっているような気分になったり…色々と落ち込むこともあると思いますが、絶対にあきらめないで頑張り続ければ道は開けると思います。就活で苦労した経験は社会人になってからも必ず活きてきますので、今の苦しみから逃げずに頑張ってほしいです。私も就活当時は辛かったですが、あの時の苦労は大事な経験だったなと今は思えます。その時の苦労が今の自分の支えになっているんです。

高木:ありがとうございます。あの時苦労しておいてよかったと考えられるというお話、今就活中の学生にとってとても励みになると思います。
ちなみに、KCJ GROUP株式会社を含めて、こういったテーマパーク業界で働きたいなと思っている学生や接客業に興味を持っている学生に対してメッセージはありますか?

山本:いかに自分の高い志を持って働けるかということが大事だと思います。一般的に、テーマパークの仕事は、アルバイトやパートなど様々な形態の従業員が一緒に働くことが多いと思います。せっかく社員として入社しても何も考えずにただ指示されたことをやっているだけでは、アルバイトの方と何も変わりません。自分なりのプラスアルファをどう出せるかということを常に考えながら、自分の仕事に対してプライドを持って働いてほしいと思います。
テーマパークの仕事は、様々な人と関わることができるとても楽しい仕事なので、少しでも興味があれば積極的にチャレンジしていただきたいです!

KCJ GROUPは常に「楽しい」であふれる会社

f:id:hito-contents:20180417095452j:plain

高木:テーマパーク業界で働くということがどういうことなのか、だいぶイメージもついてきたのですが、この業界で働くにはどんなタイプの人が向いていると思いますか?

山本:人と話したり、体を動かしたり、遊ぶことが好きな人ですね。キッザニアの場合、お子様と接する機会が多いので、こどもの立場で物事を考えられる人が向いていると思います。いつまでもこどものような心を持っているような人ですね(笑)。

高木:そのような方が沢山いらっしゃる会社なら凄く楽しそうですよね!KCJ GROUPの社風はどんな感じですか?

山本:うるさいくらい愉快で和気あいあいとしています。上司もフランクに話しかけてくれます。こういう業界だからか、イベントなど楽しいことが好きな人が多いので、常に笑いにあふれています。また、ポジティブな人が多いです。
休館日には、時々みんなで一緒に遊びに行ったり、クリスマスパーティーをしたり、チームでピクニックをしたりしています。繁忙期である夏休みの前後に会社主催の食事会があったり、社員旅行もありますよ。3年に1回は海外です!やりすぎじゃないかというくらいイベントがありますね(笑)。

高木:いいなぁ、とても楽しそうですね!他に会社のここを自慢したいという部分はありますか?

山本:みんな個性的で素敵な人ばかりなところです。役者を目指している人、本物の空港のグランドスタッフを目指している人、元々は幼稚園や小学校の先生をしていた人、など色々なバックグラウンドを持つスタッフが多くて刺激をたくさんもらえます。社員とアルバイトの壁も無いですし、上司や他部署の社員と交流できる機会も沢山あって、多くの人と関わることができるのがとても楽しいです。

高木:もう入りたくなってきました(笑)。

大学生へメッセージ!

f:id:hito-contents:20180417095649j:plain

高木:次に入社される新入社員の方に期待していることは何でしょうか?

山本:私には「後輩を自分より優秀な存在に」というモットーがあります。もちろん負けたくない気持ちはありますが、後輩には私を追い越すくらいの勢いで来て欲しいですね。もちろん自分も追い越されないように頑張ります!
ひとりひとりに良さがあると思うので、その自分らしさを大事にして、誠実さと謙虚さを忘れず、嫌なことや苦手なことでも積極的にチャレンジして欲しいです。

高木:ありがとうございます。最後にこの文章を読んでいる大学生にメッセージをお願いします!

山本:大学生活は大変貴重なものですので、とにかく今という時を大切にして、何かに一生懸命取り組んで欲しいと思います。部活でもアルバイトでもインターンでも遊びでも、これだけはやりきったぞ!というものがある人は強いです。その経験を活かしてどこでも生きていけると思います。周りにいる友達や家族に感謝しながら、今の大学生活を楽しんでください!

高木:素晴らしいメッセージをありがとうございました。僕も日々一生懸命に物事に取り組んでいきます!

インタビューを終えて

今回はKCJ GROUP株式会社でスーパーバイザーとして接客を担当する山本さんのインタビューをお届けしました。皆さんいかがでしたでしょうか?

僕もキッザニア自体には行ったことがなかったのですが、今回の山本さんのインタビューや、インタビュー後の館内見学を通して、楽しそうなこども達の笑顔を引き出す仕事は本当に素敵だなと思いました。また、イベントが盛りだくさんで、常に笑いにあふれている社風も本当に楽しそうで羨ましかったです!まだ業界に迷っている人、接客やこどもが好きな人、是非KCJ GROUPを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

山本さん、素敵なインタビューを本当にありがとうございました!楽しかったです!

f:id:hito-contents:20180417095912j:plain

関連リンク

【企業潜入レポ#12】KCJ GROUP株式会社・キッザニア東京事業部に潜入取材!1/3
【企業潜入レポ#12】KCJ GROUP株式会社・キッザニア東京事業部に潜入取材!2/3
キッザニアの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20171011185133p:plain

取材&執筆:高木智也

明治大学3年生。大阪府出身だが、現在は会話の8割が標準語。ゴルフにハマりかけているが、パット能力がなく一向にスコアが伸びない。残りの大学生活を満喫するため、日々いろいろなことに挑戦している。