アルバイトの仕事を覚えるのが遅いから辛い…解決方法とは?

アルバイトの新人は比較的温かく見守ってもらえますが、なかなか仕事を覚えられないときは焦ってしまいがちですよね。今回はアルバイトに行くのが辛くなっている人に向けて、仕事を覚えるコツや解決方法についてご紹介します。

アルバイトで仕事を覚えるコツ(1)メモをとる

「仕事を覚えるのが遅いな」と自分で辛く感じたときは、まず仕事の覚え方を見直してみましょう。たとえば先輩から仕事の手順を教わる際に、「話を聞くだけ」「手本を見ているだけ」ではなく、教えてもらったポイントを自分なりにメモしてみてください。要点をメモにまとめておくことで、情報整理や復習もしやすくなります。ただ、中には「顔を見て話を聞いてほしい」「情報漏洩を防ぎたい」などの理由から、新人にメモを取らせない教育係もいます。もしメモを取らせてもらえない場合は一度「メモを取らせてほしい」とお願いしてみるか、後述する別の仕事の覚え方を試してみてください。

▼覚えておきたい「わかりやすいメモの取り方」
「メモを取るのが苦手」「メモを取ると説明を聞き漏らしてしまう」という人は、要点を絞ってメモするよう意識してみましょう。要点にあたるのは、大切だと思った単語や、覚えておくべき日時や数値、疑問に思ったポイントなどです。なお、仕事の説明を受ける中で抱いた疑問については、相手の話の区切りがついたタイミングで問いかけるとよいでしょう。疑問に思うたびに質問してしまうと、いちいち相手の話の腰を折ってしまいかねないからです。まずは相手の説明を最後まで聞いて、それでも疑問が解消されない場合はまとめて質問するよう心がけてみてください。

▽アルバイトを探すならこちら!
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180219123025j:plain出典:写真AC

アルバイトで仕事を覚えるコツ(2)質問する

アルバイトの仕事内容についてわからないことがあれば、勇気を持って質問する姿勢も大切です。「質問すると怒られるかも」「何度も聞くなと言われたらどうしよう」と悩むかもしれませんが、わからないまま仕事を続けてしまうと思わぬトラブルにつながってしまうこともあります。直属の上司に話しかけにくい場合は、同僚や先輩に質問してもかまいません。周りに迷惑をかけてしまう前に、できるだけ早めに疑問点を解決しておくようにしましょう。

▼質問するときのポイント
誰かに質問をする際は、自分がわからないと思っていることを的確に伝えることが大切です。たとえば「仕事がわからない」と言うのではなく、「いつ、だれと、どのようなタイミングでやるこの仕事がわからないので教えてほしい」というように、求めている答えを具体化することがポイントと言えます。また、質問したい項目を事前に書き留めておくのも効果的です。教えてもらったことはメモを取り、自分で復習できるようにしておくとなおよいでしょう。

なお、質問に答えてくれた人に対してはしっかりお礼を伝えます。「ありがとうございました。勉強になりました」とその場で言うのはもちろんのことですが、学んだことを仕事に活かす姿勢も重要です。誰かにノウハウを教えた人の多くは、相手がその知識を活かせているかどうかを気にかけています。「教えてよかったな」「きちんとできているな」と思ってもらえる姿をぜひ見せてあげてください。

アルバイトで仕事を覚えるコツ(3)積極的にチャレンジする

アルバイトの仕事を早く覚えるコツは、とにかく経験を積むことです。仕事が身につくまで集中的にシフトを入れてもらい、体で覚えていくことがポイントとなります。まだ仕事に慣れないうちは「シフトを入れてもらっても役に立てないのでは」と物怖じしてしまうこともありますが、仕事の基本は「習うより慣れよ」です。新人のうちは失敗も大目に見てもらえることが多いので、甘えられるうちにたくさん練習してみましょう。

▼頻繁にやらない仕事の覚え方
アルバイトの仕事の中には、毎日行うタスクと、特定のときのみ行うタスクがあります。たとえば事務のアルバイトの場合、コピー取りや電話対応は毎日行うタスクで、請求書の作成などは月末限定のタスクです。特定の条件がそろったときにしか行わないタスクはなかなか覚えられないことが多いので、自分なりにマニュアルやチェックリストを作っておくとよいでしょう。作業手順をまとめておくことで、ミスの防止にもつながります。

アルバイトでだれも仕事を教えてくれないときの仕事の覚え方

なお、中には多忙などにより、新人のアルバイトスタッフに仕事を教えない職場もあります。また、個人店の場合はマニュアルも完備されていないケースも多いです。このような店舗での仕事の覚え方は2つあります。ひとつは、とりあえず他のスタッフのまねをすること。繁盛店は他のスタッフも多忙であることが多く、質問するタイミングも掴みにくい傾向にあります。よって、とにかく自分で周囲を観察し、作業手順を覚えることが大切です。

▼めげずに質問しよう
もうひとつは、わからないことがあればめげずに質問することです。たとえ繁盛店であっても、開店前や閉店後はある程度時間の余裕があります。あらかじめ質問したいことをまとめておき、チャンスを待って質問してみましょう。「昨日○○という仕事をしていましたが、あれはどうやったんですか?」「昨日クレームの対応をされていましたが、どのように声をかけたんですか?」など、相手がシチュエーションを想定しやすい質問を用意することも大切です。

それでもアルバイトの仕事が覚えられず行くのが辛い場合は

仕事を覚えられないときの解決方法についてご紹介しましたが、対処法を試してもなかなか仕事が身につかないことはあります。しかし、「仕事が覚えられないから辞めよう」と考えるのは早計です。もちろん、どうしても自分に合わないアルバイトの場合は退職もひとつの選択肢ですが、まずは考えておきたいポイントがあります。

▼自分を追い詰めていないか
仕事をスムーズに覚えられないという理由で、「辛い」「私はダメだ」「俺はこんなに物覚えが悪かったんだ」と自分を追い詰めすぎていませんか?慣れないことに挑戦する際は、誰しも失敗を繰り返して学んでいくものです。仕事をきちんとやろうという意識は大切ですが、最初から完璧を求めすぎると、失敗を恐れて動けなくなってしまいます。「失敗するのは当たり前」と、気軽に構える姿勢を持ってみましょう。

▼職場の落ち度を少しだけ疑ってみる
先の見出しでも触れましたが、アルバイト先の中には新人にメモを取らせなかったり、きちんと仕事を教えようとしない職場もあります。すぐに横柄な態度を取る上司や、新人のフォローをあまりしない同僚に出会うことも珍しくありません。このように、新人に対して非協力的な職場である場合は、「仕事が覚えられないのは自分のせい」と気落ちしすぎないことが重要です。もちろん他人のせいにしすぎるのも禁物ではありますが、職場の雰囲気や仕事量が理不尽でないかどうかを冷静に判断する姿勢も大切と言えるでしょう。

アルバイトの仕事を覚えるコツを掴むと将来の就職にも役立つかも! 

「アルバイトの仕事を覚えよう」と努力する姿勢は、将来の就職にも大いに役に立ちます。また、仕事を覚えられないときの気持ちの切り替え方や解決方法も、今後の社会生活を乗り切るにあたってぜひ身につけておきたいスキルです。自分を責めすぎないように気をつけながら、失敗を恐れずにチャレンジしてみてくださいね。

関連リンク

アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。