キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

写真撮影のアルバイトとは?カメラの技術を活かして働こう!

写真好きや写真学科に通っている学生なら、撮影スキルを活かしてアルバイトをすることも選択肢のひとつです。今回は、写真撮影関係のアルバイトにはどのようなものがあるか、また働くメリットについてもご紹介します。

写真撮影のアルバイトは未経験でも可能?仕事内容は?

写真撮影のアルバイトというと、プロの仕事のようにも感じられますが、カメラや写真についての基本的な知識があれば未経験でも始められます。まずは写真撮影のアルバイトに共通した仕事内容や働き方をご紹介しましょう。

■写真撮影のアルバイトの仕事内容
主な仕事内容は、記念写真や商業用写真の撮影、またその補助を行うことです。未経験の場合は、最初はカメラマンについてレフ板を持ったり機材を運んだりといった作業から始めることができ、経験を積むにしたがって、実際に写真の撮影もできるようになります。

■写真撮影のアルバイトの働き方
働き方としては、写真館やカメラ店などの店舗に雇用されてシフト制で勤務するパターンと、業務委託で働くパターンの2つがあります。また、経験がある場合には、フリーのカメラマンのようにカメラマン専用のマッチングサイトで仕事を探すこともできます。なお、業務委託で現場で働く場合には、自分の機材を持ち込んで使用することが一般的です。

f:id:epb0804:20180314103135j:plain出典:写真AC

写真撮影のアルバイト1:結婚式や披露宴の撮影アルバイト

写真撮影が欠かせない結婚式や披露宴では、撮影アルバイトの活躍の場も多くなります。アルバイトの募集は、結婚式場や式場と提携している写真館などが行っており、勤務は式が行われる土日が中心となることが多いようです。

結婚式や披露宴での仕事内容

未経験アルバイトの場合は、機材の準備などといった撮影補助が中心。慣れてくると、メインのカメラマンのサポートとして出席者や周囲の写真を中心に撮影を担当することもあります。

結婚式や披露宴の撮影アルバイトの魅力

写真撮影の経験だけでなく、幸せの場に立ち会えることが結婚式や披露宴の撮影アルバイトの魅力です。また、会社によっては、写真だけでなくビデオカメラでの撮影に回ることや、写真や映像の編集まで行う場合もあり、幅広い経験を積むことができることもメリットといえるでしょう。

写真撮影のアルバイト2:観光スポットでの撮影アルバイト

続いては、観光スポットに訪れた人を撮影するアルバイト。テーマパークや観光スポットに出入りする写真館などが募集しており、施設の専属として活躍することもできます。勤務はスポットの繁忙期が中心です。

観光スポットでの仕事内容

比較的カジュアルな撮影なので、お客様との交流を楽しみながら撮影を行えます。スチール写真の撮影のほか、お客様のスマホへの撮影を行う場合もあります。また、撮影と同時に施設での物品の販売や、施設内の案内を担当するのも仕事のひとつ。観光スポットでの仕事は、訪日外国人の増加により、さらにニーズが高まってきています。

観光スポットでの撮影バイトの魅力

お客様の思い出作りに役立てることと、お客様が楽しんでいる姿を目の当たりにできることが一番の魅力です。また、撮影時のやりとりや案内業務を通じて、コミュニケーション能力も身につくでしょう。

写真撮影のアルバイト3:工事現場や不動産の撮影

工事現場や不動産物件など、土地や建物の写真を撮影する仕事です。募集は、施工業者や不動産業者のほか、建築専門の写真事務所などが行っています。

工事現場や不動産撮影の仕事内容

工事現場の場合は記録写真、不動産会社の場合は取扱物件の撮影が中心となります。用途はWEBから商業写真までさまざまです。

工事現場や不動産の撮影のメリット

工事現場や不動産の撮影は、どちらもシャッターチャンスが重要な人物写真と比べるとじっくり撮影に取り組めるため、これから撮影の経験を積みたいという人に向いています。平日でも空き時間を活用して働けることがメリットですが、1日に複数の現場を移動しなければならないこともあり、想像よりも時間や労力を要してしまうおそれがあります。

写真撮影のアルバイト4:商材の撮影

主にメディア用の宣伝写真を撮影するアルバイトです。ネット販売を行っている会社での募集が多いです。メディア運営会社や雑誌編集社に所属し、取材スタッフに同行して撮影を担当する例もあります。

商材撮影の主な仕事内容と働き方

ネット通販用や各種媒体に掲載するための写真を撮影します。社内撮影の場合には、オフィスタイムを中心として決まった時間で働くことが多くなります。また、撮影だけでなく、写真の加工からサイトの作成といった一連の作業をまとめて担当することも。取材同行の場合には、相手先のスケジュールに合わせなければなりません。

商材の撮影アルバイトのメリット

アルバイトをしながら、撮影テクニックと同時にライティングの技術など実践的な内容を学べることがメリットです。また、商業用として広く公開される写真であるため、就職活動の際に提示する実績としても活用しやすいでしょう。

写真撮影のアルバイト5:写真館でのアルバイト

写真館でも撮影や撮影補助のアルバイトは見つかります。特に募集が多いのは、子供向けの写真館です。館内業務の場合主にシフト制で働きますが、写真館によっては出張撮影などの機会もあります。

写真館での仕事内容

カメラマンの撮影補助や編集業務、事務などが主な仕事です。大手のチェーン店の場合には、店内業務を行いながら撮影も担当することもあります。

写真館でのアルバイトのメリット

写真館でのアルバイトの場合、未経験者でも関連業務から撮影を学ぶことができます。また、撮影のほかに着付けやセットなどを覚えられることも。お客様と一緒に記念写真を作る楽しみも体験できます。

写真撮影のアルバイト6:撮影した写真を販売する

撮影関係のアルバイトをする以外にも、自分で撮影した写真を販売して稼ぐこともできます。アルバイトとして雇用されるわけでないため給与の保証はありませんが、趣味と実益を兼ねて自由に活動することができます。

販売方法とメリット

写真素材を販売しているサイトに販売者登録し、自分が撮影した写真をアップロードします。写真がほしい人はダウンロード購入しますが、その金額の一部が収益として還元されます。
写真販売を始めるには、サイトによっては販売者としてスキルの審査が行われることもありますが、気軽に始められることが大きなメリットです。また、ポートフォリオ代わりの利用もできます。

写真撮影のアルバイトは補助的業務から始められるので安心

写真撮影のアルバイトというと難しそうなイメージがありますが、実際は補助的な内容から経験を積みながらスキルアップができます。また、将来撮影に関する仕事をしたいと考えている場合には実績としても活用できます。撮影に興味があるなら、未経験でも積極的に挑戦してみましょう。

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。