キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

転職で上を目指す!年収500万円を目指せる職業や必要な資格は?

この記事では、年収500万円を目指せる職業を紹介します。年収500万円を稼ぐためには専門的な知識が必要になる場合が多いため、その具体的な内容やその職業に就くために必要な資格、暮らしぶりなども併せて解説しましょう。

転職で年収500万円を稼げるようになった場合の生活とは?

転職に成功して、実際に年収500万円を稼げるようになると、生活も趣味や自分の好きなことにお金を費やす余裕が出てきます。また、家族を養って生活する人でもある程度の余裕を持って生活を送れるでしょう。

年収500万円になると、毎月手取りで月33〜35万円程度をもらえる計算です。その中から生活に必要な最低限度の固定額を計算すると、家賃が約8~10万円、食費を4〜5万円、消耗品・雑費が2〜3万円、光熱費を1万円、携帯代2万円程度と想定してもすると15万円程度は毎月残るでしょう。この中から交際費などを支払ったとしても、毎月、5万円程度は無理せずに貯金することができるようになるため、1年に50万円以上は貯金できます。

このように、年収500万円もらえるとある程度余裕を持って生活することができるのです。

f:id:hito-contents:20180413163630j:plain出典:pixta

【転職後に年収500万円を目指せる職業1】薬剤師

それでは、ここからは年収500万円以上目指せる仕事を紹介しましょう。
まずひとつ目は薬剤師です。薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアなどで「調剤業務」や「服薬指導・相談業務」を行うのが主な仕事です。調剤業務は、患者さんから処方箋を受け取り、その処方箋に不備がないかをチェックしたうえで調剤を行います。服薬指導・一方相談業務は、調剤をした薬を患者さんに渡す際に、薬の説明や飲むタイミング、飲み方などを分かりやすく伝える業務。また、ほかに服用している薬などがあれば、薬の飲み合わせなどをアドバイスするのも薬剤師の仕事です。

薬剤師は、専門性が高いため社会的な地位も高く年齢を重ねても仕事も続けやすいという点が魅力でしょう。薬剤師は専門資格が必要な職業なため、簡単に代替が効かないこともあり、安定的に働くことができる職業です。

薬剤師を目指すには、まず「薬剤師」の国家資格を取得する必要があります。この薬剤師は、「大学の薬学部などで専門の課程を修了すること」が受験資格。この受験資格を満たしたうえで、薬剤師試験を受験して合格する必要があります。そして、合格後に薬剤師の登録を行ったうえで、薬剤師の求人に応募して合格すると、晴れて薬剤師として働くことができます。

【転職後に年収500万円を目指せる職業2】弁護士

弁護士の仕事は、法律の専門家としてさまざまなトラブルや契約毎などに法律的な見解からアドバイスや法的な手続き、法廷での弁護業務などを行うことです。また、企業内の顧問弁護士として、会社が抱える裁判に関する調査業務や取り引き企業などとの契約の法務チェックなどを行うこともあります。

弁護士の魅力としては、法律の専門家として専門性の高い法律業務に携われることです。また、独立開業もしやすく、年収も高くなっている点も魅力となっています。
弁護士を目指すには、まず司法試験に合格する必要があります。司法試験はさまざまな資格の中でも、最も難しい試験のひとつと言われており、合格は非常に厳しい道のりとなっています。司法試験を受けるには受験資格が必要ですが、その受験資格を獲得するためには、以下の2つのルートが存在し、どちらかひとつを満たす必要があります。

・法科大学院(ロースクール)の修了
・司法試験の予備試験に合格

「法科大学院(ロースクール)を修了」する場合、時間面や経済的な負担が大きくなりますが、確実に受験資格を取得することができるため、弁護士になるためには一般的な方法となっています。
一方、「司法試験の予備試験に合格」する場合は、法科大学院(ロースクール)に通う必要がないため、時間面や経済的な負担は少なくなりますが、予備試験でも非常に高度な法律に関する知識が求められます。その後、最難関の司法試験に合格したうえで司法修習を受け、試験に合格する必要があります。

【転職後に年収500万円を目指せる職業3】税理士

税理士の仕事内容は、企業の税務や経理などに関するさまざまなアドバイス業務を行うことです。具体的には、企業の会計処理についての業務や税金の申告に関連する業務というように、税に関する業務です。
そのほか、個人向けの相続や贈与などの税に関する相談に応じることもあります。個人でも、お金を持っている人や不動産を持っているような人であれば、税に関する相談をしたい人も多いため、税理士が節税方法などをアドバイスすることもあります。

これらの税に関する業務は、税理士の「独占業務」となっており、税理士しか扱うことができません。また、税理士は専門性の高いスキルが必要な職業でもあるため、若くても活躍・独立開業しやすい職業。これらは税理士の大きな魅力といえるでしょう。

税理士の目指し方としては、税理士試験に合格することが一般的なルートです。そして、税理士試験に合格後は税理士会に登録して、税理士事務所などの求人に応募して内定を得るか、独立開業をすることで税理士として働けます。

【転職後に年収500万円を目指せる職業4】社会保険労務士

社会保険労務士は、企業内で「社会保険」や「労働」に関連するプロフェッショナルとしてアドバイスや手続きを行うことが主な仕事です。具体的には、企業が社員を雇う際に行わなければならない健康保険や年金、労災保険・雇用保険などの「社会保険」と呼ばれる手続きや、「育児休業」の制度や「就業規則」などの企業内の制度作りに関するアドバイスなど企業内の社員の働き方や法律、手続きなどに関するあらゆる業務を行います。

また、これらの社会保険や労働に関連する法律に関しては社会保険労務士の独占業務となっており、非常に専門性が高い職業とされています。

社会保険労務士の魅力としては、独占業務であることはもちろん、専門性の高い仕事であることもあげられます。専門知識を持って、コンサルティング業務やアドバイザー業務をしたい人にとっては非常にやりがいのある業務でしょう。

社会保険労務士を目指すには、国家試験である社会保険労務士に合格する必要があります。そして、社会保険労務士に合格後、2年以上関連する社会保険労務士の実務業務を経験したうえで、特定の講習を受けることで正式に社会保険労務士になることができます。

転職後年収500万円を目指せる職業は専門的なものが多い

この記事では年収500万円になった場合の生活水準や、実際に年収500万円が目指せる職業を紹介しましたが、これらの仕事はどの職業も専門的なものが多くなっています。
そのため、年収500万円を目指せる職業に転職を考え始めたら、資格取得に向けた勉強を始めてみるといいでしょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110542j:plain

著者:三宅雄太

-キャリアアドバイザー
-ファイナンシャルプランナー
-宅建士
株式会社インテリジェンスにて5年間、キャリアコンサルタント職に従事。延べ1000人以上にキャリアカウンセリングを実施、約250名の転職成功を実現。 その後、ファイナンシャルプランナー・宅建士の資格も取得することによって、人生における三大テーマである「仕事」「お金」「家」の全ての領域でのプロフェッショナルとなる。 現在は、これら3つの領域を分かりやすく伝えるため不動産や転職・求人領域のメディア編集長として活動中。