情報処理業界の志望者必見!エントリーシートの志望動機の書き方とは

IT業界の中でも、基幹として特に多くの企業を支える情報処理業界。顧客となる企業や業務の幅が広いため、志望動機を考えるためのポイントを押さえておくことが大切です。今回は例文も交え、具体的な書き方を紹介していきます。

情報処理業界での仕事内容とは?

情報処理業界に属する企業は、ハードウェア、ソフトウェア、通信、ウェブサイトなどITに関わる広範の内容を組み合わせ、顧客の課題解決を行います。顧客へのヒアリングからはじまり、システムの企画、構築から運用にまで携わります。こうした事業を行う企業はシステムインテグレータ、通称SIer(エスアイアー)と呼ばれます。

日本にも多くのSIerが存在しますが、下記の3つが主な企業形態です。

(1)メーカー系
コンピューターのハードウェアを製造しているメーカーを親会社とする企業です。親会社で利用するシステムの開発を確実に請け負えることや、安定した経営基盤により腰を据えて働きやすい環境です。
企業例:日立ソリューションズ、NECソリューションイノベータ、富士通マーケティングなど

(2)ユーザー系
商社、金融系企業、ハードウェア以外のメーカーの子会社として、システム部門が独立している企業です。メーカー系と同じく案件受注の確実性や安定した経営基盤が魅力です。
企業例:NTTデータ、野村総合研究所、伊藤忠テクノソリューリョンズ、SCSKなど

(3)独立系
親会社を持たず、独立した資本を持つ企業を指します。親会社に縛られることがなく、課題解決のためにさまざまなソフトウェアを選択できるといったメリットがあります。
企業例:大塚商会、TISなど

▽情報処理業界の企業に関する就活生のクチコミはこちら
情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180405112528j:plain出典:pixta

情報処理業界の主な職種と特徴は?

次に、情報処理業界の主な職種とその特徴を見ていきましょう。

《文系職種》
・営業
→顧客のニーズに合わせたシステムの導入を提案する。

・ITコンサルタント
→営業と比べると、経営課題の分析などより専門的な分野に踏み込み、それをITの活用によって解決することを提案する要素が強い職種。

《技術系職種》
・システムエンジニア(SE)
→顧客の要望に応じ、システムの設計を担当する。

・プログラマー
→システムエンジニアの設計に従い、プログラムを開発し、正常に動作するかのテスト実施、バグの修正などを行う。

・セールスエンジニア
→主に法人顧客に対して営業とヒアリングを行い、技術的な面から企業の課題解決を目指し、提案から開発、納品までを行う。

これらはあくまで主な職種です。このほかにもより細分化された役割や、経験を積むことで挑戦できる職種も存在します。それぞれの役割をよく理解し、具体的に自分がどのような仕事に取り組みたいのかを考えましょう。

エントリーシートで注目される志望動機の書き方とは?

次に、情報処理業界を志望する場合にどのような志望動機をエントリーシートに書くべきか、共通する内容を押さえましょう。

志望動機の構成要素として必ず押さえたいのが以下の3点です。

(1)情報処理業界を志望する理由やきっかけは何か
(2)情報処理業界の中でなぜその企業を志望しているのか
(3)入社後仕事を通じて何を実現したいか、どんなことに挑戦したいか

書く順番は上記の通りが理想ですが、文字数制限や取り入れるエピソードによっては、構成を変えたほうが、流れがスムーズなことも多いです。臨機応変に対応しましょう。

企業側の視点で特に気をつけたいポイントは「(2)情報処理業界の中でなぜその企業を志望しているのか」です。どの企業にも言える志望動機では、採用担当者もあなたに関心を持ってくれません。

企業の具体的な事業内容やこれまでの特徴的なプロジェクト、これからの成長目標や注力事業などから独自性を見出し、あなたの言葉でどんな仕事に取り組みたいのかを伝えましょう。

情報処理業界向け!志望動機の例文をまとめて紹介

最後に、職種別に通信業界の志望動機の具体例を見てみましょう。

(1)文系職種の志望動機例(営業)
私は社会や企業の抱える課題を、ICTを用いて解決することで日本をより住み良い環境にしたいという想いから、システムインテグレータに関心を持ちました。その中でも、一気通貫で提案できる体制を持っていることに加え、業界を超えた幅広い顧客基盤を有する点に魅力に感じ、貴社を志望しています。入社後はソリューション営業として、専門的な業界・業務知識を身につけ、顧客企業のパートナーとして信頼されるよう仕事に打ち込みたいと考えています。

(2)文系職種の志望動機例(独立系SIer・営業)
私が貴社を志望した理由は、お客様のニーズに対し、コンサルティングからアフターサポートまで総合的に関わることができると思ったからです。私は多くの人の役にたてる仕事がしたいと思っています。汎用性の高いIT事業において、ワンストップソリューション※を提供できる強みがある貴社でならば、多くの人のニーズを迅速に解消できると考え志望しました。入社後はお客様と直接向き合う営業として、それぞれのニーズに合わせた提案で信頼関係を築いていきたいと考えています。

※ワンストップソリューション:一般的に、その企業のみで一気通貫して顧客をサポートできる提案を指す。

(3)技術系職種の志望動機(インターンシップ参加経験有)
私はインターンに参加したことをきっかけに、システムを使って金融機関の課題解決を行い、間接的に社会経済を支えるという仕事に興味を持ちました。中でも貴社の金融システムが国内でトップのシェアを誇ることに加え、システムの要件定義から携わることで顧客に対して抜本的な提案ができることが魅力であると感じています。入社後は投資信託のシステムに関わることで、顧客の資産運用をより活性化させ、最良の資産運用が行えるように支援したいと考えています。

(4)技術系職種の志望動機例(専攻を活かしての就職)
私は大学院でのシステム開発に関する研究を通して、システムは現状の課題に対するソリューションの提供が可能であり、またゼロから新たな価値を生み出すことも可能であるということを感じました。それをきっかけに、私はシステムによってより多くの人や社会に影響を与えられるような仕事に就きたいと考えるようになりました。貴社を志望する理由は、幅広い顧客基盤と品質の高さにより、多くの人や社会に満足度の高いサービスを提供することができるためです。これまでに学んだ知識を活かしつつ、更なる知識やスキルの習得、そしてチームや関係者の方々との協力を通して世界に新たな価値を提供していきたいです。

(5)技術系職種の志望動機例(海外志向)
在学中の留学経験を経て、世界で活躍できるグローバルエンジニアになりたいと考えるようになったことから、情報通信業界に関心を持ちました。そんな中、貴社は海外からも受注実績もあり、今後よりいっそうグローバルブランドとしての立場を確立させていきたいという方針があると知りました。ぜひそうした環境で、貴社の一員として挑戦していきたいと考え志望しています。

また、下記のリンクから具体的な企業ごとの志望動機例を見ることができます。参考にしてみましょう。

・NTTデータの志望動機例
https://www.nikki.ne.jp/es/9613/
・伊藤忠テクノソリューションズの志望動機例
https://www.nikki.ne.jp/es/4739/
・日立ソリューソンズの志望動機例
https://www.nikki.ne.jp/es/201011010114343673/
・富士通マーケティングの志望動機例
https://www.nikki.ne.jp/es/8092/
・大塚商会の志望動機例
https://www.nikki.ne.jp/es/4768/

例文を参考に人事にアピールする志望動機を考案しよう!

志望動機は、あなた独自の着目点や経験から活かせる点を盛り込むことで、採用担当者の目にも止まりやすくなります。企業研究と自己分析の両面をじっくりと行い、自分だからこそ言うことのできる志望動機を目指しましょう。

関連リンク

情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。