インターネット業界向け!エントリーシートの志望動機の書き方を紹介

エントリーシートを書く際に苦労するのは、企業ごとに準備する必要のある志望動機ではないでしょうか。今回はインターネット業界の仕事内容について職種別に紹介したうえで、志望動機を書くポイントと例文をご紹介します。

インターネット業界での仕事内容は?

インターネット業界を、インターネットを使ったサービスを提供している会社やwebサイトを作成している会社ととらえると、さまざまな企業が思い浮かぶのではないでしょうか。企業だけでなく職種もさまざまなので、まずはインターネット業界における職種を整理しておきましょう。

webディレクター

webディレクターとは、一般的にweb制作における現場の最高責任者のことを指し、webデザイナーやイラストレーター、カメラマン、ライターといったスタッフをとりまとめて、作品をつくりあげていきます。そのため、web制作における知識はもちろんのこと、発注元であるクライアントの要望をくみとる力やスケジュール管理力、人望も重要な職種といえます。

webデザイナー

webサイトのデザインをする人のことをwebデザイナーと呼びます。クライアントの要望をwebディレクターらと相談しながらデザインに落とし込む仕事です。

プログラマー(webエンジニア)

プログラマーの仕事は、webサイトの表示や動作が正常に行われるようにプログラム言語を駆使して、最終的な形に仕上げていくことです。新しい技術が次々と生まれていく分野なので、情報をしっかりと収集することも大切です。

▽インターネット業界に関するリンクはこちら
情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

他の業界と共通の職種もある

インターネット業界といっても、他の業界と共通の職種もあります。人事、経理といった事務職や営業職が代表的です。事務職や営業職、上述の技術職(Webデザイナーなど)は採用の枠が分かれていることも多いので、しっかりとチェックしておきましょう。

f:id:hito-contents:20180405091131j:plain出典:pixta

インターネット業界で求められる人物像の特徴

インターネット業界のなかでも、Webデザイナーなどの技術職はその分野での実力が問われます。事前にポートフォリオなどを用意し、各企業へアピールしていきましょう。事前にその企業がどのようなサービスに力を入れているか調べておけば、自分の力が活かせそうか判断できるはずです。

また、最終的にwebディレクターとして組織を管理する立場になりたいのであれば、webに関する広範な知識を持っていると評価は高まります。もちろん協調性など組織で働くうえで大切な要素もチェックされます。

一方で、営業職や事務職に求められる力は他の業界と大きく変わりません。営業職では顧客のニーズをくみとる力や関係構築力、事務職では事務処理能力や協調性が求められます。自分自身の適性ややりたいことを深掘りしたうえで、希望の職種を決めていきましょう。

インターネット業界向け!志望動機の作成ポイント

インターネット業界に限らず、志望動機では自分の意思を明確に示す必要があります。仕事で何をしたいのか、将来自分はどうなりたいのか、会社で自分はどのように貢献できるのかといった点を深掘りしておきましょう。将来実現したいことと志望動機につながりがあれば、より説得力のある内容になります。

志望動機に関する具体的な設問としては、以下のようなものが挙げられます。

(1)インターネット業界を選んだ理由は?

インターネットには大きな可能性がまだまだ秘められている、という理由を伝えるケースが多いようです。インターネットを使うことで、地方と都市部の情報格差も埋まりやすくなりますし、今注目されているAI(人工知能)の技術にもインターネットの力が大きく関わっているからです。インターネットに興味を持った理由や、可能性を感じた理由を自分のエピソードをもとに組み立てるのもいいでしょう。

(2)なぜ他社ではなく自社を選んだのか?

これは難しい質問だと感じるかもしれませんが、ここでもしっかりと自分の意思を示すことが大切です。志望先企業の事業(サービス)で興味のあるものを挙げたうえで、その取り組みに携わりたいという意思表示とその理由を伝えることができれば、説得力が生まれます。

インターネット業界の大手企業別!志望動機の例文紹介

ここでは、企業ごとに志望動機の例を確認しておきましょう。ポイントもあわせてお伝えしていきます。

ヤフー

【志望動機例】
インターネットを通じて人々の夢を応援したいから
私は大学で陸上ホッケーに打ち込んでいました。競技人口が少ないため、練習方法が確立されておらず、自分たちでメニューを考えながら練習に取り組んでいました。
練習方法を考える際に参考したのが、webサイトや練習方法を紹介する動画サイトです。このような情報があったからこそ、関東大会優勝という自分たちの目標を達成することができました。インターネットには人々の夢を応援できる力があると強く感じた瞬間でした。

インターネット業界のなかでも貴社はポータルサイト最大手であり、多くの人に情報を届けられる点に魅力を感じています。また、eコマースにおいては出店・販売手数料無料を実現するなどして、人々の夢を応援しています。これらの姿勢に大変共感し、貴社で人々の夢を応援していきたいと思っています。

【志望動機例のポイント】
このように、最初に最も伝えたいことを書いておくと読みやすくなります。必須ではありませんが、最後にもう一度最初書いたこと(人々の夢を応援したいという思い)に触れることで、強く印象づけることができています。

インターネットの可能性について、実体験をからめながら伝えると説得力が増します。ポータルサイト最大手であることやeコマースに力を入れていることなどは、業界研究、企業研究をしていけばすぐわかることです。自分がその企業のどのような取り組みに興味を持っているのか、という点をしっかり伝えていきましょう。

▽ヤフーの内定者の志望動機実例をもっと見たい人はこちら
ヤフーに内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

楽天

【志望動機例】
eコマースの力で、世界を1つのマーケットにしたいから
私は現在、地域の高齢者にインターネットの使い方を教えるスクールでアルバイトをしています。高齢者の方々にパソコンを楽しんでもらうためのハードルはたくさんありました。しかし、利用者の方々が徐々に使えるようになり、笑顔を見せたとき、それは何にも代え難い喜びとなりました。なかには「日本中のおいしいものをパソコンで購入でき、人生が楽しくなった」と言ってくださる方もいました。eコマースは、性別や年齢、国を問わず、人々の生活に貢献する力があると感じています。ものやサービスを欲している人と、それらを届けたい人をつなげる貴社の事業を盛り上げていき、将来は世界を1つのマーケットにしたいと思っています。

【志望動機例のポイント】
インターネットの使い方を教えるスクールでのアルバイト経験を書くことで、インターネットへの思いを伝えることができています。このエピソードのように人々の感情を動かした経験というのはエピソードとしても魅力的なので、自分自身そのような経験がなかったか一度振り返ってみてもいいでしょう。

そしてこの志望動機例でもインターネットの可能性について触れています。インターネットが今後どのような方向へ向かっていくのか、想像を膨らませることも大切です。

▽楽天の内定者の志望動機実例をもっと見たい人はこちら
楽天に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

具体例を参考にしながら魅力的な志望動機を作成しよう!

インターネット業界を志望する場合は、インターネットの今後の可能性について自分の言葉で伝えることが大切です。内定獲得者の志望動機も参考にして、自分の意思をしっかり伝えられる志望動機にしていきしましょう。

参考

[1]杉村 太郎、熊谷 智宏
[2] 2015/9/4
[3]絶対内定2017 エントリーシート・履歴書
[4]ダイヤモンド社

関連リンク

 履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
ヤフーに内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)
楽天に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。