キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就活イベントの中でも人気沸騰中!合説(企業合同説明会)とは?

就活生にとって有意義な情報が効率的に入手できる合説(企業合同説明会)に参加したことはありますか?同日に多くの企業が集まるこのイベントをうまく活用するにあたり、知っておきたいおすすめ情報をまとめて紹介します。

合説(企業合同説明会)とは?

合説とは、「合同会社説明会」の略称です。決まった日時にさまざまな業種、職種の企業が集まってブースを設置し、そのブース内で就活生へ向けて会社説明会を行う採用イベントのことをいいます。合同企業説明会や企業展などと呼ばれる場合もあります。

・主催者
民間の企業、公的機関(県や市など)、学校が主催するものがあります。

・規模や参加企業数
規模は時期や参加企業数にもよりますが、小さいものから大きいものまでさまざまです。小さい規模だと参加企業数10~20社ほどの企業を集め、参加する就活生も50名前後ほどで開催されるものがあります。規模が小さい代わりに頻回で開催されることも多いです。大きな規模になると、東京ビックサイト(国際展示場)や幕張メッセなどの広いスペースを借りて100社以上の企業を集め、参加する就活生も1万人規模になるものもあります。

・開催時期
基本的には、就活の解禁時期に合わせて合説もスタートします。現在の大学3年生が就活を始める場合、いつから解禁するかというと、2019年卒の新卒採用活動開始時期が2018年の3月となりますので、3月1日より各社が会社説明会を開始し、合説などのイベントもこの日以降に開催されます。2019年の10月1日がほとんどの企業の内定式となりますので、このシーズンまではさまざまな場所で頻繁に合説が開催されることでしょう。

▽今予約できるイベントをまとめてチェックできる!
イベント・合同説明会(みん就フォーラム)開催一覧 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180402162113j:plain出典:pixta

合説(企業合同説明会)への参加方法と注意点

合説に参加する場合にはどのような準備や動き方をすればよいのでしょうか?ここではどのような流れで合説に参加すればよいのかについて説明します。

■入退場や費用について
合説は基本的には予約不要で、入退場も自由にしているところが多いです。もちろん入場料もかかりません。自分が行きたい時間に入場して、帰りたい時間に帰ってよいのです。

■服装、持ち物
ほとんどの就活生は、スーツを着用して参加しています。スーツに合わせた靴、カバン(A4サイズの書類が入る大きさ)、ネクタイを準備しておきましょう。会社説明を聞きながらメモを取ることもあるため、筆記用具とノート(立ち見に備えてバインダーもあると尚良し)は必須です。会社訪問や面接のスケジュールを予約できる企業もあるので、スケジュール帳やメールアドレスを用意し、企業とのアポイントを取れるようにしておきましょう。

■会場での動き方
1.エントリー用紙に記入をする
合説では履歴書を提出する必要がありません。その代わりに、企業のブースに訪問する際にエントリー用紙を提出します。これはエントリーシートではなく、企業へ自分が訪問してきたことを残すための情報を記載したシートです。
まず会場に入ったらエントリーシートを記入します。内容は名前や大学名、年齢、連絡先などを記載します。だいたい5枚複写式になっているので、1回記入すると4~5社は回れるようになっています。
2.ブース訪問する企業を選定する
受付に行くと、当日の参加企業の情報が記載してある冊子がもらえます。その冊子を元に興味がある企業、行ってみたい企業を選定します。人気のある企業は担当者が見えないくらい人だかりができていたり、逆に誰もいないブースもあったりしますが、遠慮せずに1社でも多くの企業ブースを回れるようにしましょう。合説前日までに参加企業リストをチェックしておいて、回りたい企業を優先して見ていく方法もおすすめです。
3.企業ブースを訪問して会社説明を聞く
ブースに行ってからの流れは、人事担当者へ「○○と申します。宜しくお願い致します。」といってエントリー用紙を渡し椅子に掛けます。各社のブースには就活生が座れる椅子が用意されています。椅子が空いていれば座って話が聞けますし、もし埋まっていてもブースの話が聞こえる場所で立って話を聞くことができます。

合説(企業合同説明会)に参加するメリットは?

合説に参加する大きなメリットは、一度に多くの企業を知り、比較ができることです。自分で調べるだけでは見つけることができなかった企業や、気になっていたけれどエントリーするか迷っていた企業などに出会うことができるうえ、気軽にブース訪問し会社説明を聞くことができます。本命で行くつもりの企業の説明を聞いてみると、あまり自分に向いていない職種でしか募集されていなかった、ということや、逆にベンチャー企業には縁がないと思っていたら、とても面白い企業に出会って受けてみようと思った、など、さまざまな機会を得ることができるもの合説の魅力です。

もう一つのメリットは、自分でブース訪問したいところやタイムスケジュールを決められることです。人気のある企業は優先的に回って話を聞く、興味が持てなかった企業は目立たないように中座する、など自由に調整ができます。入退場も自由ですので、すぐに帰るのはおすすめしませんが、自分のタイミングで動くことができます。
また、企業への質問がしやすいこともメリットといえるでしょう。周りには同じ就活生がたくさんいますので一人だけにスポットが当たることは少なく、気軽に質問することができます。

就活生のあいだで人気の合説(企業合同説明会)イベントを紹介

合説の魅力やメリットを知り、企業研究や情報収集にも活かせることをご理解いただけたと思います。合説は開催情報を見つければいつから参加し始めても良いですし、自由度は高いです。そのため、目的意識を持って自主的に行動、参加しなくてはいけません。まずはどこでどのような合説か開催されているのか、調べることから始めてみましょう。

みん就フォーラムは先輩満足度95.6%と非常に人気も満足度も高い合説です。(2019年卒対象)予約制となっていますので、参加する場合はホームページから予約しておきましょう。

合説(企業合同説明会)を上手に活用して就活を成功させよう!

合説では短い時間で効率よく多くの企業を知ることができるうえに、自分で時間を決めて自由に動けるのが魅力。まずは合説の開催情報をチェックして実際に合説に参加するのがおすすめです。自分に合った活用方法を実践してみましょう。

関連リンク

イベント・合同説明会(みん就フォーラム)開催一覧 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

著者:RIKUA

大手アパレルにて4年勤務後、広告業や人材業にて人事系統に8年、企画系統に5年勤務。広告会社にてフリーペーパーの記事作成やリライト、校正、新卒社員に向けたメルマガ配信等,ライティング経験有。また、人事部の立ち上げや運用等人事採用関連の知識を活かし、大学内や就職支援機関での就職セミナー講師も行う。