有給インターンシップの魅力を徹底解説!気になる給与相場も紹介

インターンシップに参加したいと思いながらも、無償と有給とどちらにするか迷っている就活生も少なくないでしょう。そこで今回は、給与がもらえる有給インターンシップの特徴や魅力、給与に関する情報をまとめて解説します。

有給インターンシップの主な魅力

無償インターンシップが短期的であるのに対し、有給インターンシップは比較的長期のものが大半を占めています。期間は3ヵ月以上と定めている企業が多く、有給インターンシップの基本的な期間といえるでしょう。無償に比べ期間が長いことから、仕事内容も体験型が中心となっており、戦力の1人として仕事を任されることになります。営業職なら実際に営業先に出向き、事務職なら資料作成や電話対応などを行います。自己成長やスキルアップができるのはもちろん、やりがいも十分に感じられることでしょう。当然、それらの業務に対して給与も発生します。

このように、学生にとってメリットや魅力が多い有給インターンシップですが、企業が有給インターン生を受け入れる目的とは何でしょう?

企業にとっては、学生の働きぶりを観察できるというメリットがあります。なぜ働きぶりを観察したいのかといえば、採用の判断を下すための材料にするためです。また、短期よりも長期のほうが学生のことをより深く知ることができます。有給インターン生を受け入れる全ての企業ではないかもしれませんが、多くの企業が有給インターンシップを正社員への登用ステップとして位置づけています。そのため、学生にとっても有給インターンシップへの参加は、内定獲得につながる可能性が高くなるといえるでしょう。だからといって、第一希望の企業のインターンシップだけに参加すべきということではありません。第一希望の企業でないインターン先でも選択肢の1つとして考えて、チャレンジしてみるのがいいでしょう。

f:id:hito-contents:20180402160319j:plain出典:pixta

有給インターンシップと無償インターンシップの違い

では、有給インターンシップと無償インターンシップの違いはどのような点なのでしょうか。ここでは有給インターンシップと無償インターンシップの違いを詳しく見てみましょう。

先にも述べた通り、有給インターンシップの期間は3ヵ月以上と長期になり、仕事内容も実務を任されます。戦力の1人としてカウントされるので、それなりに責任ややりがいもあり、その働きや責任に対して給与が支払われます。さらに、能力やポテンシャルが評価されれば、内定につながる可能性もあるのが有給インターンシップです。

一方、無償インターンシップは、1日から1週間程度と短期のものが多くなっています。期間が短いため、企業によっては責任のある仕事を任されることはなく、実務を伴わない場合があります。無償インターンシップはワークショップや会社説明会的な内容にとどまることが多く、就職活動の一環や学びの場として行われているケースがほとんどです。期間、内容、位置づけから見て、給与が発生する理由がないため無償となっています。ただし、社員の指揮のもとで行動しているなど、労働基準法の第9条に収まらない仕事内容である場合、有給になることもあります。

有給・無償インターンシップは、給与の有無はもちろん、期間、実務の有無、責任、目的など多くの面で異なることが理解できたことでしょう。インターンシップの参加を考えているなら、どちらが自分の目的や希望に合っているのかよく確認することを勧めします。

有給インターンシップを行っている主な職種

長期で行われる有給インターンシップは中小企業やベンチャー企業が中心で、業界や職種は多岐にわたります。代表的な業界はIT、広告、人材、ゲーム、コンサルティング、メディア、教育などで、メーカーや外資系企業でも多数受け入れています。また、職種としては、営業職や一般事務、エンジニア、企画やマーケティング、Webデザイナー、編集やライターなどです。いくつか例をみてみましょう。

◆営業
営業のインターンでは、営業リストの作成やスケジュール管理などの事務的な業務と、実際に営業先に出向く新規開拓や顧客フォローなどを包括的に学びます。敬語の使い方や名刺の渡し方、電話対応など、社会人としての基本も身につくでしょう。

◆エンジニア
エンジニアのインターンでは、企業ごとに求められるプログラミング言語が異なるので、事前によく確認する必要があります。主に、指定のプログラミング言語を使用したサービスの運用や新規の企画・設計・実装などを行うことになるでしょう。

◆企画
また企画では、イベント企画や新規事業の戦略立案、既存ビジネスの改善案立案などを手がけることができ、総合的なビジネス知識やリサーチ力などが身につきます。マーケティングでは、自社サービスの分析、ソーシャルメディアの分析・運営、競合他社の調査などから改善点を見つけ出すことが主な業務です。リサーチ力はもちろん、分析力、論理的思考力などのスキルが身につくでしょう。

◆WEBデザイナー
将来、Webデザイナーとして働きたいと考えているなら、PhotoshopやIllustratorを使ったWebサイトのデザイン企画・設計・実装を体験できる絶好のチャンスになります。

このように、有給インターンシップの多くは、社会人になった後に強みになる経験ばかり。業種も職種も幅広い選択肢があるので、自分に合ったインターン先を探してみてはどうでしょうか。

有給インターンシップの給与相場

業務に対する給与が出る有給インターンシップ。給与の決定方法はどのようなものなのでしょう?

・時給制や日給制
時給の平均金額は1,000円から1,200円程度。日給制や月給制なども時給に換算するとほぼ同額となるので、この金額が相場といえるでしょう。アルバイトと比較しても、大きな差はありません。つまり、アルバイトから有給インターンシップにシフトしても収入が大きく減ることはないということ。しかも、社会人としての経験が積めるので、学生にとっては一石二鳥なのです。

・月給制
企業によっては、業績に応じてインセンティブをもらえることもあり、ひと月で数十万円を手にする学生も存在するほど。自分の頑張りが給与に反映されるため、モチベーションのキープややりがいにつながります。

・出来高制
出来高制の場合は、企業によりインセンティブの割合が異なるため、平均的な給与を算出することはできません。しかし、成果が給与に直接的に関係するので、やりがいを求める人に向いているかもしれませんね。

有給インターンシップの探し方

有給インターンシップと無償インターンシップの違いから、有給インターンシップの給与相場まで詳しく解説してきました。最後に探し方をご紹介しましょう。

最も手軽なのは、各企業の公式サイトやインターンシップ専用の求人サイトを使って検索する方法です。インターンシップ専用の求人サイトでは、業種や職種別に検索できるので、希望に近いインターンシップが見つけやすいでしょう。もちろん、企業の概要や必須スキルも詳しく掲載されているので、安心して応募できます。その他には、企業の説明会に参加することによって、有給インターンシップのチャンスを獲得する方法もあります。

経験したことや挑戦したい業種・職種がはっきりしているなら、そこから探してみるといいでしょう。業種・職種がはっきりしていないなら、営業職を経験してみるのもいいかもしれません。なぜなら、学生に人気が高い金融業界や商社では、入社後に営業を経験することになるからです。もちろん、勤務日や勤務地から探してみるのも1つの方法です。その他には、大学で勉強していることに関係する業界や職種を経験してみるのもいいでしょう。どうしても決められない場合は、有給インターンシップの経験がある先輩などに相談してみましょう。

有給インターンシップは学生のときでなければできない経験です。メリットはあっても、マイナス要素はありません。迷っているなら、まず一歩を踏み出してみましょう。 

興味がある職種の有給インターンシップ情報を検索してみよう!

給与をもらいながらスキルアップや知識が身につけられる有給インターンシップ。内定狙い、能力だめし、自己成長、スキルアップなど目的は人それぞれですが、有意義な時間になることは間違いありません。自分の希望に合った有給インターンシップを探すため、まずはインターネットで最新の情報を確認してみましょう。

関連リンク

有給インターンシップの魅力を徹底解説!気になる給与相場も紹介

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。