【就パス~就活マイルールブック~】No.056 渡部晴登さん(早稲田大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

渡部晴登さん

生年 / Year of birth
1995

出身大学 / Graduated from
早稲田大学

内定先 / Prospective employer
某NGO組織

発行日 / Date of issue
30 MAR 2018

就活中のマイルール、教えます!

1. とりあえず行動する!

説明会やOB訪問、大学のキャリアセンターなどに積極的に行っていました。ネットなどでも情報は得られますが、実際に聞いた方がより多くの情報が得られると思います。また、説明会などで質問することでより深く企業のことを知ることができるので、その企業の志望動機を深めることができると思います。

2. リフレッシュする!

就職活動をしているとやはりストレスが溜まってくるので息抜きは必要です。私は家でぼーっとしたり友達と遊んだりしてリフレッシュしていました。

3. 友達と会う!

1つ前と少し被りますが、友達と会うことでリフレッシュできたり、同じ業界を志望している友達と話すことで情報共有もできたりするので定期的に会っていました。また、自己分析なども友達に手伝ってもらってました。

ここだけの話、教えます!

Q1:エントリーした業界は?
A:金融業界です。
色々な業界の人と関われる環境、また競争し合って成長できる環境がいいと考えていたことから、さまざまな業種の方と接点を持てる金融業界を選びました。土日が休みという条件も譲れなかったです(笑)。

Q2:エントリーした会社の数は?
A:20社ほどです。

Q3:その会社にエントリーした理由は?

A:説明会や先輩の話を聞いて自分が面白い、良さそうだなと思うかという感情を軸に企業を選び受けていました。

Q4:内定をもらった会社の数は?
A:3社です。

Q5:内定を承諾した会社は?
A:某NGO組織です。

Q6:内定をもらった時期は?
A:8月頃です。

Q7:内定を承諾した理由は?
A:NGO組織は一般企業とは違い、営利目的に活動をしているわけではないため、よりお客様のニーズに寄り添ったサービスを提供出来ると思ったからです。
私の就職する組織は、企業や個人に対して共済を提供しています。共済とは組合員があらかじめ一定の金額を出し合って、死亡や災害等の不測の事故が起きた場合に生じる経済的な損失を補いあうことです。私は最初、保険業界の企業に興味を持っていたので、調べているうちに共済という言葉を知り、だんだんとその共済の方がお客様のためを思ったサービスが提供できるのではないかと思いました。
また、社員の方が、選考にて学生に対してとても親身になってくれていたことも内定を承諾した理由の1つです。

Q8:インターンはやっていた?
A:りそな銀行で1dayインターンをやっていました。

Q9:就活中のゲン担ぎはある?
A:少しでもテンションを上げるために、好きな音楽を面接に行く前などに聞いていました。

Q10:就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
A:辛かったことは就職活動が長引き、7月頃まで続けていたことです。6月の頭にも内定は貰っていたのですが、実はあまり行きたくない企業だったので、自分の満足いく就活をしたいと思い続けていました。周りの友人の就職活動がどんどん終わっていく中、就活を続けるのは精神的にキツイところもありましたが、ここでやめたら後悔すると思い、自分を奮い立たせて乗り越えました。

関連リンク

生命保険/損害保険の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

渡部晴登さん

生年 / Year of birth
1995

出身大学 / Graduated from
早稲田大学

内定先 / Prospective employer
某NGO組織

発行日 / Date of issue
30 MAR 2018