面接時にマスクはNG?どうしても必要なときの着用マナーと対処法

就職活動をしていると、ひどい風邪や花粉症などで、どうしても面接でマスクが必要になる場合があります。会社に訪問する際や面接時にマスクを着用してもよいのでしょうか?知っておきたい着用マナーとおすすめの対処策を紹介します。

面接にマスクをつけていくことは基本的にNG!そのワケを解説

風邪や花粉症などを理由にマスクをしている人を多く見かけますが、公的な場所や面接などの場合に着用したままでいてもよいのでしょうか?基本的に、面接や会社訪問にマスクを着用したまま対応することはNG行為です。移動中や企業の方と接触しない時間であればもちろん問題ありませんが、企業に出向いている間は外しておくようにしましょう。具体的にマスクを着用するべきではない理由を紹介します。

・表情が読めない
顔の半分近くがマスクで隠れているので顔の表情や口の動きも見ることができません。もし笑っていたとしても、目だけでは笑っているのか判断することは難しい場合もあります。表情が読めない、見えないことは悪印象になりかねません。どんなにすばらしいことを話してもどんな顔で言っているのか分からないため、相手もあなたの意志をくみ取ることが難しくなります。

・顔が隠れてしまうので不審者に見えることもある
不審者の格好を想像した時、マスクをしている姿をイメージする人が多いのではないでしょうか。顔を隠すという行為をしていることで、やましいことがあるからあまり顔を見られたくないのではないか、と企業側に警戒されてしまう恐れがあります。

・声が聞きとりづらくなる
口がマスクでおおわれているので声がこもってしまったり、聞きとりづらかったりします。マスクがなければ口の動きを見て何となくこう言ったのかな、と読み取ることができる場合もありますが、マスクで口の動きが見えないことも合わさってさらに分かりづらくなります。

・印象が悪くなる
面接時はマスクを外すということが慣例であるため、マスクを着つけて面接を受けることに抵抗がない人は「常識を分かっていない人」というイメージを持たれやすく、また目と眉毛しか見えないため、拒絶されているような印象を与えます。これから面接で自分のことを知ってもらう時間なのに自分からその機会を奪ってしまうことは、もったいないでしょう。

▽花粉症に悩む就活生のクチコミはこちら
花粉症持ちの人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180329184505j:plain出典:fotolia

どうしても面接でマスクが必要なときはどうすべき?有効な対処法

では、体調不良やひどい花粉症などでどうしてもマスクを着用しなくてはいけない場合はどうすればよいのでしょうか?

・企業へ事前に確認電話を入れておく
一つ目の方法としては、面接に行く前に企業に連絡し、マスクを着用して訪問してもいいかのお伺いをしましょう。事前に許可をとっておくことで、マナーを知っている学生だと企業側も感じます。許可が下りた場合、面接直前までマスクを着用しますが、面接が始まれば極力マスクは外すようにしましょう。

・スケジュール変更の相談をする
二つ目の方法はスケジュール変更依頼です。高熱でどうしても動けない、インフルエンザなどの感染症で周りの方にもうつしてしまう可能性がある場合は無理して企業へ出向かずにスケジュール変更の連絡をしましょう。その際には自己管理ができていない印象を与えてしまうことは免れませんが、「自己管理ができていなくて申し訳ございません。」と一言添えるとよいと思います。スケジュール変更は最終手段ですのでできるだけ薬などで調整して面接に参加できるようにし、体調管理を万全にしておきましょう。

面接当日のマスク着用に関して事前相談するコツ!好印象を与える理由の伝え方

マスクを着用して訪問することを決めた場合に、悪い印象を持たれないためにはどうすればよいのでしょうか?まずは着用する許可を得るために事前に企業の担当者へ連絡しておくことをおすすめします。ここでは、企業の人事担当者にどのように相談すればよいのか具体的な方法をご紹介します。

・事前に企業の担当者へ電話連絡する場合
マスクを着用したままの学生が企業受付に来ると受付の人を含め、その姿を見た人は良い印象を受けません。事前に企業の人事担当者へマスクを着用して企業へお伺いする旨を伝えておきましょう。大切なことは面接を受ける自分自身が「マスクを着用して面接に臨むことはマナー違反であることを理解している」ということを相手に分かってもらうことです。自分の都合で着用しているわけではなく、マナー違反だと分かっているが、やむを得ず着用しなくてはいけないので許可をとっている、ということが伝わらないと企業側から見ると悪印象となりますので気をつけて話しましょう。
<例>
「わたくし○○大学の△△と申します。●月〇日の■時の面接につきましてご相談がありお電話しました。わたくしごとなのですが、花粉症を患っておりまして、明日のマスクを着用して御社にお伺いすることは可能でしょうか?もちろん面接の際にはマスクを外して受けさせていただきます。」

・もし風邪や花粉症などで鼻水が出てしまうなど支障をきたす場合は?
「面接の際にハンカチとティッシュを準備して面接を受けてもよいでしょうか?」とお伺いを立てておきましょう。

・面接中もマスクが外せない場合は?
面接中のマスク着用はマナー違反ですが、その面接時にもマスクが必要な場合は上記の事前連絡に加えて、当日にも人事担当者にマスクを着用していることについてお詫びを入れておきましょう。一度も顔を見せないことは失礼ですので、はじめにマスク着用の件を詫びるときと面接後のあいさつの時くらいはマスクを外して顔を見せるようにしましょう。
<例>
「花粉症がひどく、マスクを外すとくしゃみが止まらないのでマスクを着用したままの面接でもよいでしょうか?」

面接にマスクをつけていくときの基本マナー

マスクを着用したまま企業へ向かう場合は、当日も注意が必要です。事前に許可をとったから大丈夫、と当日何も言わずにずっとマスクをつけているのは印象が良くありません。人事担当者が「この方はマスクを着用したまま面接に来られます」と社内で共有していれば問題ないですが、特に共有していなかった場合、そのことを知らない社員は良印象を持たないでしょう。事前に許可をとっていても当日にもう一度相手の顔を見て詫びることがマナーなのです。

体調不調の原因や程度にもよりますが、事前に企業へ連絡して許可をとっていた場合でも、面接室に入る前にはマスクを外すのが基本のマナーです。面接室に呼ばれて椅子に掛ける前に一言お詫びを入れるようにし、もしタイミングがつかめなくても面接開始前までには必ず詫びるようにしましょう。できれば面接の最中はマスクを外しておき、顔が見える状態にしておきます。どうしても外ない場合は面接官に断りを入れてからつけ直すようにしましょう。

どうしてもマスクをせざるを得ない場合は、しっかりお詫びを

基本的にはマスク着用で面接に臨むことはマナー違反なので、できるだけマスク着用をしなくてよい状況を作ります。やむを得ずマスクを着用する場合は企業側から面接当日にマスク着用を許されても、当日は必ずお詫びの言葉を伝えましょう。

関連リンク

花粉症持ちの人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

著者:RIKUA

大手アパレルにて4年勤務後、広告業や人材業にて人事系統に8年、企画系統に5年勤務。広告会社にてフリーペーパーの記事作成やリライト、校正、新卒社員に向けたメルマガ配信等,ライティング経験有。また、人事部の立ち上げや運用等人事採用関連の知識を活かし、大学内や就職支援機関での就職セミナー講師も行う。