面接で出された飲み物は飲むべき?就活中に気になる飲み物のマナー

面接の時に出された飲み物は残さず飲むべきなのか?どうすることが正解なのか不安になる就活生も少なくないようです。企業が面接の時に飲み物を出す理由はなにか、そして、面接中の飲み物のマナーについて紹介していきます。

面接で企業が飲み物を出すのはなぜ?

面接中に飲み物を出す企業は珍しいとはいえ、まったくないわけではありません。過剰に反応して期待し過ぎたり、逆に不安になってしまったりしますが、そこには企業なりの理由があるので紹介しましょう。大切なことは、いずれの場合も特別なことと過剰反応せず、堂々と面接を受けることが大切です。

1.来客として普通のおもてなし
応募してくる就活生を通常の来客と考え、訪問してもらった以上は他の人と区別せず、飲み物を提供するように決まっている会社もあります。ただ、応募者の数が少ないからできることというのは頭に入れておいて下さい。1人20分ぐらいの面接時間を設定して、1日10数人もの応募者と面接をする規模の大きい企業ではまずありえません。

2.面接を少しでもリラックスして受けてほしい
一方、応募者数に関係なく飲み物を出す企業もあります。たとえば面接段階のステップが上がり、役員面接や最終面接となると人数が絞られてくるため、飲み物提供が可能になる時です。この場合は、飲み物を出すことで普段の堅苦しさを少しでも避け、リラックスした形で面接するのが目的です。背景には、就活生のそれまでの面接では見られなかった側面を見よう、という意味もあります。

3.内定は近い?
リラックスして面接をするために飲み物を出すという目的は前項と一緒ですが、企業が内定に近い判断をして、内定承諾をとりたい時にあえて特別に飲み物を出すこともあります。これはもう面接ではなく、面談に近いことを飲み物で暗示しています。「これは、面接ではなく、あなたの意思確認をしたいと思い来社していただきました。ま、お茶でも飲んで下さい。」と明言する会社もあります。

▽関連する就活生のクチコミはこちら
面接アドバイスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180326144830j:plain出典:写真AC

面接で飲み物を出された時のマナーは第一印象に影響する

面接で出してもらった飲み物に対するマナーだけで、企業側が合否を決めようということはまずありませんが、印象を左右する重要な要素があることを紹介しましょう。

1.最低限のマナーをわきまえているかどうか
前項で述べたように、飲み物を出す理由や思惑はいろいろあるにしても、大切なことは訪問先の企業で飲み物が出されたという一点です。企業はお茶の心得までを求めていませんが、最低限、お礼の気持ちとそれを言葉と態度で示せるかどうかが重要なポイントです。これができないと間違いなく印象度は落ちます。

2.「リラックスして下さい」という建て前
飲み物が目の前に出された途端、いきなり「じゃあ、志望動機を述べてください」といった面接質問が飛んでくることはありえません。普通は、何か世間話のような軽い会話から始まるのが一般的です。たとえば、「どうぞ、リラックスして下さい」と話しかけ、「今日は朝から暑いですね」と天候の話になることもあります。ここがポイントですが、リラックスと言われ「いや~、暑いのはダメですね~」などと本当にリラックスしては、だらしない印象しか残りません。

【実践!】面接で飲み物を出されたら実践したい基本のマナー

では、飲み物が出された時の実践的なマナーを、順を追って具体的に紹介しましょう。

1.まずはお礼を述べる
飲み物が出るタイミングは、面接官が待っている面接室に入って席に着いてから、係の人が自分にも面接官にも運んでくるのが一般的です。配膳された時点で、係の人に「ありがとうございます!」と声をかけると同時に、向かい側に座る面接官の方にも向き直り、同様にお礼の声をかけます。

2.飲むタイミングにも注意
飲むタイミングは、面接官から「どうぞ」と言われてはじめて手を出すようにします。飲む量は、ひと口かふた口にとどめ、飲み終えたら元に戻します。

3.軽い会話に応じる
飲み物が出た場合、いきなり面接の核心質問になることはあまりありません。先述しましたとおり、一般的には雑談から始まり、たとえば「今日は何時ごろ家を出られたのですか?」とか、「今日は暑いですね」といった問いかけがあるかもわかりませんが、面接の一環と考え答えはしっかり返します。「どうぞリラックスして下さいね」と言われながらしばらく雑談が続けば、その間にもう少し飲んでもいいでしょう。ただ、言葉通り、本当にリラックスしてしまい姿勢を崩したり、言葉遣いを雑にしたりすることは避けなければなりません。

4.面接の質疑応答中は手を出さない
雑談から一転して、自己PRや志望動機といった核心の質問をされてからは、飲み物に手を出すのは控えます。飲めるようなタイミングもあるかもわかりませんが、手を出さない方がいいでしょう。最初のひと口ふた口程度だと、飲み物は残りますが気にせず質疑応答に集中します。

5.終了間際にタイミングが合えば飲み干す
質問や回答がほぼ終了し、再びリラックス感を強調するような会話に戻れば最後のひと口を飲んでおきます。ただし、無理やり飲み干す必要はまったくありません。多少残したからといっても、この場合はマナー違反になることはありません。逆に、どうぞと言われているのにまったく口をつけなかった場合はマナー違反です。

6.面接終了後はお礼を述べる
面接が終了すればお礼を述べますが、今回は面接のお礼と飲み物へのお礼の両方を述べます。「本日はお忙しい中面接の機会をいただきありがとうございました。また、お飲み物までちょうだいし、ご馳走様でした。」と述べます。

7.面接室(応接室)で待機中に出た場合
飲み物が面接前の待機中から出された場合ですが、出された時に係の人にお礼を述べるのは同じです。面接官はいませんが、出されたあとに飲んでも差し支えありません。これも、口をつけない方がマナー違反です。あとから入場する面接官へのお礼を忘れないようにしましょう。残っていて、面接官がさらに飲むのをすすめた場合はお礼を述べて口をつけます。

面接で出してもらった飲み物がペットボトルだった場合どうする?

企業によっては、飲み物としてペットボトルで出してくれるところもあります。マナーは通常のカップ等で出された時と基本はまったく同じと考えて下さい。

一般的にはペットボトルとカップが一緒に出てきたり、また、もともと席に置いてあったりすることもあります。いずれの場合も、すすめてもらった時にはじめてお礼を述べた上で、キャップを開けカップに注ぎます。量でいえば、カップで出された時よりもペットボトルの方が多いので、面接中に全て飲み干す必要はありません。

むしろ、面接が終わったあと、ペットボトルに残った飲み物をどうするかがポイントです。基本は置いて帰りますが、面接官が「どうぞ、お持ち帰り下さい」と言われたらお礼を述べてもらって帰るようにしましょう。

面接前も面接中も飲み物も味方につけよう!

面接前に気分が落ち着く飲み物を飲めばリラックスをして面接に挑めますし、面接中の飲み物のマナーがしっかりとしていればよい印象につながります。就活を納得のいくものにするためにも、マナーやポイントを押さえて飲み物も味方にしていきましょう。

関連リンク

面接アドバイスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。