新卒で海外に就職するメリットは?日本とは違う就職活動の方法も紹介

卒業後すぐに海外で働くことを目指す場合、メリット・デメリット両面を理解し、決断することが大切です。具体的にどのような方法で就職活動を進めるのか、日本との違い、成功のために準備をしておくべき内容なども併せてご紹介します。

就職活動前に整理しておきたい!海外で就職するメリットとデメリット

まずは、新卒で海外就職するメリット・デメリット両面を押さえましょう。

《メリット》

(1)語学力を活かした実務経験を積むことができる
外国語を仕事で使用することによって、ビジネスで求められる言い回しや業務上の用語などを身につけられ、使用頻度の高さからレベルアップもしやすいです。
また、ビジネススキルとしてはTOEIC●●点というスコアよりも、語学を活かしての実務経験を評価されますので、将来的にも経験がプラス要素となる可能性も高いと言えます。
ただし、海外に事務所を設ける日系企業に就職する場合、職場によって社内は日本語、もしくは顧客が日系企業で現地語を使わないなどのケースもあるので事前に確認をしましょう。

(2)若いうちから責任のある業務を任されることが多い
日本での就職と比較すると、年齢に関わらず実績さえあげればより難しい仕事や役職など、責任の重い仕事を任されることも多いです。海外の企業は20~30代の若い層が中心となって組織を作っていることが多いためです。
新しいことに積極的にチャレンジしたい、困難な仕事にも挑戦して早くスキルアップをしていきたいという方には、この上ない環境とも言えるでしょう。

(3)現地のビジネス環境に関する知識や経験が転職時の売りになる
将来的に日本で働くことになった時、海外での就業経験はあなたの売りになる可能性が高いです。
それぞれの国や地域によって、商習慣や文化、マーケットの状況は大きく異なり、日本にいてはわからないことは数多くあります。つまり、現地での経験は日本の企業にとっては価値となることも少なくありません。

《デメリット》

(1)給与水準が日本での就職と違う
海外就職の場合、一般的に現地法人での採用となります。そのため、給与水準も現地基準となる点は注意が必要です。
国や企業によっては日本の一般的な新卒学生よりも給与が大幅に低いケースがあるほか、日本から派遣される駐在員のような手当もつきません。

(2)日本のビジネスマナーを身につける機会がない
将来的に日本へ帰って仕事をしたいと思っている場合、日本のビジネスマナーを身につける機会がないという点はデメリットとなります。
日本の中途採用では、基本的なビジネスマナーは新卒時の研修などで指導するほか、就職後はじめの数年で身につけるものと捉えられており、日本での就業経験を重視することもあるため、就職活動で不利になる可能性があります。

(3)研修制度が整っていないことが多い
また、日本のような新人研修制度は海外では殆どありません。日本の場合、入社1年目はずっと研修というような企業もあります。一方で、海外就職の場合、入社後は簡単な業務の引き継ぎなどを経て、すぐに通常業務となることが多いです。
実務経験をすぐにつめるという点はメリットにもなりますが、自分で考えて行動することが苦手な人には厳しい環境とも言えるでしょう。

これらのメリット、デメリット両面をよく理解し、海外就職を本当にするのか熟考しましょう。

▽海外での就職に関する就活生のクチコミはこちら
海外で働きたいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180312162037j:plain出典:fotolia

海外に就職する場合の就職活動の流れを紹介

次に、新卒で海外就職をする場合、具体的にどのような流れで就職活動を行うかを説明していきましょう。

(1)インターンシップからの採用
世界的にも主流なのが、インターンシップからの採用です。数週間に渡って、インターンとして社員と同様の業務を任され、優秀であると評価を受けた場合はその企業に採用をしてもらえることも多いです。残念ながらその企業で採用に至らなかった場合でも、その経験を履歴書に記載して他の企業に応募することも可能となります。
日本と海外の最大の違いは、学生であっても実務経験を求められるという点なので、インターンシップを入り口に就職を目指すというのは現実的な方法とも言えます。
海外の大学に在学している場合には、その国でチャレンジするということも可能ですが、学期中は多忙であるため休暇中に参加する、もしくは休学して数週間〜数ヶ月参加するということが多いです。また、この方法は日本の大学に在籍する学生も同様です。
インターンシップの実施時期は企業によってさまざまですが、日本のエージェントを利用すると日本の大学の休暇中などに参加できるものを紹介してくれることも少なくありません。

(2)海外就職の求人サイトを利用する

海外就職の求人サイトの中には、新卒学生でもOKという求人があるケースもあります。アジア圏が中心とはなりますが、就業先の地域が希望と合致する場合には利用してみると良いでしょう。
応募時期については、あくまで中途採用と同じ求人で新卒も受け入れるというケースが多く、入社もいつまで待ってもらえるかは企業によって異なるため、一概にいつ応募すると良いということは言えません。日本で就職活動が始まる時期から情報をチェックし始め、応募したい企業にはその都度卒業まで入社を待ってもらえるかを確認する必要があります。
また、選考はSkypeなどのオンラインで実施されることが多いですが、場合によっては日本の支社での面接実施、最終面接だけ現地への渡航が必要など、企業によって異なってきます。その点は留意しておきましょう。

その他、学生時代の海外留学経験を生かして、最初は現地でフリーランスとして海外を拠点として働きはじめ、必要な経験と知識を得た上で現地での転職や起業に至るケースなどもあります。実際の先輩のケースを見てみると、職種はプログラマー、デザイナー、ライター、翻訳者などが挙げられます。

日本での就職活動のようなかたちに捉われず、目標を持って柔軟な選択をすることが、海外でのキャリア形成には必要です。

海外の就職活動と日本の就職活動の大きな違い

ここまで海外就職のメリット・デメリットや海外就職の方法についてご説明してきましたが、もう少し日本の就職活動との違いについても触れておきましょう。
就職活動の違いとして知っておきたいポイントとしてあげられるのは、以下の2つです。

(1)海外では即戦力が求められている
ここまでの内容でも触れてきた通り、海外では新卒学生であっても入社後即戦力として働くことを求められます。
それに伴って、就職活動中にアピールすべき内容も「学生時代に力を入れたこと」などではなく、「具体的にどのようなスキルを活かして仕事ができるのか」、「自分を採用することによってその企業にどのようなメリットがあるのか」など、より仕事に直結する内容を求められます。
また、日本のような研修制度もありませんので、足りないスキルや知識を自らの努力で補う姿勢も欠かせません。

(2)日本のような一括採用はない

日本では新卒学生は3月にエントリー開始、6月選考スタートというように「一括採用」の仕組みが定着していますが、世界的に見ると、これは独特な採用文化です。
海外就職の場合には、新卒採用であっても欠員補充や増員など、中途採用と扱いが同様であることが多く、就職活動を行う時期が決まっているわけではありません。
自分が就職活動を行うタイミングに、希望する企業に応募できそうな良いポジションがあるかどうかは運もあるので、的を絞りすぎず幅広い選択肢を探すことも大切です。

海外の就職活動で成功するための秘訣

海外就職で成功するために、以下の2つのポイントを押さえ早くから就職活動へ向けて備えましょう。

(1)自分の売りとなるスキル、知識、経験を学生時代から磨いておく
ここまでご紹介した通り、海外就職では即戦力を求められ、どれだけ実務に活かるスキルや経験を持っているかが評価されます。
学生であってもインターンシップやアルバイト、起業などを通じてスキル、知識、経験を得ることは可能です。
どのような分野で活躍するために、どのような経験を学生時代に積んでおくべきかを逆算して考え、就職活動が本格化するタイミングよりも早く準備をしておくことが大切です。

(2)海外就職の先までを考えたキャリアプランを持っておく
日本での就職と比較するとロールモデルが少ないこともあり、自分自身で考えたキャリアプランを持つことがより重要となります。
もちろん、実際に働きはじめて考えが変わることや新しい目標ができることはありますが、海外就職を目指す段階で暫定的にでも自分のプランを考えておきましょう。
いつまでに、どの程度のスキルを身につけるのか、どのような仕事に取り組みたいのか、どこで働きたいのかなど、内容が具体的であればあるほど、そこに至るまでの期間に挑戦する内容も変化してくるはずです。

海外で就職するなら、就職活動で自分の実践力をアピールできる準備を!

海外就職となると、日本国内での就業を目指す場合と必要な準備も異なります。特に、自分のアピールポイントとなるような能力をいち早く身につけることが重要です。計画的に資格取得やインターンシップ等の機会に経験を積みましょう。

関連リンク

海外で働きたいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。