キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

お酒に関わる業界を目指す!職種例や就職活動で目指したい企業まとめ

お酒に関係する仕事にはどのようなものがあるのかご存知ですか?今回の記事では、お酒に関わる就職先を見つけるために、具体的な職種、業種、企業の例をご紹介していきます。どのような選択肢があるのか、理解を深めましょう。

就職活動前に確認!お酒に関連する職種とは

お酒に関わる仕事を目指す上で、まず押さえておきたいのが職種です。どのような携わり方が可能なのか、お酒に関わる業界でよくある職種について見ていきましょう。

《事務系職種》

(1) 営業
まず挙げられるのが営業です。酒類メーカーやお酒を取り扱う商社では、顧客開拓や継続してのお取引のサポート、売上拡大のためにキャンペーン実施などの施策を行い、世の中に商品を広めていきます。

(2)マーケティング、商品開発
マーケティングや商品開発の仕事は、消費者のニーズをさまざまなデータに分析し、販売戦略を考案、既存商品の改善策の提案、新製品開発などを行うことです。また、製造部門と協業して仕事を進めていくことが多いのも、営業の特徴です。どのような顧客をターゲットに、どのような商品を作るのか、商品の骨子を描きながら決めていきます。

(3)販売
酒類を取り扱う小売店への就職の場合は、販売職がメインとなります。お客様の味や価格、購入目的といったご要望に沿った商品提案を実現するために、取り扱う製品に関する専門知識が求められます。

(4)接客
飲食店への就職を検討する場合には、店舗での接客がスタートラインであることが多いです。店内でお酒を提供するだけでなく、場合によってはお酒にまつわる説明の実施や、バーテンダーとしてお酒作りをするといった関わり方ができる可能性もあります。

こうした職種に加えて、人事や総務、経理、財務、法務など会社を支えるための事務系職種も、就職後に携わることのできる可能性があります。

《技術系職種》

(1)商品開発
技術サイドの商品開発では、マーケティング部門などと連携しながら、商品を具体的に作り上げていきます。原料や製法を模索し、求められる味を実現することがミッションです。

(2)醸造
醸造とは、お酒の工程の1つです。お酒を作るために原材料を発酵させることで、この工程を専門で行う仕事を醸造と呼んでいます。

通常は、一定した品質の製品を世の中に送り出せるように仕込み、製造を行います。新製品の場合は、試作とは違った規模で量産するため、同じ味を出せるかが腕の見せ所です。

(3)生産技術
生産技術とは、製品を作るための工場設備の新設、改善、維持管理などを行う役割を担う仕事です。一定した品質の製品を提供し続けるためにも不可欠な役割と言えます。

《その他の専門職種》

(1)ソムリエ
お酒の専門職としてよく知られるのが「ソムリエ」です。ワインに関する専門知識や経験を有し、顧客へワインに関するアドバイスや給仕を行う仕事となっています。ソムリエを名乗るためには、日本ソムリエ協会の実施する資格試験を受ける必要があります。受験には実務経験が必要ですので、飲食店やワインに関わる商社、酒造などで経験を積んだ上で目指しましょう。

f:id:hito-contents:20180312141627j:plain出典:fotolia

お酒に関わる仕事をしたいなら就職活動先はどこ?

次に、お酒に関わる仕事ができる就職先として、どのような業種があるのかを見てみましょう。

(1) 酒類メーカー
まず挙げられるのが、酒類を生産するメーカーです。全国規模で商品を販売している比較的規模の大きいメーカーであれば、定期的な新卒採用も行っているケースが多いです。ただし、一言で酒類メーカーと言っても手掛ける内容は多種多様。国内の就職先としてはビールメーカー、清酒メーカー、焼酎メーカーが主に挙げられます。それぞれの企業が手掛ける主要製品の他にも、発泡酒、チューハイ、ウイスキー、リキュールなどを手掛けている企業が多く、事業戦略によって製品の売上構成比が違う点にも注目です。比率次第で、自分がどのような商材の仕事に就けるのかも変わってきます。また、とりわけビールメーカーは国際競争も激しくなっており、グローバル規模での業界再編が進んでいることも特徴です。国内企業も海外展開に各社注力しており、海外で働くというキャリアを実現できる可能性もあるでしょう。

(2)酒造やワイナリーなどの専門の製造元
一般的に新卒採用を広く実施するメーカーだけではなく、小規模で地域性のある酒造やワイナリーへ就職するという選択肢もあります。仕事の性質としては、「職人色」が強いことが特徴です。1つの製品にじっくりと愛着を持って携われるという点は、異動がある大手メーカーへの就職と比較してもメリットと言えます。ただし、就職情報ナビなどに求人が掲載される類のものではありません。自分自身で直接企業のホームページやローカルの求人媒体を見て、就職先を探す必要があります。

(3)飲食店
一般的にはホールスタッフとして、接客に従事するところからスタートします。飲食店の場合、チェーン店なのか個人店なのかによって、中長期的なキャリア形成のあり方が変わってきます。ホールスタッフから副店長クラスになれるところまでは同じですが、その先のキャリアは違うからです。チェーン店であれば、店長を経験したのちに「エリアマネージャー」、あるいは「本部スタッフ」として管理業務やメニュー開発に関われる可能性も出てきます。個人店であれば、次のキャリアは「新規店舗の店長」か、自分自身でお店を出す「独立開業」の道です。飲食店は、競合他社との競争が起きやすい業種でもあります。それぞれの企業がどのような事業戦略でメニュー開発や新規出店を行っているのか、よく調べて比較してみましょう。

(4)小売店
小売店の場合、酒類の専門店や食品全般を取り扱うスーパーマーケットなどが選択肢として挙げられます。一般的には販売職からキャリアをスタートすることが多く、経験を積んで専門知識やスキルを高めた上で店舗のマネジメントやイベント企画といった業務も手掛けることとなります。業務形態によっては、商社としての機能を持っている場合もあります。

(5)商社
商品の開拓、仕入れ、小売店や飲食店向けの卸売りを主に手掛けます。メーカーとの違いは、自社では商品を作らず、他社の製品を販売するという点です。仕事への携わり方としては、営業職として販路開拓や売上アップのための施策実施に努めるといった働き方があります。そのほかに、国内外で商品の買い付けを行う「バイヤーの仕事」ができるのも商社ならでは。輸入製品を取り扱う場合を中心に、貿易や物流に関するポジションが多いことも特徴です。

それぞれの業種の中にも、さまざまな企業が混在していますので、事業の特徴や中長期的にどのような仕事に挑戦できる可能性があるのかまで注目し、就職先を検討してみましょう。

就職活動で目指したいお酒関連企業例

ここまで、お酒に関する就職先を探すために、職種や業種などについて見てきましたが、具体的にどのような企業があるのかについても触れておきたいと思います。

(1) アサヒビール(酒類メーカー)
酒類メーカーの代表格として挙げられるのが、アサヒビールです。「スーパードライ」、「クリアアサヒ」などの製品を手掛ける同社は、2016年まで7年連続で国内ビールメーカーの中でトップシェアを誇っています。また、国内に止まらず海外事業の拡大にも注目です。2016年10月にはイタリア、オランダ、英国、そして2017年3月には中東欧5ヶ国のビール会社を買収。ヨーロッパでの事業拡大の契機としています。

アサヒグループホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

(2) エー・ピーカンパニー(飲食店)
「塚田農場」、「四十八漁場」などの居酒屋経営を主に手掛けるエー・ピーカンパニー。「生販直結モデル」という生産者と直接提携し、流通、産地や食材のブランド化などを含めた独自のビジネスモデルを持つ企業です。近年はこのモデルで培ってきたノウハウを活かし、お弁当事業、ウエディング事業など居酒屋形態ではない事業や、海外展開なども積極的に行っています。

エーピーカンパニー(APカンパニー)の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

(3) ヴィノスやまざき(小売店)
静岡県に本社を持ち、東京都内にも広尾、有楽町、品川など数多くの店舗を持つ直輸入型ワインの専門店です。社員が海外の畑にまで足を運び、自社で仕入れを行うことによって、低コストで品質の高い品揃えを実現しています。

ヴィノスやまざきの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

(4) エノテカ(商社)
ワインの専門商社として、ワインショップの営業やワインの卸売りを手掛けている企業です。卸売り事業では、主に有名百貨店、スーパーマーケット、ホテル、コンビニエンスストアなどあらゆる顧客に自社直輸入ワインを販売しています。また、アサヒビールとも協業しており、「アジアNo.1ワイン商」という高い目標も掲げています。

エノテカの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

これらの企業はほんの一例で、お酒に携わることのできる企業は非常に多くあります。職種、業種、両方の観点からまずは選択肢を広げ、どのような携わり方をしたいのかを考えて就職先を探してみましょう。

お酒関連の企業への就職活動は関わり方を考えよう

お酒に関わる仕事は製造や販売だけでなく、さまざまな職種や業種があります。具体的にどのように携わっていきたいのか、職種や業種の特徴や将来的に歩みたいキャリアなどを具体的に考え、就職先選びにつなげていきましょう。

関連リンク

アサヒグループホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
エーピーカンパニー(APカンパニー)の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
ヴィノスやまざきの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
エノテカの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。