キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそう!緊急時の節電&充電対策

就職活動中、何かと頼りになるスマホ。外出時のバッテリー切れは避けたいものですね。そこで今回はスマホの充電が少なくなってしまった時の緊急対策として、消費電力を節約する方法や、外出中でも充電ができるスポットを紹介します。

【至急節電を!】就職活動で外出中にスマホのバッテリーが切れそうになったらひとまず節電

毎日の生活に欠かせないツールとなったスマホ。就職活動の際にも連絡手段のほか、スケジュール管理・乗り換え案内・地図サービスなどで強い味方となります。そんなスマホの充電が切れそうになってしまったら、まずは消費電力を減らす設定に変え、電池の減りを遅らせましょう。それでは具体的な対策方法を紹介していきます。

スマホはアプリなどを操作していない時も、通信機能など目に見えない動作で電気を消費しています。その消費電力を抑えることがポイントになります。各設定方法はスマホの機種によって異なるため、操作方法を事前に確認しておきましょう。

(1)機内モードをオンにする
機内モードとは、本来は航空機内での利用を目的とした機能です。機内モードをオンにすると、携帯電話キャリアが提供するモバイルデータ通信のほか、Wi-Fi(ワイファイ)・Bluetooth(ブルートゥース)といった無線通信機能を一括で無効にすることができます。但し、機内モードをオンにしている間はメールや電話も着信しないため、連絡待ちの際は注意が必要です。

(2)明るさを抑える
スマホの画面が明るいほど、電力を消費します。特に昼間の屋外では、かなり明るく調整されるため、「明るさの自動調整」をオフにして、手動で暗めに設定しましょう。

(3)アプリを完全に終了させる
スマホの特徴のひとつが、複数のアプリを同時に立ち上げられるマルチタスク機能です。そのため、起動していないように見えるアプリもバックグラウンド(背景)で動作を続けていることがあります。節電のためには使用していないアプリを完全に終了させましょう。なお、アプリの終了は節電のほか、スマホの動きが重くなってきた際の対処法としても有効です。

▽就活中のトラブルに関するクチコミはこちら
就活における大失敗のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそうな時に頼れるスポット(1):コンビニ

スマホのバッテリーが切れそうな時、頼りになるのがコンビニです。コンビニは店舗数が多いため、都市部などオフィスビルが立ち並ぶエリアなら、少し歩けば見つけることができるはずです。

コンビニを見つけたら、「モバイルバッテリー」を購入しましょう。モバイルバッテリーとは、スマホやタブレットの充電ができる持ち運び可能なバッテリーです。外出先でスマホの充電切れに悩まされる人は多いため、店舗の規模にかかわらず、大抵のコンビニにモバイルバッテリーが置かれています。モバイルバッテリーには「充電式」と「電池式」があるので、状況や目的に応じて選びましょう。

(1)電池式
「電池式」は、乾電池を入れて使用するタイプのモバイルバッテリーです。合わせて乾電池を購入すれば、電源(コンセント)を確保できない場所でもすぐにスマホを充電することができます。外出先で充電が切れそうな時には、こちらのタイプがおすすめです。単3電池を4本セットするものが1,000〜1,500円程度で購入できます。

(2)充電式
「充電式」はコンセントから充電するタイプのバッテリー。繰り返し使うことができるため、頻繁に使う場合は経済的です。コンセントが確保でき、時間に余裕がある場合は充電式バッテリーを選んでも良いでしょう。コンビニでは2,000〜3,000円程度の製品が購入できます。

f:id:hito-contents:20180308171832j:plain出典:fotolia

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそうな時に頼れるスポット(2):カフェ

充電ケーブルやモバイルバッテリーを持ち歩いている場合は、電源が使用可能なカフェの利用がおすすめです。電源を提供しているカフェでは、飲食物を注文した利用客は、席に設置されたコンセントを自由に使用することができます。お茶を飲みながら充電できるため、就活中のリラックスタイムにおすすめです。

なお、店舗の照明や掃除用に設置された、利用客向けではないコンセントを無断で使用することは、「電気窃盗」という犯罪行為にあたります。これから社会人になる学生のマナーとしても気をつけましょう。一般的に電源サービスのコンセントはテーブルの天板や壁の高い位置など、分かりやすい場所に設置されていますが、よく分からない場合は店員さんに相談してください。

下記に電源が利用できるカフェチェーンを紹介しますが、電源サービスを提供していない店舗もあります。事前にウェブサイトなどで確認しておくか、店頭で尋ねましょう。

(1)電源と無料Wi-Fiが利用できる店舗があるカフェチェーン
・スターバックスコーヒー
・タリーズコーヒー
・コメダ珈琲店

(2)電源が利用できる店舗があるカフェチェーン
・ドトールコーヒー
・銀座ルノアール
・プロント
・サンマルクカフェ

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそうな時に頼れるスポット(3):ファストフード

チェーン系のファストフード店でも、電源サービスの利用が可能です。ファストフード店はカフェに比べてメニューが安いため、より手軽に利用できるというメリットがあります。カフェの雰囲気が苦手な人でも、入りやすいでしょう。カフェの場合と同様に、利用客向けではないコンセントの無断使用は厳禁です。

電源サービスを提供している店舗があるファストフードチェーン
・マクドナルド
・モスバーガー
・ケンタッキー・フライド・チキン
・ロッテリア
・フレッシュネス・バーガー

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそうな時に頼れるスポット(4):携帯ショップ

ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯キャリアのショップの多くで、スマホの充電サービスを無料で提供しています。充電ボックス内のケーブルにスマホを接続し、暗証番号を設定して鍵を掛けるという仕組みのため、充電を待つ間に店舗を出ることも可能です。なお、充電ケーブルは店舗で用意されているものを使用するため、一部の古い機種では利用できない場合があります。

携帯ショップの充電サービスは店舗によって対応が異なり、契約キャリア以外のスマホの充電は断られるケースもあるようです。また、すべての店舗で充電サービスを提供しているわけではないので、注意しましょう。ソフトバンクは、公式サイトの店舗情報で充電サービスの有無を確認することができます。

就職活動中にスマホのバッテリーが切れそうな時に頼れるスポット(5):家電量販店

就職活動中にスマホの充電が切れそうになった時、近くに「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」「ノジマ」などの家電量販店があればぜひ利用しましょう。電機製品の専門店のため、コンビニよりもモバイルバッテリーの取扱いが豊富です。1,000円前後の手頃な製品から、大容量・急速充電などに対応した5,000円を超える上位製品まで、幅広い選択肢のなかから選ぶことができます。また、多くの店舗内にスマホの充電ボックスを設置しているため、充電している間に商品を見るのも良いでしょう。

このようにスマホのバッテリー切れ対策が充実している家電量販店ですが、コンビニやカフェに比べて店舗数が少ないため、就活中の頼りにするには確実性に欠けるかもしれません。

【豆知識】就職活動中のスマホの充電スポットはアプリで検索できる

就職活動中にスマホの充電ができる店舗としてカフェ・ファストフード店・携帯ショップ・家電量販店を紹介しましたが、これらのほかにも、カラオケボックスやネットカフェなど、電源や充電ボックスを利用できる施設は増えています。ただしチェーン店でも、店舗によってサービスの提供状況が異なるため、事前に情報収集しておくと安心です。

また、スマホ向けの充電スポットアプリを活用するのも良いでしょう。今いる場所を中心に充電サービスを提供している店舗を検索することができます。使いやすいアプリを選んでインストールしておけば、もしもの時に役立つかもしれません。

就職活動でスマホは欠かせないアイテム!バッテリーが切れそうな時こそ冷静な対応を

スマホの充電が切れそうになったら、まずは消費電力を減らすように設定を変え、バッテリーを購入できる店舗や充電可能な施設を探しましょう。時間のロスを防ぎ、効率よく就職活動をすすめるためにも、いざという時に備えてモバイルバッテリーや充電ケーブルを持ち歩くのがおすすめです。

関連リンク

就活における大失敗のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20180110150218j:plain

著者:山路道子

自宅のほかカフェやコワーキングスペースで仕事をすることも多いため、外出先での電源事情には詳しいです。