キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就職活動の新常識!?インフルエンサー採用とは?知って得する豆知識

最近話題になっている「インフルエンサー採用」って何?インフルエンサー採用をおこなっている企業はどこ?就活のトレンドを探るべく、今回は気になるインフルエンサー採用についてその特徴や企業の意図などを紹介します。

【就職活動・用語解説】そもそもインフルエンサーって何?そしてインフルエンサー採用とは?

インフルエンサーという言葉を聞いたことがあっても、インフルエンサーとは何なのかを具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。ここではインフルエンサーとインフルエンサー採用の意味について確認しておきましょう。

■インフルエンサーとは
インフルエンサーとは、消費者の購買意思決定に影響を与える人のことです。影響を及ぼすという意味の英語「influence」が語源で、近年ではインターネット上で情報拡散力のある人のことを指す言葉としてよく使われています。SNSでフォロワー数が多い人や、ファンの多いブロガーがインフルエンサーに当てはまり、SNSでの拡散力も含めて、商品やサービスの売上に大きな影響を及ぼします。各SNSのフォロワー数などをもとに影響力の大きさを測定できるソーシャルスコアリングというシステムもあるほど、インフルエンサーという言葉は一般的になっています。

■インフルエンサー採用とは
インターネット上で発信力や影響力が強い人を優遇する採用形態のことを、インフルエンサー採用といいます。最も一般的なのはSNSのフォロワー数が一定以上の人のみ応募できる形のもので、主にアパレル業界で導入されています。

f:id:hito-contents:20180308170814j:plain出典:fotolia

就職活動でインフルエンサーは有利なの?企業がインフルエンサーに注目する理由

ではなぜ企業は、インフルエンサーを採用したがるのでしょうか。インフルエンサーの強みを含めて、いくつか理由をご紹介したいと思います。

■消費者目線での発信ができるから
インフルエンサーは消費者の1人として情報を発信しているので、消費者目線で「商品の良さ」を伝える力を持っています。企業が出す広告に普段は目を向けない消費者に情報を届ける術を持っている人は、宣伝、広報の観点から考えるととても貴重な存在です。

■情報収集能力やメディア運営に関する知識があるから
フォロワー数が多い人は、SNSなどを通じて速報性の高い情報を多く集めていると考えられます。インフルエンサーが社員にいた場合、情報収集の面でもメリットがあるのです。また、ITやメディア運営に関する知識が一定以上ある点も魅力に映ることでしょう。多くの企業で広報やWebサイトの運営は重要な仕事の1つだからです。

■ニーズを把握する力があるから
影響力を持つためにはフォロワーや読者が何を求めているか、ニーズを的確に把握することが大切です。「モノやサービスを売る」という観点から考えると顧客のニーズを把握する力は社会人になってからも非常に重要度の高い力であり、ニーズを把握できるインフルエンサーは貴重な存在です。

■表現力や批判を恐れないチャレンジ精神があるから
発信している内容が支持されているからこそのインフルエンサーです。撮影技術やファッションセンス、文章力などの表現力は短時間で身につくものではないからこそ、貴重な能力だといえます。また、フォロワー数が多いということは、多くの人に自分をさらけ出しているという事実でもあります。批判を恐れずチャレンジできるという点も、インフルエンサーだからこその強みといえるでしょう。

■トライ・アンド・エラーを繰り返しているから
SNSやブログで影響力を持つには、いろいろなことを試し、失敗しながらも改善していくことが必要です。失敗にめげずトライ・アンド・エラーを繰り返すことのできる存在を企業が欲しくなるのは自然なことでしょう。

■企業PRにもつながるから
「インフルエンサー採用を実施する」というニュースは、新聞でも取り上げられています。具体的に社名が報道されることで、企業PRにもつながるというのも、企業側のメリットです。

就職活動でインフルエンサー採用を狙うならフォロワー数はどれくらい必要?

インフルエンサー採用を導入している企業の1つに、メガネショップのOWNDAYSを手がける株式会社オンデーズがあげられます。フォロワー数の基準は1,500人以上で、SNSの種類はTwitter、Instagram、BLOGに限定されています。ただし、単純にフォロワー数が1,500を超えていればいいというわけではなく、投稿の内容もチェックされるので、その点は注意が必要です。
エントリー時には、名前、年齢、希望勤務地、希望職種、SNSアカウント、フォロワー数をメールで送信することが必要です。

フォロワー数が1,500を超えていて、インフルエンサー採用の対象となった場合は会社説明会、書類選考、一次面接、筆記試験などの選考過程が免除。優先的に最終面接へ進むことができます。2017年の時点で販売職、クリエイティブ職を募集していますが、その他の職種を希望する人でもSNSのフォロワー数は評価されるとのことです。

株式会社オンデーズでは業務において立候補制を導入し、自ら率先してアピールできる人を求めているという事情から、インフルエンサー採用の導入に至ったようです。採用後は、社内インフルエンサーとしてPR発信と通常業務を並行して担当することになります。

就職活動でインフルエンサー採用がねらい目の企業

株式会社オンデーズの基準はフォロワー数1,500人以上でしたが、1,500人に満たなくても応募できる企業はあります。条件が緩く、狙いめの企業はあるのでしょうか?ここではインフルエンサー採用を実施している企業には他にどのようなところがあるか確認しておきたいと思います。(2017年時点の情報です。)

■株式会社TOKYO BASE
株式会社TOKYO BASEはセレクトショップや自社ブランドを展開するアパレル業界のベンチャー企業です。インフルエンサー採用の条件は「Instagramフォロワー2,000人以上、またはWEAR フォロワー1,000人以上」となっています。インフルエンサーの対象者は、人事マネージャーの面接へ進むことになり、一般的な選考よりも早い段階で内定を得られます。

▽TOKYO BASEに関する就活生のクチコミはこちら
TOKYO BASEの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

■BAYCREW’S GROUP(ベイクルーズグループ)
BAYCREW’S GROUP(ベイクルーズグループ)はJOURNAL STANDARDなどのセレクトショップや家具・インテリア、飲食事業などを手がけています。BAYCREW’S GROUPではファッションインフルエンサー採用という枠を導入していますが、条件にSNSのフォロワー数はありません。履歴書につける「ファッションコーディネートの写真を15ルック提出する」採用枠のことをインフルエンサー採用と呼んでいます。高いセンスが求められるプレスやバイヤーなどの職種が対象です。

▽ベイクルーズに関する就活生のクチコミはこちら
ベイクルーズの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

就職活動でインフルエンサー採用を活用して選択肢を広げよう!

今のところ導入している企業はアパレル業界が中心ですが、インフルエンサー採用も視野に入れると可能性が広がるのは事実です。まだ就職活動まで時間がある方は、SNSなどで自分の好きなものを発信していくとチャンスが増えるだけではなく、就職活動の面接などでもアピール材料になるかもしれませんね。

関連リンク

TOKYO BASEの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
ベイクルーズの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。