【企業潜入レポ#9】株式会社ジンズ・人事採用マネージャーに独占取材!3/3

こんにちは、法政大学四年生の菊地です。
前回に引き続き、株式会社ジンズの採用グループのマネージャー飯塚翼さんへのインタビューをさせていただきます。

今回のインタビューの後編では、内定獲得に向けて奮闘する就活生へのアドバイスの他に、ジンズの新しい挑戦、そして飯塚さんにとってのメガネとは何かをたっぷり語っていただきます!

■関連記事
【企業潜入レポ#9】株式会社ジンズ・人事採用マネージャーに独占取材!1/3
【企業潜入レポ#9】株式会社ジンズ・人事採用マネージャーに独占取材!2/3

内定への近道は、徹底した自己分析!

f:id:hito-contents:20180306091452j:plain株式会社ジンズ 飯塚翼さん

菊地:前回の記事に引き続き、人事担当者の目線から、就活生にアドバスをいただきたいと思います!進路に迷っている学生や、なかなか内定が取れずに不安を抱えている就活生に対して、アドバイスをいただけますか。

飯塚:今まで面接を通して1,000~2,000人ほどの学生さんを見てきました。その経験を経て思うのは、その会社に入って自分が何をしたいのかを、しっかり言葉に出来ているかどうかで選考結果に大きく差が出てくるということです。
「私の就職活動の軸は○○で、その理由は△△です」という点をしっかり語ることができ、なおかつ「御社はこういう特徴のある会社なので御社でなければ私のやりたいことができません」と自分が心から納得して言えるかどうかが重要です。ここまできちんと考えることができる人はいくらでも内定がでると思いますが、逆にここが言えないと内定を得ることが中々難しいと思います。

菊地:まず自分が何をしたいのかなど、自分のことをちゃんと知らないといけないということですか?

飯塚:そうです。自分自身のことを深く語れるかどうかが大切なポイントなんです。業界研究などを通して、企業のことについては皆ある程度知識をつけて話すことができますが、自分で決めるべき就職活動の軸などは、その内容も大切ですが、なぜそう考えているのかの理由・背景がしっかりしているかということも非常に重要です。なぜその軸を設定したのか、深く突っ込んでもきちんと答えることが出来る学生はやっぱりどこか違います。そういう学生に内定を出した時に話を聞いてみると、彼らはだいたい他社からも内定をもらっていますね。
少し長くなってしまいましたが、まとめると、業界研究をする前に、しっかりじっくり自己分析をすること!これに尽きます。
過去に経験したことは何?自分は何にやりがいを感じていた?何がうまくできた?そういったことを元に自分自身をどんどん掘り下げてみてください。自分の強みをしっかり把握すること、そしてその強みがエントリー企業とリンクしていること、そしてその繋がりをしっかり説明できること、この3点が何よりも大事だと思います。というか、個人的には、人事はそこしか見ていないと思うほどです。入社後、志望理由にある背景にもとづいて行動できる人なのかを知りたいので、そこの整理が大事だと思います。

菊池:人事目線での貴重なアドバイス、ありがとうございます!自分の中の「就職活動の軸」をまずきちんと設定すること、そのために自分自身を深く知ることが大切なんですね。なかなか就活がうまくいかないと感じている人は、もう1度自己分析をやり直してみるのもいいかもしれません。

メガネ業界の先陣を切るジンズの、次の新しい挑戦とは

f:id:hito-contents:20180306091729j:plain

菊池:それでは、ここからはジンズという会社の魅力に迫ってみたいと思います!現在おこなっているという、ジンズならではの新しい取り組みを教えていただけますか。

飯塚:昨年12月から、「世界一集中できるワークスペース」を作るという取り組みを始めています。「良い仕事とは何か」を考えたとき、答えは色々あるかと思いますが、ひとつの答えとして「イノベーティブなことを生み出すこと」だと考えています。そのためには、実はコミュニケーションだけでなく、自身の考えを深めて集中する時間が必要だというイノベーションに関する研究があるんです。
その考えに基づき、良い仕事をするために「コミュニケーション」だけでなく、「集中」をコンセプトにしたワークスペースを社内外の人に提供するため、「Think Lab(シンク・ラボ)」というワークスペースを作りました。

f:id:hito-contents:20180306091849j:plainThink Labの一部。こんなおしゃれなリラックススペースも。

菊地:良い仕事を生み出すための集中スペースということですね!具体的に、そのスペースにはどんな特徴があるのですか?

飯塚:まず、室温は24度に設定されています。少し肌寒いかなと感じるくらいなのですが、これは人間が一番集中できる温度だと言われているんです。あとは音にもこだわっています。耳をすますと、小鳥のさえずりが聞こえてきるのですが、これはリラックス効果があるようです。最後に視覚ですが、作業するデスクのまわりに観葉植物を設置しています。これは視界に10-15%程の緑があると集中しやすいというデータがあるということから採用しました。こういった科学的根拠を元に設計された集中に特化したワークスペースは、まだあまり例がないのではと思います。

菊地:すごいワークスペースですね。かなり集中できそうなので、そこでエントリーシートを作成したいです(笑)。ちなみに、なぜメガネの企業であるジンズがこういったスペースを作ることになったのでしょうか。

飯塚:2015年にセンサーを内蔵してまばたきや視線移動、姿勢の変化を計測できるメガネ「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を開発しました。これによってさまざまな計測や分析ができるようになったのですが、その中の1つが「集中力」なんです。このJINS MEMEで社内外の人達の仕事中の集中力を計測したところ、オフィスでは集中できていない、という驚きの結果が見えてきました。JINSのオフィスもコミュニケーションに特化していたため、集中するための要素がまだまだ不足していたんです。こうして集中できるワークスペースの開発を行っていたところ、社外の方からも利用したいという声が非常に多く、社内外に向けて公開した、という経緯があります。このようにして、メガネを販売するジンズがワークスペースも提供している、という現状があります。
このように私たちジンズは「眼」に着眼点を置きながら、どんどん眼から生活全体へと観点を広げています。ワークスペースを作ったのも、この流れからなんです。

f:id:hito-contents:20180306092047j:plainJINS MEME

菊地:新しい技術を取り入れて革新的なことをおこなっているんですね!

飯塚:そうなんです、新しいことをどんどんやっていくというのが、ジンズという会社の面白さなのかなと思います。
10~15年前、メガネの平均価格は1本3万円でした。僕が小学生の時は1本8万円もしたんですよ!昔はこれが当たり前だったんです。そんな時代に、ジンズは低価格かつ高品質のメガネを作ったんです。最初はライバル企業から「そんな価格のメガネなんてただのおもちゃだよ」と言われていたようです。しかし、今ではどこの企業も低価格のメガネを売り出すようになり、1万円程度で買えることが当たり前になりましたよね。ジンズはいつでも時代のニーズを捉えて、革新的なことを先陣を切ってやっていく、そんな企業なんだと思います。

メガネは人に豊かさを与え、新しい世界を見せてくれる

f:id:hito-contents:20180306092243j:plain

菊地:それでは最後に、飯塚さんが考える「メガネ」とは何でしょうか。

飯塚:メガネとは、豊かさを与えてくれて新しい景色を見せてくれるもの、でしょうか。その理由としては、人事に異動する前は店舗スタッフとして働いていたのですが、お客様の視力に合わせて調整したメガネをかけてもらった時、多くのお客様が「あ、世界が明るくなった。」って周りを見ながら言うんです。まさにメガネというのはその人が見ている世界をぱっと明るく変えることが出来るんですよね。他にも、「JINS SCREEN」などのパソコン用のメガネを使っていただいているお客様からは「最近、肩こりや眼精疲労が解消されてきたよ。楽になった。」と言っていただけました。メガネを販売することによって、その方の生活が豊かになっていることを実感しましたね。

菊地:なるほど、本当にそうですね。

飯塚:そうやって考えていくと、メガネは「豊かさ」を届けるアイテムなんじゃないのかと思えるんです。ブルーライトをカットしたり、花粉をカットしたり、そういった技術を使った製品を提供することにより、お客様に驚きや喜びを提供できるし、新しい世界を見せることもできます。
そもそもメガネは視力の弱い方のためにありますよね。目がよく見えないというのはそれだけで不安です。メガネはその不安を払拭できるものであり、安心を与えることのできるものです。その安心感があることで、新しいことにチャレンジする勇気が出たり、生活をより豊かにすることができたりするという考え方もできると思います。

菊地:あまりに身近すぎてメガネについて深く考えてことがなかったですが、考えてみるとメガネってすごい存在ですね。メガネは本当に様々な価値を提供してくれるんですね。

飯塚さん、貴重なお話を誠にありがとうございました!

飯塚:ありがとうございました!

f:id:hito-contents:20180306092605j:plain

関連リンク

【企業潜入レポ#9】株式会社ジンズ・人事採用マネージャーに独占取材!1/3
【企業潜入レポ#9】株式会社ジンズ・人事採用マネージャーに独占取材!2/3
ジンズ(旧ジェイアイエヌ)の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20171011185133p:plain

取材&執筆:菊地祐太朗

法政大学に通う大学4年生。今でもお店にいくとほぼ年確されるという童顔っぷり。大学ではマーケティングを勉強中。人と関わるのが好きで野球場の売り子など経験あり。 現在は卒業に向けて学生生活を満喫している。