キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【ファッション・アパレル業界への就職】業界・職種・企業をリストアップしました

ファッション・アパレル関係の仕事に就きたいと漠然と思っているけど、どこで何をやりたいか決めきれない就活生向け!ファッション・アパレル関連の業界・職種・代表する企業をこの記事で一挙紹介します。就職活動の参考に今すぐチェック!

就職活動前に確認!ファッション関連の仕事とは?

1.販売
洋服、アクセサリーなどファッション関連商品を最後に消費者に届ける仕事です。最も身近で、文字通り顧客への接客販売が中心ですが、売上集計、在庫管理、品揃えチェックなど販売管理と呼ばれる販売に付随する一連の事務も行います。また、顧客のTPO(使用場面、時、目的)をしっかり聞き出し、最適な商品と着こなしを提案するコンサルティングセールスの度合いが強くなると、「ファッションアドバイザー」といった言い方もされます。

2.製作
製作の仕事は、メーカーの工場や工房、アトリエで「ものづくり」をする仕事です。服飾や雑貨などの素材を縫製したり加工したりする仕事です。単なる製造職ではなく商品によっては職人レベルまでスキルを上げなければならない場合もあります。また、製作の元となるデザインを担当するファッションデザイナーやパタンナーの仕事も製作には欠かせません。

3.コーディネート
職種としてはファッションコーディネイターと呼ばれます。コーディネートはファッションには必須の要素で、使う人の特徴や好み、シーズン性などを考慮しながら、素材の組み合わせや色の組み合わせなどを考え、適した商品を提案する仕事です。商品を販売する際に直接顧客に薦めるコーディネイターの仕事もあれば、売場やウィンドウのディスプレイのコーディネートを担当する場合もあります。また、ファッションプロモーションやイベントを企画する職種としての「コーディネイター」も存在します。

4.流通
製造されたファッション関連商品には、物流だけにとどまらず商品に付加価値をつけ市場に流通させる仕事があります。中でもマーチャンダイザーと呼ばれる職業の役割は大きく、メーカーや店舗などで商品開発や販売計画、予算の管理などを担当します。また、流通過程でマーケティング活動として市場調査をおこない、宣伝・広告などのプロモーション、イベント企画など、いわゆるマーケティング活動に携わるマーケッターという仕事もあります。

f:id:hito-contents:20180305134210j:plain出典:fotolia

ファッションに関わる仕事をしたいなら、どの業界を狙えばいい?

ファッションに関わる仕事に就くためにどういう業界を狙えばいいかを理解するには、ファッション関連商品が製作から流通、マーケティングを経て小売店に渡り、最終消費者に届けられるプロセスを追うとわかりやすいでしょう。

1.繊維業界
アパレルメーカーに素材となる繊維を供給する業界です。素材にも流行やトレンドがあり、繊維業界もファッション産業の重要な一端を担っています。繊維素材は製品となった時にシーズン性、着心地、フィット感に大きく影響するので新素材開発はファッション商品に大きく影響します。

2.アパレルメーカー
アパレルメーカーは、どのような商品をどのような顧客をターゲットにして売るのかを考え、製造する衣料品メーカーのことです。大手メーカーや小売製造業(SPA)は、企画・デザイン・製作・販売という一連のファッションビジネスがすべて企業内で完結します。販売部門を持たないメーカーもありますが、売れ行きを見るため一部アンテナショップを持つこともあります。中小規模のメーカーだと、製造を専業にしているところもあります。

3.商社
メーカー商品を小売店に卸す物流機能を担ったり、販路開拓を行ったりするのが商社です。総合商社が品目のひとつとしてファッション商品を扱うこともあれば、アパレル専門商社として、衣料品を中心としたファッションビジネスを手掛ける企業もあります。また、大手アパレルメーカーの子会社として設立された商社もあります。いずれにしろ、商流・物流だけでなく、マーケティング力を駆使して適切な小売店を探し、販路を広げたり開拓することを目的とした業種です。

4.広告
ファッションにとって広告は大事な要素です。アパレルメーカーの持つブランド名や企業イメージに関する広告は、メーカー自体がマーケティング活動の一環として自社内に宣伝担当部門を設立し、企画をおこなっています。しかし、大規模なイベントや出版社とのタイアップ企画などでは広告代理店を使うケースが多いようです。ファッション広告の仕事のみを希望する人は、アパレルメーカーの宣伝担当部が一番適した業種といえるでしょう。
販売時点で一般消費者に告知するシーズンごとの商品広告などは、大手小売企業は自社の宣伝部を使って行い、宣伝部を持たない小売店だと広告代理店を使います。

5.出版
ファッションに興味を持つ人の多くが、情報収集するときにファッション雑誌は避けて通れないでしょう。人気のファッション雑誌は大手出版社が発行しており、ファッションに携わりたい人の就職先としても人気があります。流行やシーズン毎のファッション情報を読み物として企画して編集する編集者や、ファッション関連のイベントや新製品発表会などファッション関連の情報となるものを取材し、記事にする記者やライターなどの仕事があります。しかし、著名なファッション雑誌の出版社は総合出版業の場合が多く、出版社へ就職ができても希望のファッション誌の担当になれるかは保証されません。

6.小売
ファッションを扱う小売業は、百貨店、量販店、アパレル専門店などがあります。また、靴・ハンドバッグ・アクセサリーといったファッション雑貨に興味があれば、その小売専門店を展開する会社を見てみるのもいいでしょう。

就職活動で目指したいファッション関連企業の例

それぞれの分野で代表的な企業を紹介します。

1.繊維業界
「東レ株式会社」「帝人株式会社」、衣料製品の企画・生産をしている「東レインターナショナル株式会社」、OEM供給などをしている「帝人フロンティア」、衣料繊維事業をしている「シキボウ株式会社」などがあり、アパレルや小売との接点を持った事業を展開しています。基本は総合職です。

東レの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

2.アパレルメーカー
「株式会社ファーストリテイリング」「株式会社オンワード樫山」「株式会社ワコール」「青山商事株式会社」など。SPA(製造小売業)とも呼ばれ、基本は総合職ですが最初はそれぞれの直営店で販売職からスタートし、管理系や商品企画系に分かれていくパターンが多いようです。

ファーストリテイリングの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

3.商社
総合商社の「伊藤忠商事株式会社」、アパレル専門商社の「タキヒヨー株式会社」、総合商社系アパレル専門商社の「三菱商事ファッション株式会社」、外資系SPAブランドの子会社である「(株)ザラ・ジャパン」など。仕事は営業職からスタートし、企画やマネジメントなどへ進みます。

伊藤忠商事の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

4.広告
「株式会社電通」「株式会社博報堂」「株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)」「株式会社東急エージェンシー」などがあります。総合広告代理店のなかでも人気のある4社です。総合職で入社し、営業、プランナー、マーケティング担当などへ進みます。専門スキルで採用する場合はクリエーター部門へ配属されます。

電通の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

5.出版
MOREやnon・noなどを出版している「株式会社集英社」、ViViやFRaUなどを出版している「株式会社講談社」、VERYやCLASSY.などを出版している「株式会社光文社」、sweetやリンネルなどを出版している「株式会社宝島社」などがあります。営業職、編集、ライターなどの職種の中から適正を見て配置します。担当出版物についても異動がある場合があります。

集英社の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

6.小売
百貨店の「株式会社三越伊勢丹ホールディングス」、量販店の「イオン株式会社」、衣料専門店チェーンの「株式会社しまむら」、セレクトショップの「株式会社TOKYO BASE」など。総合小売業は総合職で入社、販売職から異動でファッション部門や企画担当へ異動します。ファッション専門店もほとんど販売職からスタートし、商品企画や販売企画へ異動するという流れです。

三越伊勢丹ホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

ファッション関連の仕事は専門職も

ファッション関連の仕事で、アパレルの製作サイドでは服飾デザイナーやパタンナーといった専門職の仕事があります。また、広告・出版では、コピーライター、エディター、カメラマン、グラフィックデザイナーなども専門的なスキルが求められます。
いずれも、基本的には総合職ではなく、その専門職で採用しますので新卒採用の場合、学生時代にきちんとスキルを身につけたのかを見られます。たとえば服飾デザイナーやパタンナーは服飾専門学校やデザイン専門学校での専門スキル習得が前提であったり、広告・宣伝系の職種は美大や芸大での学習が前提であったりする場合が多いです。

ファッション関連業界への就職活動はセンスを磨くことが重要

以上のように、ファッション関連業界での仕事は多岐に渡ります。日頃からファッション情報や流行、トレンドに関心を向けチェックしておくと同時に、自分が本当にファッションの何をやりたいのかをじっくり考えてみましょう。

関連リンク

東レの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
ファーストリテイリングの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
伊藤忠商事の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
電通の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
集英社の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
三越伊勢丹ホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。