キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

動物に関する仕事がしたい人の就職活動!押さえたい業界・職種・企業

どうせ働くなら好きなことに関わりたい、と思う人も多いはず。今回は、「動物が好きで、動物に関係する仕事がしたい」という人に向け、業界研究や企業研究の参考になる、「動物」に関する業界や職種をまとめました!

就職活動前に確認!動物に関係する仕事とは?

まずは、「動物に関係する職種」についてご紹介していきます。ひとくちに「動物に関する職種」と言っても、その関わり方や実際の仕事内容はさまざまです。

【動物の飼育に関する職種】

さまざまな動物の飼育・繁殖・研究に直接かかわる仕事です。

▼動物園職員
動物の飼育に関する仕事で真っ先に思いつく職種ですが、その採用人数は少なく、非常に狭き門です。職員の仕事は、自分の担当する動物の健康を保つこと、来場者に動物の生態についての教育機会を提供すること、繁殖のための調査研究を担うことなど、多岐にわたります。常に勉強する姿勢が必要なほか、基礎的な体力も求められる仕事です。公立の動物園の場合、公務員試験に合格する必要があります。受験資格には一般大卒も含まれます。個別の動物園の採用情報を常にチェックしましょう。

▼レジャー施設運営スタッフ
「モンキーパーク」など、レジャー施設でも動物と接する仕事ができます。こちらも個別施設の採用情報をチェックします。

【畜産系職種】

繁殖農家、酪農家、養豚農家、養鶏農家などの畜産物を得る仕事です。牛や豚、鶏などを育て出荷するまで、もしくは加工までを担います。

▼酪農家
対象の動物は牛や馬などの「家畜」で、日々そのような動物と接することができる仕事です。大きな法人ではなく、個人で経営しているところも多いため、個別に問い合わせが必要です。地域の役場から紹介してもらえるケースもあります。

【ペット産業系職種】

ペットとして飼われる動物にかかわる仕事です。

▼動物病院スタッフ
動物の診療や治療を行う獣医師は獣医師免許が必要ですが、診療の補助やカルテ管理などを行う動物看護師や、受付事務を担当するスタッフなどであれば資格がなくても働くことができます。民間資格である「動物看護師」取得者を優遇する病院もあります。

▼動物カフェスタッフ
犬、猫、鳥、爬虫類など、さまざまな種類の動物カフェが最近増えてきており、多くは個人経営です。まずはアルバイトからスタートすることがほとんどです。

▼トリマー
専門学校に通って、知識と技術を身に着けてから就職先を探すことが一般的です。

▼ペットショップスタッフ
ペットの販売をする接客スタッフです。日常的にペットと接することができる職種と言えます。

【団体系職種】

▼競馬会
競馬の運営を担う仕事です。JRA、地方競馬会ともに定期的に新卒採用を行なっています。馬に直接かかわる厩務員になるためには、JRA競馬学校の厩務員課程(6ヵ月間)の厩務員課程を卒業しなければなりませんが、競馬全体の運営スタッフとしての、総合職採用であれば一般大学卒が受験資格です。

【動物関連グッズ系】

ペット用のケージやペットフードなど、動物に関連する商品の開発や販売を行います。

▼ペットフードメーカー社員
開発や製造、販売などの職種がありますが、食品メーカーなどと同様、営業職がいちばん多く採用されます。日常業務で直接動物と接する機会は少ないですが、ペットの健康に貢献できる仕事です。

f:id:hito-contents:20180305130606j:plain出典:fotolia

動物に関わる仕事をしたいなら就職活動先はどこ?

次に、「業界」として動物に関われる可能性のある業種をご紹介します。そのなかでどのように、どんな動物と関わることができるのか、自分は仕事としてどのように関わりたいのかを意識しましょう。

▼動物園
園内にいる動物の餌やりをはじめとした健康管理や、清掃、接客などの業務を行います。文部科学省の社会教育調査によると、日本全国にある動物園の数は、平成27年時点で35施設です。その他、「モンキーパーク」や「花鳥園」など、特定の動物に特化した施設があります。

▼ペットフードメーカー
ペットフードメーカーは、大きな分類では食品業界にあたり、新しいペットフードの研究開発や工場での製造、営業などを行います。
一般社団法人ペットフード協会によると、2016年時点の犬・猫 推計飼育頭数全国合計は、1972万5000頭です。多くのペットの寿命が延びており、年齢や病気に合わせたペットフードの開発などで、ペットフード市場は年々伸びています。現在、一般社団法人ペットフード協会にはペットフードの事業者を中心とした95社(正会員60社、賛助会員35社)が加盟しています。ペットフードメーカーに興味のある方は、加盟企業をチェックして、企業研究をするとよいでしょう。会社ごとに特徴や力を入れている分野があります。

▼牧場
大分類では「畜産業」に当てはまります。乳牛、肉牛、養豚などの畜産メインの牧場と、観光牧場があります。どちらも日常的に動物に接することができる環境ですが、飼育している動物の種類や目的が異なりますし、メインの仕事内容も異なります。例えば、畜産メインの牧場であれば、毎日動物のお世話をするので体力が必要な業務メインになりますが、観光牧場であれば、動物のお世話以外に、接客サービスを提供することも重要な仕事になります。いずれにせよ、就活ナビサイトでの募集は少なく、個別にホームページや地域の農協などを通じて情報収集を行わなくてはなりません。

▼出版社
動物にかかわる記事や書籍の編集を通して、動物にかかわることができます。しかし、大手出版社では、どこに配属されるかは入社するまでわかりません。一般紙でも「上野動物園赤ちゃんパンダ特集」など、接点を持つ可能性もありますが、動物に関われる仕事はごく一部。常に接点を持つなら、やはり「動物専門誌」を扱う出版社を志望するのがよいでしょう。定期採用については、ホームページのみで公開されていることがほとんどです。

▼ペットショップ
ペットと、ペットを飼うのに必要なものを販売をする流通業界です。個人経営のペットショップから、全国に百以上の店舗を持つペットショップチェーンもあります。生体販売を扱うショップであれば、動物と触れ合う機会が多いです。お客様もペットを飼っている方、これから飼いたいと考えている方がほとんどなので、接客中も常に動物の話題に触れていることができるでしょう。また、大規模ペットショップチェーンであれば、接客・販売職以外にも、本部スタッフや倉庫管理、物流などの職種でも採用があります。「動物に直接関わる」以外にも、動物の暮らしを陰で支える仕事をすることが可能です。

就職活動で目指したい動物に関連する企業の例

▼動物園:「株式会社掛川花鳥園」
静岡県掛川市にある掛川花鳥園の運営会社です。「花と鳥とのふれあい」が楽しめるテーマパークとして、長年愛されています。ほとんどの鳥や動物がケージや檻の中に入っていないため、直接触れ合うことができます。「動物園」と名の付く施設だけでなく、このようなテーマパークも含めて企業研究をしてみましょう。

▼ペットフードメーカー:「ドギーマンハヤシ株式会社」
ペットに関するさまざまな商品を手掛ける総合ペットメーカーで、“世界で最もペットを知る会社”であることを目指し、海外展開も積極的に取り組んでいます。ペットフードメーカーは、就活ナビサイト上での大分類は、「食品業界」に含まれます。日常的に動物と接する機会は多くありませんが、「ペットの快適な暮らしを支える仕事」です。

ドギーマンハヤシの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

▼牧場:「小岩井農牧株式会社」
観光農場である小岩井牧場の運営企業です。酪農事業だけでなく、種鶏事業、乳加工・販売事業、観光事業など、幅広いビジネスフィールドがあります。新卒採用対象職種は年によって異なりますので、ホームページで確認が必要です。

▼出版社:「株式会社 緑書房」
犬・猫・鳥など小動物の飼育や病気などに関する一般向けの雑誌・書籍の発行だけでなく、獣医療と畜産を総合的にカバーした専門書籍も扱う出版社です。入社後は、専門的な知識も必要とされるでしょう。

緑書房の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

動物関連の仕事は大変だが大きなやりがいも

動物に関わる仕事は、「命」に関わる仕事でもあります。体力が必要であったり、危険を伴ったりなど、一般的な企業に比べて大変なことも多くあります。しかし、動物が好きな人にとってはその分やりがいも大きく、満足度の高い仕事であることも間違いありません。動物園など、職種によっては募集も少なく、小さいころから動物園職員を目指して専門学校に進学した人たちと一緒に面接を受けることになることもあるでしょう。自分が何をやりがいに動物関連の仕事に就きたいと考えているのか、しっかり伝えられるように準備しましょう。

動物に関する仕事を目指すなら分野を決めておこう

「動物」と言っても、犬や猫といった身近なペットから大型獣、爬虫類、鳥類、魚類と、多くの種類があります。特定の動物に関する専門知識を深めたいのか、広く動物に関わりたいのかによって、必要な知識や技術は大きく変わってきます。目指す分野が見つかったら、積極的に知識を深めておくきましょう。

関連リンク

ドギーマンハヤシの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
緑書房の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171018144023p:plain

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。