【就パス~就活マイルールブック~】No.049 森美月さん(甲南大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

森美月さん

生年 / Year of birth
1994

出身大学 / Graduated from
甲南大学

内定先 / Prospective employer
イタンジ株式会社

発行日 / Date of issue
02 MAR 2018

就活中のマイルール、教えます!

1. 常に謙虚な態度で臨む!

3月から就活をはじめて、グループディスカッションや面接など複数社の選考をスタートさせましたが、実は5月の中旬までの選考では1社も不合格になりませんでした。この時期は傲慢になってしまっていましたね。しかしそのころ、第一志望だった企業に落ちました。傲慢であったからという理由ではないとしても、これからは気を引き締めなきゃと考えるようになりました。それからは絶対に傲慢にならず、面接会場に入ったときから出るまで腰を低くし、謙虚な立ち振舞や行動を取るよう気を付けてと自分へ言い聞かせていました。

2. 結論から話す!

「◯◯という状況で、△△であったから□□です。」という風に話してしまう癖があったので、「□□です。なぜなら〇〇、△△だからです。」と他に付け加えたいことがあっても、とにかく結論を先にいうことを自分自身に念押しして、面接会場へ向かっていました。

3. 「美人」で面接に向かう!

当たり前のことですが、メイクも含めて身だしなみを整えることを意識していました。またスーツを着るのがあまり好きではないため、なるべくスーツを着ない就活をしていました。スーツでなくても清潔な印象を持ってもらうために、スーツの時以上に服装には気を使っていました。
服装だけでなく、前日から顔がむくまないよう、大切な面接の前夜はお酒を飲まないということも決めていました。

ここだけの話、教えます!

Q1:エントリーした業界は?
A:IT業界です。

Q2:その理由は?
A:ベトナムでインターンシップをしている中で、IT企業で働いている経営者や社会人にお会いする機会がありました。その際に「こんなこともITの力で解決できるのか!」と驚かされるようなアイディアがたくさんあることを知り、莫大な資金が必要でなく、アイディアさえあればなにか面白いことができる業界なのではないか!と思ったからです。とはいっても、エンジニアリングの専門性は自分にはないので、ビジネス・ディベロップメントという事業創造の領域の職を中心に受けていました。

Q3:エントリーした会社の数は?
A:10社です。

Q4:その会社を受けた理由は?
A:創業社長、新卒採用5年以内、なるべく社員数が少ない、海外に支社がすでにあるor近いうちに海外進出する予定がある、初年度年収300万円以上、という条件を満たしているところです。また、面談や面接を進めていくなかで、社長の考え方や社風について質問するようにし、そこに共感できるかどうかを判断軸にしていました。
事業内容などにはそれほどこだわってはいなかったですし、私自身がビジョナリーな人間ではないので、ビジョナリーすぎず「あ!これもやってみよう!」というふうに、フットワークの軽い会社の方が合っているような気がしていました。

Q5:内定をもらった会社の数は?
A:4社です。

Q6:内定をもらった会社名は?
A:イタンジ株式会社、株式会社エイチーム、株式会社オルトプラス、株式会社エスキュービズムです。

Q7:内定を承諾した会社は?
A:イタンジ株式会社です。

Q8:内定をもらった時期は?
A:イタンジ株式会社は6月に説明会に行き、その一週間後に内定をもらいました。

Q9:内定を承諾した(表向きの)理由は?
A:出会った会社の中で、最も風通しがよい社風に思えたからです。また社員の方々からは、自分たちが作っているサービスに対してものすごくこだわりがあるというよりは、どんどん新しいことをやっていこうという雰囲気が感じられました。意外とそういう会社は、私の2ヵ月半の就活の中で出会うことが少なかったなと思っています。
また、新卒採用は今年が初めてで社員数も30名程だったため、まだまだルールがない状況でした。そういった環境だからこそ、ルールや縛りが少なく自由に働くことができるのではないか、という可能性を感じたからです。

Q10:内定を承諾した(裏の)理由は?
A:当時、人事を兼務されていた役員の方が聡明で憧れでしたので、その方の存在も大きいです。年末にその方はイタンジ株式会社を退職されましたが、もちろんその人1人の印象だけで入社を決めたわけではないので、彼がいなくても来年4月の入社はとても楽しみです。

Q11:インターンはやっていた?
A:GLナビゲーション株式会社という、ベトナムの人材紹介企業でインターンシップ(10ヵ月間)をしていました。

Q12:就活中のゲン担ぎはある?
A:特になかったですね!運に任せるのが怖くて、あえてゲン担ぎというのは考えずに就活をしていました。

Q13:就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
A:純粋に自分が好きだから行っていることに対して、なぜそれが好きなのかという論理的理由を要求されることが多かったことです。たとえば旅行がすごく好きで、旅費のために貿易事業や民泊事業を行っていた関係で「どうしてそこまでして旅に出るのですか?」とよく聞かれていました。その理由を、面接官が納得するまで説明することが辛かったですね。ただただ自分は旅行が嫌いな人なんて、逆にいるの?というくらいに思っていましたので…。
乗り越え方は、一旦割り切って嘘でもそれっぽい理由をつなぎ合わせてその場をしのいでいました。あれ、乗り越えてませんかね(笑)?

関連リンク

通信/ネットワークの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

森美月さん

生年 / Year of birth
1994

出身大学 / Graduated from
甲南大学

内定先 / Prospective employer
イタンジ株式会社

発行日 / Date of issue
02 MAR 2018