30代の子持ち既婚女性が転職するには?そのポイントとは! 

30代の子持ち女性の転職が厳しい現実に、悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。しかし、厳しい市場の中で転職に成功する女性もいます。ここでは、30代の子持ちで既婚女性が転職に成功するためのポイントを紹介します。

なかなか難しい既婚女性の転職市場

30代の子持ちの女性が転職しようとしても、なかなか厳しいのが現実です。採用募集要項に年齢制限を記載することは控えられていますが、人事関係者が30代子持ち女性の採用を敬遠している傾向は少なからず見受けられます。実際に、歳を重ねてから転職市場で勝ち抜く難しさを感じている女性は多いのではないでしょうか。

30代の子持ち女性の転職が厳しい理由は2つあります。

1つ目は、育児と仕事の両立が難しいと考えられているからです。企業は、企業がそのタイミングで必要としている仕事を期日までに完成できる人材を必要としています。子供の育児や家事も行わなければいけない30代既婚女性は、子供の急用で休みを取ったり、短時間勤務になったりする可能性が高いため、企業はそれをリスクとして捉えてしまいがち。そのため、自由に時間を利用できる若い未婚女性と比較された場合には、若い人材を優先される傾向にあるのです。

2つ目は、女性の労働環境の整備が遅れているからです。現代でも、育児中の女性がキャリアを掲げて働くためのロールモデルがしっかり作られておらず、採用したところで対応することができない企業は多くあります。大企業の女性管理職比率は未だに低いのが現状であり、キャリア志向の女性が埋もれてしまっているのです。

日本政府が女性の社会進出を後押しする動きも!

30代以上の子持ちの既婚女性に対し、育児と家事の両立を行うのは難しい、また労働環境の整備が遅れているから採用できない、という実態があるものの、一方で今の20~30代男性の収入が低下していること、賃金が年齢と共に上がらないという背景により、女性が働かざるを得ないという現実もあります。

近年では、日本政府は様々なスローガンを掲げ、女性の社会進出を後押ししようとする動きが出てきています。内閣府男女共同参画局では、「女性が輝く日本」、「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、平成27年には女性の活躍を推進する女性活躍推進法が成立。社会で働きたい、活躍したいという女性が経験や個性を発揮できる社会を実現するため、事業主が女性の活躍推進に向けた行動指針や、数値目標の情報を公表することが義務付けられました。

また、政府は「2020年までに、あらゆる現場において指導的地位で女性が占める割合を約30%まで押し上げる」という目標も掲げています。そのため、近々に民間企業が女性のための労働環境整備を開始し、より一層、社会に貢献するキャリア志向の女性が増加することが期待できます。

f:id:hito-contents:20180223133635j:plain出典:pixta

女性ならではの丁寧さや消費者視点を活用した職種、企業が狙い目

30代子持ちで既婚女性の転職は厳しいという現状がありながらも、政府が後押しをしていることもあり、今後は女性の転職市場が伸びることも考えられます。厳しい条件だから、といって諦めていた女性も、女性ならではの職業を挑戦してみるのは今が狙い目かもしれません。

特に、女性の感性を生かしやすい職種を選択することで、採用率はグンと上昇します。例えば、商品企画。市場の動向を研究して、世の中のニーズを素早くキャッチし、新しい商品のイメージを考え企画しながら、売れる新商品を世にプロデュースする仕事です。企画関連の仕事は、市場の動向を見るマーケティング能力と、他部署との連携時に必要となるコミュニケーション能力が大事です。流行に敏感で、話を聞いたり話すのが得意な女性にとってはマッチした仕事といえます。このほか、販売やコールセンターなどの人に関わる職種も、比較的人当たりが良い女性に合う仕事です。

仕事を選ぶときのポイントは、全くの未経験ではなく、パートやアルバイト、ボランティアなどいままでの人生経験を生かせる職種を選ぶようにすることです。自身の経験から学んだことと希望する職種に重ねながら面接対策を行うことで、志望動機に一貫性が出るため、面接官も納得しやすくなります。

また、女性を積極的に採用している企業を選ぶのも転職に成功するコツの一つです。東洋経済『CSR企業総覧』が発表する女性管理職比率ランキングでトップに輝いたのは、株式企業シーボン。化粧品を製造、販売、ビューティサロンを展開する企業なので、女性向けの企業と言えます。株式企業シーボンは、女性が働きやすい職場環境作りに励んでおり、その結果、なんと「女性の管理職比率85%以上」という企業目標もクリアしています。

30代既婚で子供がいる女性の転職成功のポイントとは?

30代既婚の子供がいる女性が転職に成功するポイントは大きく分けて4つあります。

1つ目は、前述した通り、産休・育休を取得した女性社員が多い企業を狙うこと。そういった女性社員が多い場合、子供がいると日常的に発生してしまう学校行事や子供の風邪などでの欠勤などに理解がある可能性があります。東洋経済『CSR企業総覧』は毎年発表されていますので、それらを参考に企業リサーチを行うのも良いでしょう。

2つ目は、経験やスキルを重視する企業を狙うことです。長年の経験や専門性の高いスキルなどがある場合には、それらを押し出して応募書類や面接時にアピールするのも良いでしょう。経験やスキルがあれば、デメリットとして見られる30代以上の年齢や子供がいる、という条件を打破できる可能性が高まります。

3つ目は、面接で聞かれる定番の質問に万全の準備をしておくことです。子供がいることで必ずと言っていいほど質問されるのは、急に子供の熱などが発生した場合、周囲のサポートはあるか否か。企業としては急に休んでしまうと、その分納期が遅れてしまったり、急に他の人が対応しなければならなくなったりなど調整対応が必要となるので、そのような事態はできるだけ避けたい、という考えています。そのため、可能であれば家族や周囲のサポート環境を整え、もし難しければ保育園へ確実に通えるよう必要な手続きを進め、育児と仕事の両立がしっかりできることをアピールしましょう。また、面接時には受かりたいからといって無理になんでもできるとは言わず、週何日、何時まで勤務可能かなど、しっかり条件を提示することも大切。後々にトラブルになる可能性を避けるために、家庭と仕事のバランスを踏まえたうえで希望を伝えましょう。

4つ目は、スキルアップの勉強や資格を取得することです。専門の資格があることで面接が優位に働く場合もありますし、スキルアップするための勉強を行っていることを伝えることで、モチベーションが高いという強い意思も伝わり、面接時には好印象となる場合も多くなります。

5つ目は、派遣やアルバイトで企業に入り、そこから正社員になるアプローチする方法を取ってみることです。正社員の採用枠数は他の雇用形態と比較すると少人数の場合が多いため、その分ハードルが上がってしまいます。しかし何度も応募して失敗…というのを繰り返し、モチベーションを下げてしまうよりは、まずは派遣やアルバイトで企業に入り、そこから正社員になる、というステップを踏んだ考え方をするのも良いでしょう。

まとめ 30代既婚で子供がいる女性の転職ポイントはこれ!

30代既婚で子供がいる女性が転職に成功するためのポイントをご紹介してきました。こういった条件の女性は、転職市場で戦うのは厳しい状況にはありますが、日本政府の後押しもあり、徐々に働きやすい職場環境が整いつつあります。転職が難しいから、と諦めていた方も、ご紹介した転職に成功するための5つのコツを参考に、再度挑戦してみるのはいかがでしょうか?

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:qtrk:20180130124425j:plain

監修:草地稔

大阪生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルートに入社。広告ディレクターとして10年修行積む。日本経済新聞社主催環境広告ポスター展で優秀賞受賞。その他社内の広告賞受賞多数。その後インターンシップ企業でフリーペーパーを創刊し、4年半で10万部まで伸ばす。編集部在籍の学生の就活サポートを実践し、電通、三菱商事、リクルート他有名企業へ続々と内定した。この時、学生時代の実績作りとPR方法で就活の結果が全く異なることを実感する。その後ベンチャー企業や上場企業の取締役を経て、株式会社DAWDYを設立。現在、Web企画の運営、オウンドメディアのプロジュースを中心に活動している。