30代の独身女性の転職戦略!成功率を上げるポイントを解説

30代の独身女性となると、ビジネスキャリアの経験値が高い女性が多いでしょう。しかし、現代でも年齢的な問題や女性であるがゆえに敬遠がられ、転職が難しい現実があります。今回は、30代独身女性の転職方法について解説します。

30代の独身女性の転職は難しい?

30代の独身女性が転職しようとしても、なかなか厳しいのが現実です。採用募集要項に、年齢制限について記載することは控えられているものの、30代で独身女性というだけで、たとえキャリアがあっても人事関係者が採用を敬遠している傾向が残念ながら見受けられます。企業側がそういった女性の採用を躊躇する理由は、30代女性のライフプランにあります。

20代〜30代前半で結婚し、結婚後は子供を持つ、というライフプランを持っている女性は多いでしょう。結婚後は出産・育児のための産休・育休を取得する方が多いのはもちろん、休業、退職するという方もおり、女性は一時的に仕事から離れる状況になる可能性が高いのです。企業側は、30代女性を採用した後に、採用後にすぐに結婚したり、妊娠したりとイベントが発生することで仕事から離れてしまう、ということをリスクに感じ、30代の独身女性の採用を躊躇してしまうのです。

しかし、そういった状況だからといって30代の独身女性が転職することが不可能であるというわけではありませんし、困難だからといって諦めるべきでもありません。あくまでも企業側の懸念点なだけなので、企業側がリスクに感じている問題以上のメリットを企業側に提示できれば転職は難しくないのです。それでは、どのように雇用するメリットを提示していけば良いのか、次に説明していきます。

▽転職や仕事探しに悩んだら、まずはクチコミを見てみよう!
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180223132345j:plain出典:pixta

結婚・妊娠を考えているけれど仕事も続けて両立したい人向け!転職に成功するポイント

企業が30代の独身女性の採用を敬遠する理由には、結婚や妊娠という人生における大きなイベントが今後発生することにより、仕事から離れる可能性があることをリスクと捉えているから、と前述しました。しかし、だからと言って結婚や妊娠を諦める必要はありませんし、反対に仕事を諦める判断をすることもありません。結婚や妊娠を将来のライフプランの中に組み込みながら仕事も一緒に続け、両立できるということを人事関係者にしっかり伝えることができれば、転職の可能性も大きくなります。

では、両立していけることをどのように伝えていけば良いのでしょうか。それには2つのポイントを意識するのが良いでしょう。

1つ目に、面接時には専門的なスキル・資格・経験があることを伝えるようにしましょう。30代の女性ということは既に、経験豊富なキャリアウーマンが多いはずなので、これまでに培ってきた経験をしっかり伝えていきましょう。企業側に自分がいかに有能で、必要な存在なのかについてを前職での実体験と実績をふまえて説明することが大事です。専門的なスキルや資格を持っているようであれば、それらを伝えることでプラスに働きます。また、仮に応募する職種に通用することについて勉強している状況であれば、その内容だけでも伝えることは大事です。仕事に対し、モチベーションがあることをしっかり伝えていきましょう。

2つ目に、結婚・妊娠しても自分はこの企業で働き続けることを明確に伝えるようにしましょう。もちろん、先のことですので状況が変わってしまう可能性もあります。しかし、現時点ではその意思が堅いことを伝えておくことで、人事関係者の信頼を得ることにつながります。

結婚を考えず、キャリアを積んでいきたい人向け!転職に成功するポイント

中には、結婚を全く考えず自身のキャリアを積んでいきたいという、バリバリのキャリアウーマンもいることでしょう。企業としては、そういった女性を採用したいと考えているかもしれませんが、面接時に本当にそのつもりなのか、判断しづらいところがあります。そのため、結婚を考えていない方も、以下3つのポイントを意識して面接に挑むようにしましょう。

1つ目に、結婚を考えておらずキャリアを積んでいく旨を伝えることです。そして、可能であれば自身のキャリア設計プランまでを具体的に提示するようにしましょう。結婚を考えていなくても、企業側は懸念を払拭することがなかなかできないため、採用に躊躇することがあります。そのため、まずはその不安を取り除き、懸念点に勝るメリットを提示することが大切です。キャリア設計プランを具体的に説明できれば、企業側も納得し、信用性があるとして採用の確度が上がるでしょう。

2つ目に、前職でどのような成果を出したのかを具体的に列挙するようにしましょう。成果を出すということは、それだけ仕事に熱心で、有能な人材であるという証です。具体的にどのように成果を出したのか、実数値などもあれば提示するとなお良いでしょう。

3つ目に、専門的な経験・スキル・資格を提示することです。専門的な経験やスキル、資格があることは強み・プラスの評価となるのでしっかり伝えていきましょう。

転職で有利になる資格はこれ!

専門的な経験・スキル・資格を提示することが面接時に非常にプラスになることを前述しました。もし専門的な知見やスキル、経験がない場合は、転職で有利な資格を取得するのも転職を成功させるポイントの一つです。では具体的にどんな資格を取ると転職で有利に働くのか、取得するとプラスに働く資格について紹介します。

一般的に、取得しておくと良い資格はTOEICとMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。
TOEICは、ビジネスで利用する英語力を図るテストで、外資系企業に転職する場合には有利に働く資格です。高いスコアを取れば取るほど、英語でのビジネス力が高いという証になります。最近では、外資系企業でなくとも、ワールドワイドにビジネスを展開する企業も増えているので、高いスコアを取得すればさまざまな企業から高評価を得ることができます。
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得すると、ビジネスでは利用することの多いoffice関連ソフトに強いという証明になります。マイクロソフトオフィスはどの企業でも利用しているので、取得しておくと強みになることでしょう。

専門的な資格としておすすめなのが、Wデザイン技能検定やWebクリエイター能力認定試験などの、Webクリエイター系の資格です。Webの知識を持ち、実際にWebの制作技術を持っているとデザイン企業から重宝されることもあり、企業ニーズが高く、転職の成功率もUPします。

女性が活躍している企業はチャンス

女性を積極的に採用していて、女性が活躍している企業を選ぶのも、転職に成功するコツの一つです。求人広告で育休、産休についての記述がある、女性管理職の比率が高いことが公表されている企業は女性が活躍している企業といえるのでチェックしてみましょう。

実際に女性が活躍している企業の例としては、株式企業花王やジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ、セブン&アイホールディングスなどが挙げられます。花王株式企業は、政府から女性人材の活用を積極的に進めている企業に贈られる「なでしこ銘柄」を得ており、女性が働く職場環境をしっかり整えていることがわかります。ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループは、女性管理職比率が20%以上を超えています。セブン&アイホールディングスでは、女性の活躍が企業の継続的な競争力を高め、企業価値を高めるという考えに基き、2006年4月に将来的に幹部の2割以上を女性にする方針を発表しています。このように、国内の大企業が徐々に女性の活躍を後押ししている動きが見られます。

まとめ

30代の独身女性が転職に成功するためのポイントをご紹介しました。女性の結婚と出産というイベントにより、仕事から離れてしまうことをリスクと捉えている企業は多くあります。30代の独身女性の転職市場が厳しいのは事実ですが、だからと言って落胆することはありません。採用に有利に働く資格を取得する、また面接で提示すべきポイントを踏まえるなどをして転職に成功することは可能です。この記事を参考に、転職活動にぜひ挑戦してみてくださいね。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:qtrk:20180130124425j:plain

監修:草地稔

大阪生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルートに入社。広告ディレクターとして10年修行積む。日本経済新聞社主催環境広告ポスター展で優秀賞受賞。その他社内の広告賞受賞多数。その後インターンシップ企業でフリーペーパーを創刊し、4年半で10万部まで伸ばす。編集部在籍の学生の就活サポートを実践し、電通、三菱商事、リクルート他有名企業へ続々と内定した。この時、学生時代の実績作りとPR方法で就活の結果が全く異なることを実感する。その後ベンチャー企業や上場企業の取締役を経て、株式会社DAWDYを設立。現在、Web企画の運営、オウンドメディアのプロジュースを中心に活動している。