保育士に転職するには?必要な資格取得の方法や自己PRのコツを解説

保育士は、保育所や児童養護施設などで子どものお世話をする仕事です。子どもが集団生活を通して社会性を学ぶ環境づくりなど、保育士の仕事内容は多岐にわたります。今回は保育士へ転職するために必要なポイントを解説していきます。

保育士の資格を取るには?待遇は?

保育士資格は、児童福祉法第18条の4に基づいた国家資格です。保護者の大切な子供を預かる重要な職業である以上、厳しい試験に合格し、十分な知識を有している必要があります。仕事場は、保育園をはじめ、助産施設・乳児院などの児童福祉施設。主に0歳~6歳までの乳幼児の身の回りのお世話をしたり、心や体の発達をサポートしたり、時に保護者への保育指導を行ったりもします。以前は、「保母」「保父」の名称で知られていましたが、児童福祉法施行令の改正に伴い、1999年4月から「保育士」の名称に変更されました。

保育士として働くには、「保育士資格を取得していること」「都道府県に保育士登録を行うこと」の2つが必要になります。保育士資格を取得する方法としては主に2つ。
1つは、厚生労働大臣が指定する保育士の養成施設(専門学校、短大、4年制大学)で所定の科目や課程を履修し、卒業することです。昼間だけでなく夜間・通信などさまざまな通学方法があるので、働きながらでもライフスタイルに合わせて勉強することができます。
2つ目は保育士試験に合格することです。保育士試験は、専門の学校を卒業していなくても受験資格を満たしていれば受けることができる試験です。主な受験資格として、「学校教育法による大学に2年以上在学し、62単位以上修得、または高等専門学校を卒業した者」などがあり、一例で詳細に定められています。詳しくは事前にしっかり確認してみましょう。

保育士資格を取得したら、保育士登録の手続きを行わなければなりません。保育士の仕事に就くためには、保育士試験合格地か住民票の所在地である都道府県に申請する必要があります。登録が完了したら保育士証が交付されるので、これで保育士として公的に認められた形で就業できるようになります。

続いて保育士の待遇について見てみましょう。
厚生労働省がまとめた「平成28年賃金構造基本統計調査」によれば、保育所勤務の保育士の年収は約326.7万円です。現在の日本では共働き世帯の増加も影響し、待機児童数の増加が深刻化しているため、2017年以降は「待機児童解消加速化プラン」と称して、国全体が保育士を確保しようとする動きを活発化させていきます。具体的には、キャリアアップを図れる仕組みづくりや処遇改善(賃金アップ)を実施することが予定されています。
保育業界は国のバックアップ環境が徐々に整ってきており、これからの転職先としてチャレンジしやすいといえるでしょう。

f:id:hito-contents:20180222173525j:plain出典:fotolia

資格を取得したら?保育士資格を既に持っている場合は?

保育士資格を取得した場合、保育士資格をすでに持っている場合ともに、上記で説明した保育士登録の手続きを行いましょう。登録をしないことで保育士資格を失うことはありませんが、現在では保育士の資格証明書類などだけでは保育士として働くことはできないので要注意です。

保育士の求人はさまざまな媒体でチェックすることができます。求人広告をはじめ資格取得サイト、大手求人サイト、保育ひろば・保育士バンク・マイナビ保育士といった業界特化型サイトなど、インターネット上でも豊富な求人案件が公開されています。また、無料で利用できるハローワークを有効活用するのも一つの手段として頭に入れておきましょう。

求人案件リサーチの際に整理しておきたいことは、自分自身が希望する待遇・職場パターンなどです。保育士として働ける環境は、公立・私立保育園や企業内・院内保育園、学童・子ども園・プリスクールなど多岐にわたります。施設によって、勤務時間や曜日・規模の大小・園児の対象年齢・保育方針などは異なるので、さまざまな方向から自分の考えをまとめたうえで、求人案件をリサーチして自分の条件にマッチする応募先を見つけましょう。

【例文あり】社会人時代の経験を活かす、志望動機の書き方

転職活動をスタートするときにまず必要になる書類といえば、履歴書と職務経歴書。保育士の資格を取得し、これから保育士として新たに仕事をしていきたいという熱い思いをしっかりアピールしたいものです。これまでの経験が保育士とは異なる業種・職種だったとしても、これまでの経験をうまく活かして志望動機を書くコツについてご紹介します。

まずは、なぜ保育士として仕事をしたいと思ったのかを明確に自己分析しておくことです。「子供が好き」など漠然とした志望動機ではなく、その思いに至った経緯・エピソードを洗い出して自分の考えを整理してみましょう。保育への考え方・仕事に対するやりがいなど、自分の言葉で具体的にまとめてみるといいでしょう。

次に、どうしてこの保育園・施設に応募したのか、この施設で何がしたいと思っているのかを明確にしておくことです。保育士の主な仕事内容・1日の流れはある程度決まりがありますが、地域には実にさまざまな種類の保育園・保育所があります。各施設によって保育方針や特色などが異なるので、応募する前にしっかり下調べをしておきましょう。自分の目指す保育環境や方針にマッチした施設の求人に応募し、その施設の魅力をうまく盛り込んだ志望動機を作成することをおすすめします。

転職の場合、新卒者と大きく異なるのはそれまでの社会経験をアピール材料に使うことができる点です。保育士の仕事で活かせそうな経験・スキルについて、自分の経験を今一度チェックしてみましょう。例えば、体力面・コミュニケーション能力・人を管理する仕事などがあればアピール材料にしてみるといいでしょう。性格的な特徴として、真面目・ちょっとした人の変化にすぐ気づくなど、保育士に向いているなと思わせるような人柄もアピールポイントのひとつです。

ここで上記のポイントを押さえた、異業界・異業種からの志望動機の例文をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「私はこれまでメーカーにて接客業に就いておりました。業務のひとつで幼児向けのおもちゃを販売しており、幼少期から指先を使うことで子どもの脳に多くの刺激を与えることを学びました。子どもと直接触れ合いながらのイベントも複数実施し、スタッフのなかでも子どもに一番懐かれて販売実績もトップ評価を得ています。そのなかで幼い頃にあこがれていた保育士への思いが再燃し、仕事をしながら保育士資格を取得しました。貴園では自然と触れ合いながら『遊びは教育』という方針で保育を行っている点、指先を使った木のおもちゃを数多く取り入れている点に共感し、子どもとともに遊びながら学びの楽しさを伝えたいと考えています。」

総まとめ 保育士への転職は、ここを押さえる!

保育士は専門の学校・施設を卒業するか保育士試験に合格することで資格を取得でき、保育士登録をすることで保育士として働くことができます。求人案件は各種サイトなどをチェックしながら、自分の希望する条件(待遇や働き方)にマッチした応募先をリサーチしましょう。社会経験をうまくアピール材料に使って志望動機をまとめることで、保育士への転職を勝ち取ることにつながるでしょう。

関連リンク

保育士関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:qtrk:20180130124425j:plain

監修:草地稔

大阪生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルートに入社。広告ディレクターとして10年修行積む。日本経済新聞社主催環境広告ポスター展で優秀賞受賞。その他社内の広告賞受賞多数。その後インターンシップ企業でフリーペーパーを創刊し、4年半で10万部まで伸ばす。編集部在籍の学生の就活サポートを実践し、電通、三菱商事、リクルート他有名企業へ続々と内定した。この時、学生時代の実績作りとPR方法で就活の結果が全く異なることを実感する。その後ベンチャー企業や上場企業の取締役を経て、株式会社DAWDYを設立。現在、Web企画の運営、オウンドメディアのプロジュースを中心に活動している。