業界未経験でも製薬に転職できる?チャンスを活かして新しい道に挑戦

年収が高く、安定したライフプランを描きやすい製薬業界。薬学部卒や薬剤師免許がないと、業界への転職は難しいと思われがちですが、経験と実績さえあれば転職は可能です。ここでは具体的な仕事内容や条件についてご紹介していきます。

製薬業界の職種とそれぞれの役割とは?

製薬業界にはどのような職種があり、それぞれどのような役割を担っているのかを説明していきます。製薬業界には大きく分けて4つの仕事、薬を作る人・売る人・運ぶ人・選ぶ人で分類されます。

薬を作る人

更に4つの仕事に分類され、研究職、開発職、CRA(臨床開発モニター)、生産技術職に分かれます。製薬業界の研究職は物質発見と成分検証を行う仕事、そして開発職は安全性を治験する仕事です。CRAは患者のモニタリングする仕事であり、生産技術職 (研究・開発・学術・DI職)では製剤を行います。

薬を売る人

承認された薬の販売を行う人です。俗に言われるMR(Medical Representatives)のことを言います。製薬会社のMRは、病院の医師や薬剤師等の医療従事者に対し、自社の薬の情報提供を行い、またその他情報の収集を行うのがメインの仕事です。

薬を運ぶ人

製薬会社が、医薬品卸(別名特約店)に販売を委託しており、委託先で薬を各医療機関へ運ぶ仕事です。

薬を選ぶ人

医師が行う診察、治療のこと、そして処方された薬の調剤を行う薬剤師のことを指します。医療費の適正化を意識しながら、薬を選択する必要性があります。

製薬業界には、このように複数の職種が存在します。研究職や薬剤師免許に関しては専門の大学で学び、特定の経験や免許が必要となりますが、薬を売る仕事であるMRは業界未経験でも一定の経験や実績があれば転職が可能です。次に、MRになるために必要なスキルや経験について、言及していきます。

f:id:hito-contents:20180220102754j:plain出典:fotolia

文系出身でも製薬業界に転職できる?MRについて

薬剤師免許を持っていたり、薬学部卒だったりでもともと専門知識を備えているMRもいますが、薬学部以外の人や文系の出身でも、一定の営業経験やコミニュケーションスキル、実績が伴えば製薬業界に転職することは十分可能です。

MRになるのに必要な条件は2つあります。

まず1つは、営業経験があること。MRは病院の医師や薬剤師等の医療従事者に対し、自社の薬の情報提供・販売を行う仕事です。医師や薬剤師など、キーマンとなる医療従事者との信頼関係を築くことが必須であり、そのためには長年の営業経験から培う対人スキルが必要となります。

また、医師や薬剤師は多忙であり、営業活動をしてもしっかり耳を傾けて聞いてくれる時間は少ないもの。端的に、かつわかりやすく伝えるコミュニケーションスキルも大事です。営業経験は、2~3年以上が応募条件となる傾向にあり、それ以下の場合は営業経験が浅いと判断されることがほとんど。できれば5年以上の営業経験があるのが望ましく、また、ある程度の成果を出したという具体的な実績があると面接に有利です。もしも営業経験がない場合は、営業経験を積むことが重要です。社内での営業部署へ異動したり、一般的な営業経験を積める会社に一旦転職したり、などといった対策を行うのも良いでしょう。

2つ目の条件は自動車免許を有していること。MRは主に外回りの仕事となり、車を使用して病院などの医療機関を回ります。一般的には営業活動は公共交通機関を使用することが多いですが、MRの場合は移動手段が車となるため、自動車免許を取得していることが必須条件となります。

MR転職であると優遇されるスキルは、情報収集能力です。MRという仕事は、単に自社の薬を販売することだけが仕事ではなく、医師が必要としている情報を提供してあげることも重要です。情報としては、安全性の高い薬、低い薬、副作用の症例がある薬や背景についての情報などさまざま。ネットに転がっていない、世に出回っていない情報を収集する力、そして、その情報をいち早く、また的確な時間と場所で医師に伝える力で、自ら進んで医師に提供することが非常に重要なのです。

MRに転職する年齢制限はもちろんありませんが、30歳程度までが一般的で、ほかの職種と同様に若ければ若いほど転職するのに有利といわれています。それは、若い人であれば新しい知識の吸収が早く、即戦力として使える人材になるのが早いためでもあります。かといって、30歳以上でも営業経験が優れていれば、年齢がハードルになることはありませんので、トライすることは重要です。

専門性の高い業界の為、実現性についてまずはプロに相談

製薬業界というのは専門性が高いため、いくら業界未経験でもOKという求人であっても誰もがなれるわけではありません。MRになるのは狭き門といわれていますので、実現性の確認が必要です。自身の経験でMRになれるのか、まずは求人サイト及び転職エージェントを利用し、プロに相談してみることから始めてみましょう。

もし十分な経験と実績があり、実現性が高いことを自分で認識している場合にも、転職サイトを利用することをおすすめします。それは、自分一人で転職活動を行っていると、面接対策もあまりできずに失敗を繰り返す場合もあるからです。また、条件の交渉を自身で行うのは時間がかかり、なかなか非効率。希望の企業でMRになるためには、まず転職エージェント経由でプロに相談した後、業界の情報収集や自身の実績と掲載されている条件を確認し、納得したうえで案件に応募しましょう。

転職サイトのエージェントは製薬業界のことをよく知るプロです。製薬会社との面接の場でどういった受け答えが人事に響くのか、自分をどのようにアピールすると評価が高いのか、などもよく知っていることでしょう。面接時に好印象を持たれる回答ができるように、エージェントにたくさん質問や相談をして準備を整えることが、MRになる道の第一歩ではないでしょうか。

まとめ

製薬業界の具体的な職種について、そして未経験でMRになるための条件について詳しく説明してきました。業界未経験であっても、十分な営業経験と成功実績、そして車の免許があればMRになる条件は十分に揃っています。MRになりたいと思っていて未経験だからと諦めていた方は、ぜひ、転職エージェントを利用してトライしてみてはいかがでしょうか。 

関連リンク

製薬関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:qtrk:20180130124425j:plain

監修:草地稔

大阪生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルートに入社。広告ディレクターとして10年修行積む。日本経済新聞社主催環境広告ポスター展で優秀賞受賞。その他社内の広告賞受賞多数。その後インターンシップ企業でフリーペーパーを創刊し、4年半で10万部まで伸ばす。編集部在籍の学生の就活サポートを実践し、電通、三菱商事、リクルート他有名企業へ続々と内定した。この時、学生時代の実績作りとPR方法で就活の結果が全く異なることを実感する。その後ベンチャー企業や上場企業の取締役を経て、株式会社DAWDYを設立。現在、Web企画の運営、オウンドメディアのプロジュースを中心に活動している。